高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

カミュ XOの買取・査定

(camus XO)

カミュ XO(camus XO)

生産情報

生産国
フランス
地域
コニャック

詳細

分類
ブランデー
タイプ
コニャック

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

カミュ XOの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

カミュ XOの特徴

カミュXOは、世に様々あるブランデーのなかでも、最もまろやかで飲みやすいと言われているコニャックです。

カミュ社で製造されるブランデーの原料となるブドウは、そのほとんどがボルドリー地区で栽培されています。詳しいブレンドの公表はされていませんが、カミュXOにはボルドリーの古酒が隠し味に使われていると言われており、そのため、そうした土壌特有の特徴として味や香りが柔らかな印象になり、日本人の口にも合うと言われています。

また、熟成に使用している樽がスミレの香りを持っているため、強い甘みがさらに強調されて感じられるのだそうです。

 

一般的に、コニャックやアルマニャックの場合は最低でも蒸留後7年以上熟成した原酒のみを使用しなければ「XO」を名乗ることはできません。

VSOPやVS、ナポレオンなどブランデーの等級を表した言葉は様々ありますが、そのなかでも「XO(エクストラオールド)」は通常、最も長期熟成を重ねたものだけが名乗ることができる、最高級品の証なのです。

 

カミュXOの、長期熟成のブランデーらしい深いコクと華やかな香りは、まさに最高級品にふさわしい出来栄えだと言われています。

カミュXOは、カミュ社の卓越したブレンダーの技術によって、様々な樽の原酒を綿密にブレンドして造られています。その中には55年以上にもなる、超長期熟成された原酒も使用されているのだそうですよ。

 

またカミュXOでは、通称「ロングネック」と呼ばれる縦長のボトルのものと、ロングネックに比べると背が低く平べったい形をした「スペリオール(スーペリア)」と呼ばれるボトルの二種類が有名です。その他にも、現行品として販売されているものでは「カミュXOエレガンス」という名前通り、エレガントな見た目と味わいが特徴的なものや、フランス・ボルドリー地区で栽培されたブドウのみを原料に使用している「カミュXOボルドリー」など、様々な種類が製造されています。

日本ではどのタイプのボトルも、高級コニャックの代名詞としてバブル期を中心に大流行していたのだそうです。海外旅行の際のお土産や、お歳暮・お中元の贈答用として使われる機会も多かったと言われているので、ご自宅に飾っているという方も多いのではないでしょうか。

歴史

カミュ社はジャン=バティスト・カミュによって1863年にフランス南西部のコニャック地方で設立されました。バティストは、元々はブドウの卸売りやワイン造りを生業とするブドウ農家でしたが、最高品質のコニャックを造り上げることを目標に、数人の仲間たちと共に「ラ・グランド・マルク社」を立ち上げました。その後、その権利を買い取ったバティストは、社名を現在の「カミュ」に変更し、本格的に現在の体制が出来上がりました。

 

カミュ社は、現在ではフランス唯一となってしまった家族経営のコニャックメーカーとしても有名です。生産量、人気ともに、世界的に見てもその規模は最大級。世界中のコニャックファンからは5大コニャックメーカーにも数えられるほどです。

また、家族経営ならではの特徴として、バティストの創業以来綿々と受け継がれてきた伝統と歴史を代々継承しているコニャックメーカーです。しかし、常に挑戦を続ける気持ちを忘れないということもカミュ社の特徴でもあります。

 

カミュ社のブランデーは20世紀のはじめにはロシア皇帝に愛飲され、第二次世界大戦後には旧ソ連から始まりヨーロッパ全土にシェアを拡大。次々に新しい世界へと飛び出していったカミュ社のコニャックは、その質の高さで現在でも世界中のブランデー愛好家たちを虜にしています。

 

また、過去にはロンドン国際ワイン・スピリッツコンペティションにも参加していますが、カミュはその参加した全てにおいて金賞を受賞しています。その輝かしい功績から、「世界最高のコニャック」と呼ぶ声もあるほどです。

 

製品へのこだわりも他のコニャックメーカーとは一線を画しています。フランス・ボルドリー地区に広大なブドウ栽培畑を自社所有し、その原酒を中心としていてコニャックを製造していますが、それだけでなくその他にも5地区の原酒を繊細にブレンドすることで、最高品質のコニャックを造り出しているのです。

逸話

カミュ社はブランデーの中でも「コニャック」と呼ばれるものを製造しています。

 

「コニャック」は世界一高価なアルコールだとも言われています。映画などで、お金持ちがブランデーグラスを手に葉巻を咥えているシーンを思い浮かべる方も多いように、高級品としてのイメージが非常に強いのではないでしょうか。

 

フランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインのうちでも、厳しい基準をクリアしたもののみがシャンパンを名乗ることができるのと同様に、「コニャック」とは世に数あるブランデーの中でも、フランスのコニャック地方で製造され、定められた基準に合格したブランデーだけが名乗ることを許される特別なブランデーの名称なのです。

そのため、コニャックという呼び名は高品質なお酒の証明であり、それ自体がお酒の一ジャンルとして数えられるほどに絶大な人気を誇っているのです。

 

そんなコニャックを製造しているメーカーの中でも、カミュは家族経営を行っているという点でも大変珍しいメーカーです。現在では唯一となった家族経営形態のコニャックメーカーですが、世界のブランデーメーカの中でも最大級の規模を誇っています。

 

1863年にジャン=バティスト・カミュによって設立されたカミュ社は、3代目であるミッシェル・カミュの時代にはインテリアとしてもオシャレな本の形をした陶器ボトルの製造や、バカラ製の高級グラスでつくられたデキャンタを使用した最高級コニャックを発売するなど、革新的な試みを行ってきました。

 

2013年には創業150周年を祝う記念式典を開催しています。そのイベントでは、5代に渡って150年の経営を続けてきたことに由来して、「カミュ キュヴェ 5.150」の発売も発表されました。

5種類の原酒をブレンドして造られたこの記念ボトルは、世界で1492本のみしか発売されなかった限定品のため、非常に希少な、カミュ社の造るブランデーの中でも最高級品として知られています。

 

カミュ社は、その創業以来、150年以上の長い歴史において、常にコニャック界のトップを走り続けてきた名門ブランドのひとつです。伝統と歴史を持ったまさにコニャックを代表するブランドと言っても過言ではありません。

ブランデーの買取一覧へ戻る