高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

ヘネシー クラシックの買取・査定

(Hennessy classique)

ヘネシー クラシック(Hennessy classique)

生産情報

生産国
フランス
地方
コニャック
地区
グランド・シャンパーニュ、プティット・シャンパーニュ、ボルドリ、ファン・ボア

詳細

分類   
ブランデー
タイプ
コニャック

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

ヘネシー クラシックの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ヘネシー クラシック(hennessy classique)の特徴

ヘネシーは1765年創業の老舗コニャックメーカーです。

創業者であるリチャード・ヘネシーはアイルランド出身ですが、ルイ15世統治下のフランスはコニャック地方に移住してヘネシーを設立しました。

「レミーマルタン」「カミュ」と同様に高級ブランデーとしての地位を確立しています。

ブランデーを飲まない人も名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

それほど「ヘネシー」というブランデーは日本に根付いているのです。

ヘネシーの特徴はなんと言ってもその品質の高さにあります。

品質の高いブドウが育つと言われている「グランド・シャンパーニュ」をはじめとして「プティット・シャンパーニュ」「ボルドリ」「ファン・ボア」などから造られるブドウを使用しています。

またヘネシーが使用しているブドウは「ユニブラン」と呼ばれるフルーティーな甘みが特徴のブドウです。

このブドウと樹齢100年以上のフランスのオーク樽を使用することで香りが豊かで上質な味わいが生まれます。

ヘネシーは現在では当たり前になっているブランデーの基準をいくつもつくり出しています。

当時のイギリス国王であるジョージ4世は大のコニャック好きで知られており、ヘネシー社に対して澄んでいてかつ味わい深い優れたコニャックは造れないかと訪ねました。

それを踏まえヘネシーは当時画期的だった基準「Very Superior Old Pale」、つまり「VSOP」を造りました。

また、品質の違いを星の数で表すというユニークな方法を取ったことでも有名です。

現在では「VS(Very Special)」として知られている格付けも生まれました。

このボトルには首の部分に3つの星がついており、「スリースター」とも呼ばれています。

もう一つは当時、友人や家族用に造られていた上質なブランデーの「XO(Extra Old)」も誕生させています。

その後、ヘネシーXO特有の形をしたボトル「XOカラフェ」を誕生させ、現在でも大人気の商品である「ヘネシーXO」が生まれました。

 

今回ご紹介する「ヘネシー クラシック」はヘネシー社が日本人に合うように特別に造ったブランデーです。

2001年から2002年までのわずか1年半のみ市場で発売されていたレアな商品です。

上質なユニブランから造られた原酒を70種類以上もブレンドし、フルーティー勝つまとまりのある味わいに仕上げました。

終売となった現在でもその味を求めて、需要が高まっている商品です。

歴史

ヘネシーはアイルランド出身の将校であったリチャード・ヘネシーによって創業されました。

品質の高さに絶対のこだわりを持っており、ブドウを生育する土壌から樽にまでより良いブランデー造りには時間をおしまないという情熱を持っています。

現在では当たり前に使用されているブランデーの階級である「VS(Very Special)」「VSOP(Very Superior Old Pale)」「XO(Extra Old)」などはすべてヘネシー社が最初だと言われています。

特に「XO(Extra Old)」クラスのブランデーは元々販売する予定ではなく、家族用や友人をもてなす時に飲んでいたそうです。

樹齢100年以上のフランスのオーク樽を30万樽以上も保有しているほどストックが多く、熟成期間の長いもとだと約200年以上にもさかのぼります。

また、ヘネシー社は早くから世界に目を向けており、比較的早い段階で輸出をはじめていました。

1794年にはアメリカ、1868年にはすでに日本にもヘネシーが輸出したと言われています。

そのおかげで現在のブランド力、知名度の高さがあるのかもしれません。

また1979年には「ヘネシー パラディ」が誕生しました。

また、その16年後には創業者のリチャード・ヘネシーのフランス語読みである「リシャール ヘネシー」が誕生、現在でもコレクターが多く高値で取引されています。

特に「リシャール ヘネシー」はひとつひとつ手作業で造られているため、カラフェのボトルにはシリアルナンバーがついています。

ご自宅に「ヘネシー」がある方はぜひ、ご覧になって下さい。

エピソード

ヘネシーがこれだけ人気かつ、知名度が高い理由はヘネシー家の家紋である「ブラ・アルメ」のロゴです。

誰でも一度は目にしたことがある斧を力強く握りしめた拳がラベルにかかれていますが、これはヘネシーの創業者であるリチャード・ヘネシーが元将校だったときにフランスの市民権獲得のために躍進した12年の軍歴を表しています。

また、ブランデーの品質をランク付けして「VS」「VSOP」「XO」を生み出したとも言われています。

当時、品質の違いを星で表すことがなく、そのユーモアあふれる格付け方法はブランデー業界全体に広まりました。

ヘネシーはラインナップが豊富で価格帯も様々です。

始めてヘネシーを飲むのであれば一番安い「ヘネシー VS」がおすすめです。

低価格ながらもヘネシーらしい口当たり滑らかで高級感漂う華やかな香りが楽しめるコストパフォーマンスに優れたブランデーです。

ブランデーの買取一覧へ戻る