高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

ヘネシー ノスタルジー ド バニョレ クリスタルの買取・査定

(Hennessy NOSTALGIE DE BAGNOLET)

ヘネシー ノスタルジー ド バニョレ クリスタル(Hennessy NOSTALGIE DE BAGNOLET)

生産情報

生産国
フランス
地方
コニャック
地区
グランド・シャンパーニュ、プティット・シャンパーニュ

詳細

分類
ブランデー
タイプ
コニャック

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

ヘネシー ノスタルジー ド バニョレ クリスタルの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ヘネシー ノスタルジー ド バニョレ クリスタル(Hennessy NOSTALGIE DE BAGNOLET)の特徴

ヘネシー・ノスタルジー・ド・バニョレ・クリスタルは、1986年頃にブレンドされたコニャックです。ヘネシーの親類やVIP待遇用に造られたものといわれているため生産量が極めて少なく、市場に出回ることはほとんどありませんでした。そして容器に使われているのはフランスが誇るクリスタルガラスメーカー、バカラ社が丁寧に作りだしたデキャンタです。

 

外箱にはエンボス加工でシャトー・ド・バニョレが描かれていますが、シャトー・ド・バニョレとは田舎町コニャックにある館です。元々貴族が住んでいた建物を、1841年にオーギュスト・ヘネシー夫婦が購入しました。田園風景の中に佇む真っ白に塗られた美しい建物は、現在ゲストハウスとして使われ、ときにはヘネシーの新作発表などの舞台としても活躍しています。

 

ヘネシーが造るブランデーはコニャックで、国が定めるAOC法の規則に則り製造されています。まず生産地域とブドウ品種が指定されていて、貯蔵や熟成にも細かなきまりがあります。ブドウの生産地域はシャラント・マルティム県からシャラント県が中心で、畑の土壌性質によって6種類の等級に分けられているのです。生産地域の土壌の多くは石灰質でできているため、コニャック作りに適する酸味が強いブドウの栽培に適当とされています。

 

栽培されているブドウのほとんどはユニ・ブラン種で、ヘネシーが使うのは第一等級の4つの畑で採れたもののみです。採れたブドウはまずアルコール度数7%くらいのワインにされます。ワインの場合オリは不要なものなのでオリ引きしますが、コニャックにとっては味わいを深くするためにオリは大事なものなので引きません。濁ったワインのままポットスチルで蒸留を2回行い、リムーザン産やトロンセ産のオーク樽に注ぎいれて最低丸2年熟成させます。現在のヘネシーのセラーにある最古のオー・ド・ヴィー(原酒)は1800年から熟成させたもので、短いものでも50年は寝かせているそうです。古いオー・ド・ヴィーは樽から籠で包んだ大瓶・デミジョンに移されて、コニャックになるときを待っています。

歴史

ヘネシー・ノスタルジー・ド・バニョレ・クリスタルを出す7年前に販売されたヘネシー・パラディーは、最高格付けのオー・ド・ヴィーを100種類以上ブレンドした、これまでにない貴重なコニャックだとされていました。ヘネシー・ノスタルジー・ド・バニョレ・クリスタルに使われたオー・ド・ヴィーが果たしてどのくらい熟成させたものなのかは定かではありません。

 

しかし特別品だったので、長い歴史を見てきたオー・ド・ヴィーが含まれているだろうことは想像できるでしょう。現在コニャックの基準としてV.S.O.PやX.O.が使われるのが普通ですが、これを最初に発したのはヘネシーでした。

 

コニャックが大好きだったイギリス国王ジョージ4世は“Very Superior Old Pale”なコニャックを造ってくれないかと創業者リチャード・ヘネシーに頼んだそうです。これは長く寝かせて澄んでいる美酒というような意味で、リチャード・ヘネシーは快諾しました。その後品質の基準を示すものとして、この頭文字が取られたものがコニャック業界で使われるようになったのです。

 

そして月日が経ちリチャード・ヘネシーのひ孫であるモーリス・ヘネシーが跡を継いだ頃、コニャックの品質を星の数で表示しようと試みました。これによりVery Specialの意味のV.S.が付けられた三ツ星コニャックが生まれて、この格付けもすぐに業界で取り入られました。さらにその後Extra Oldの意味のX.O.という格付けも作られました。

 

X.O.は元々モーリス・ヘネシーが親しい人たちのために造ったコニャックに付けられた格付けだったのですが、それもまた業界に広まったのです。現在の格付けはスリースター、V.S.、V.S.O.P.、ナポレオン、X.O.となっていて、V.S.の平均熟成期間は4から7年、V.S.O.P.は7から10年、X.O.は20から25年です。ヘネシー家がコニャック業界に与えた影響はほんとうに大きなものだったことがわかるでしょう。

創業者のリチャード・ヘネシーはアイルランドに産まれました。1760年代はプロテスタントの支配力が強まり、カトリック教会が締め出される事態となっていました。嫌気を指した彼はフランスに移住し、やがてコニャック造りに目覚めます。そして母国語が英語だったことも幸いし、コニャック販売開始からたった30年ほどでニューヨークへ輸出を開始しました。

 

ヘネシー家の家訓は「誠実な商人であれ」だと、8代目当主のモーリス・リチャード・ヘネシーはいいます。彼は小さいときから世界中を飛び回る大人たちを見て育ったので、グローバルであることは普通のことでした。しかしコニャック造りの伝統を軽んじるつもりは到底ありません。全てのものが進化したとしても、手間をかけて2段階で行う蒸留法は永久に変わらないだろうとも断言します。

 

そしてブドウ作りも伝統を重んじ、除草剤や農薬は控えた自然に任せる栽培を行う一方で、最先端の技術を採用してエコにも取り組んでいます。また、コニャックの最後の味を決定するマスター・ブレンダーを担うのは、初代から変わらないフィリュー家の人たちです。

 

ヘネシー・ノスタルジー・ド・バニョレ・クリスタルをブレンドしたのも、伝統を継承したフィリュー家の1人でしょう。伝統に重きを置いているモーリス・リチャード・ヘネシーですが、コニャックは自由に楽しんでほしいといいます。

 

食後に飲むイメージが強いコニャックですが炭酸で割ると食前酒や食中酒にぴったりで、カクテルにして飲んでもらえればさまざまな角度でコニャックの表情を楽しむことができます。飲み方が違っても豊かな香りと後を引く余韻が、非日常空間へ連れて行ってくれるはずです。またヘネシーではカクテル・コンペティションというバーテンダーがヘネシーを使ったカクテルの味を競うコンテストを開催しています。伝統的な飲み物だからといって、肩肘張って伝統的な飲み方にこだわる必要はないということが伝わってきます。

ブランデーの買取一覧へ戻る