高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

ヘネシーXOの買取・査定

(Hennessy XO)

ヘネシーXO(Hennessy XO)

生産情報

生産国
フランス
地方
コニャック
地区
グランド・シャンパーニュ、プティット・シャンパーニュ、ボルドリ、ファン・ボア

詳細

分類
ブランデー
タイプ
コニャック

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

ヘネシーXOの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ヘネシーXO(Hennessy XO)の特徴

ヘネシーXOは1765年の創業以来、8世代にわたる伝統に裏付けされた情熱とこだわりの美学が生んだ最高傑作です。
そのこだわりは、まず良質の葡萄を育てる畑にあります。コニャックの産地として法律で定められている6つの地区の中から特に上質の品種を栽培する4つの地区で収穫された葡萄をもとに仕上げて厳選されたオー・ド・ヴィー(原酒)を使い、葡萄の栽培から醸造・蒸留、オーク材所有、樽製造、更には熟成・瓶詰に至るまですべて自社生産にこだわっています。
さらに世界最大級の貯蔵量とも言われている約25万樽の中から最上級のもののみを選び出し、長年の経験を積んできた練達のブレンダーたちが調合して見事なこだわりの一品に仕上げています。
ちなみに現在ヘネシーの専属マスターブレンダーを務めているのはヤン・フィリュー。ヘネシー家に代々伝わる伝統のレシピ(調合法)を引き継ぎつつ、現代にも通ずる鮮やかな味と香りを届けるマエストロとして今日も入魂の一献を届け続けています。
さて、このようにこだわりの美学が冴える名品・ヘネシーのラインナップの中でもXOは最高級グレードとして世界中の食通に愛され親しまれている名品です。そのままストレートで飲むもよし、オン・ザ・ロックもまたよし、ソーダで割ってハイボールで飲むと爽やかな味わいが楽しめます。さらに紅茶やコーヒーに一滴垂らすと絶妙な香りが楽しめますし、その折ビターチョコレートやナッツ類、ビターチョコレートケーキやクッキーを合わせると一際贅沢な大人のティーブレイク・コーヒーブレイクが楽しめます。
さらにこのヘネシーXOをベースにカクテルを作ってみるのもまた乙なものです。ブランデーの中でもコント6以上(平均熟成年数20~25年)の長い熟成期間を持つ上級グレードなだけに、アップルカー、アレキサンダー、オリンピック、クイーンエリザベスなど個性豊かなカクテルが楽しめます。ちょっと変わった楽しみ方としては梅酒などの果実酒のベースにも使ってみると一味違う贅沢な味わいが作れます。リチャード・ヘネシー直伝の技と心がギッシリ詰まった最高級の逸品です。

歴史

メゾン・ド・ヘネシー社の創業は1765年(日本では江戸時代後期に入る明和2年)。アイルランド出身の英国人にしてフランス国王ルイ15世側近の軍人だったリチャード・ヘネシーが今日のポワトゥー・シャラント地域圏シャラント県コニャック郡に醸造所を創設したのにはじまります。

 

当時のフランスはちょうどブルボン王朝が全盛を極めた頃で、その後フランスに民主市民革命の炎が燃え盛っていた最中の1794年には英国から独立して間もない米国向けに輸出を開始しました。そこからヘネシーブランドのコニャックは世界に販路を広げ、英国国王ジョージ4世やロシア皇帝アレクサンドル1世など、世界中の王侯貴族や政治家・財界人など各界の名士たちに愛飲されて今日に至っています。
極東アジア諸国への輸出は意外に早く、1859年には中国への輸出・発売を開始しました。日本へは幕末と開国の激動期を経て明治近代社会に移行した頃に輸出・発売を開始し、現在では日本、中国(香港・マカオも含む)、韓国などアジア諸国においても各界のファンから幅広い支持を受けています。また1865年には同業他社に先駆けて自社製ラベルを貼り込んだボトル詰めによる販売を開始しています。
さて、今やブランデーの中で最高級グレードの代名詞となっているXO。そのグレード(格付け)システムを創案したのも実はメゾン・ド・ヘネシーの功績によるもので、XOグレードが創案されたのは1870年になります。最初は家族や友人といったごく限られたお客様向けに造られた限定品だったのが次第に広く知られて市販化されるようになり、今やブランデーの上級グレードとして同業他社にも定着するようになっています。
第二次世界大戦終戦後の1947年には今日XOカラフェと呼ばれ知られているボトルの原型が完成。1949年にはフランスを代表する探検家ポール・エミール・ヴィクトール(1898~1995)が北極圏探検の折にヘネシーから提供を受けた三ツ星コニャックVS(Very Specialの略)を携行してブランドイメージの興隆に寄与しています。そして1979年には「ヘネシー・パラディー」が、1996年には「リシャール・ヘネシー」がそれぞれ発売されてそれぞれ最上級のマスターピースとして好評を博しています。
21世紀を迎えた今、メゾン・ド・ヘネシーは先達たちがこれまで培ってきた伝統の技と心が醸し出す味と香りを大切にしつつ、常に革新的な発想と技術を駆使した製品づくりをおこなっています。

エピソード

1870年に第一号が発売されたヘネシーXOは、先にも触れたように当初限定品として少数が発売された程度に過ぎませんでしたが、その後次第に話題が話題を呼んで今や最高級グレードのブランデーとしてVSOPフィーヌ・シャンパーニュとともに、メゾン・ド・ヘネシーの看板商品として親しまれています。
そのクオリティの高さは世界中のグルマンたちに知られていますし、世界中の一流ホテルのバーカウンターにも華やかな色を添えているのは周知の通りです。
それだけではありません。ヘネシーは現在フランスを代表するナショナルブランドとして同国を代表する企業グループ、ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシーグループのブラザーカンパニーにも名を連ね、コニャックブランデー市場では世界最高峰のシェアを誇るトップブランドにも成長しています。
ちなみに我が国でのヘネシーの発売は、1859年(安政6年)に英国ジャーディン・マセソン商会が横浜に日本事業所を開設したのにはじまり、その後バブル景気が絶頂を極めた1988年に仏モエ ヘネシー社(LVMH モエ ヘネシー ルイ・ヴィトンのワインズ&スピリッツ事業)、英ディアジオ社(旧英ユナイテッド ディスティラーズ & ヴィントナーズ社)、英ジャーディンマセソン社の三社の合弁会社としてジャーディンワインズ・アンド・スピリッツ日本(株)が設立され、日本総代理店を務めヘネシーブランドの発売元を手掛けるようになりました。
その後2004年には仏モエヘネシー社と英ディアジオ社、二社の合弁会社として営業を開始。2009年に、現在のMHDモエ・ヘネシー・ディアジオジャパン(株)に発展して同社がヘネシーブランドの日本総代理店を務めています。

 

なおMHDモエ・ヘネシー・ディアジオジャパンではヘネシーのほかにもシャンパンの王様として有名なドン・ペリニヨンやブーブ・クリコなどのシャンパン、シャンドン、クラウディベイ、テイラーなどのワイン、オールドパー、ロイヤルハウスホールド、ブレットバーボンなどのウイスキーを取扱品目に揃えて幅広い需要に応える商品構成とサービス体制を整えています。

ブランデーの買取一覧へ戻る