高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

レミーマルタン 250周年 1724-1974の買取・査定

(remy-martin 250anniversary 1724-1974)

レミーマルタン 250周年 1724-1974(remy-martin 250anniversary 1724-1974)

生産情報

生産国
フランス
地方
コニャック
地区
グランド・シャンパーシュ、プティット・シャンパーニュ

詳細

分類
ブランデー
タイプ
コニャック

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

レミーマルタン 250周年 1724-1974の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

レミーマルタン 250周年 1724-1974(remy-martin 250anniversary 1724-1974)の特徴

「レミーマルタン」社は初代フランス王であるアンリ4世が、「王国一の美しさ」と称えたシャラント川のある地域に創設されました。

創業者は社名と同じレミーマルタンという人物です。

 

彼はルイヤックの小さなワイン商の息子として生まれ、父親の背中を見て育ちました。

彼はそのワイン造りの才能をみるみる伸ばしていきます。

30歳になる頃にはワイン造りの技術の高さが評判を呼び、ついに「レミーマルタン」社を創業しました。

 

「レミーマルタン」社で造られるブランデーはコニャックというものに分類されます。

「コニャック」とは白ブドウを2回蒸留することでできる「オー・ド・ヴィー(命の水)」)をオーク樽で2年以上熟成させたもの、かつフランスのコニャック地方で生産されたものを指し、一般的には高級ブランデーにしか名付けることが許されません。

レミーマルタンは数あるコニャックメーカーの中でも290年以上の歴史を持ち、ブランデーを飲まない人でも名前を聞いたことがある位有名です。

 

レミーマルタン社のコニャックは香り高いアロマと口当たり滑らかな飲み心地が人々を魅了しているブランデーで、その品質に対するこだわりは並々ならぬものがあります。

1738年には当時ブドウ畑の拡大の禁止をルイ15世から特別に許されたことでも知られています。

 

かつてある地質学者が定めたとても優れた地質である「グランド・シャンパーニュ」と次に優れている地質である「プティット・シャンパーニュ」からできたブドウを使用しています。

また、「繊細なアロマ」や「滑らかな喉越し」を生み出すため、小さめのアランビック・スチルで原酒を蒸留したあとで小さなオーク樽で長期熟成をする製法を取っているのです。

 

今回の「レミーマルタン1724-1974」はそんなこだわりの強いレミーマルタン社が創業250年を記念して1974年に発売したものです。

創業当初から熟成されている熟成年数50年~140年の原酒を贅沢にブレンドしており、証明書や木箱がついています。

世界で38709本限定製造と言われているとても希少な商品です。

歴史

レミーマルタン社は1724年に創業されました。

創業者がレミーマルタン、ルイヤックの小さなワイン商の息子として誕生しました。

彼は幼いころからワイン造りの手伝いをしており、そこでワイン造りの技術と商いに対する情熱を学びました。

 

レミーマルタンはワイン造りの才能を次第に開花させ、所有地の拡大と自分の手がけるブランデーをもっと多くの人々に飲んで貰いたいという思いから30歳頃にレミーマルタン社を創設します。

とある地質学者がきめたブドウ造りに最適の地質である「グランド・シャンパーニュ」と次に優れている地質である「プティット・シャンパーニュ」からできた最高級のブドウのみを使用してレミーマルタンは造られるのです。

 

20世紀後半には「レミーマルタンVSOP」を発表し、世界的な大ヒットを生み出します。

厳選された熟成年数25年の原酒を60種類以上もブレンドしており、まさにコニャックの王道と呼ぶのにふさわしい仕上がりとなっています。

その後、4代目当主であるエミール・レミー・マルタンが「レミーマルタン」社のブランドを確固たるものにするために品質管理体制の見直しや経営方針の決定などを行っていきました。

 

また、レミーマルタンで忘れてはならないのが最高級ブランデー「ルイ13世」です。

通常、ブランデーには「VSOP」「ナポレオン」「XO」などの等級がつくのですが、あまりにも熟成年数が高いと独自に名前を決めることができるようになります。

この「ルイ13世」の特徴的なボトルはかつてカトリックとプロテスタントが戦っていた戦争跡地でエミールが見つけだしたものでした。

 

彼はそのボトルをひと目で気に入り、ボトルの複製権を得た後に「ルイ13世」を世に送り出したのです。

現在のルイ13世のボトルはバカラ社がつくっており、そのボトルはすべて職人の手作業で造られています。

エピソード

レミーマルタンは「グランド・シャンパーニュ」と「プティット・シャンパーニュ」から収穫されたブドウのみを使用し、その品質の高さとこだわりは他のコニャックメーカーには真似できません。

 

ブドウ畑の拡大が禁止されていた時代でさえ、レミーマルタンは特別に優遇されていたのです。

現在でもブランデーはおろか、お酒を全く飲まない人でさえ「レミーマルタン」という名前は浸透しています。

 

創業から290年以上経った今でもその人気は衰えることを知らず、繊細で複雑なアロマの香りや絹のように滑らかな飲み心地はブランデー愛好家たちをとりこにして離しません。

 

時には「レミーマルタンVSOP」のようなコストパフォーマンスに優れたものや、高級店に佇んでその圧倒的な存在感を示している「ルイ13世」などに姿を変えて世界中の人々に愛されています。

ブランデーの買取一覧へ戻る