高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

ヘネシー リシャールの買取・査定

(Richard Hennessy)

ヘネシー リシャール(Richard Hennessy)

生産情報

生産国
フランス
地方
コニャック
地区
グランド・シャンパーニュ、プティット・シャンパーニュ、ボルドリ、ファン・ボア

詳細

分類
ブランデー
タイプ
コニャック

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

ヘネシー リシャールの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ヘネシー リシャール(Richard Hennessy)の特徴

創業の1765年からリシャール・ヘネシーの誕生した1996年までの歴史の全てを注ぎ込んで作られ、ヘネシーの技術の粋を集めた最高ランクのコニャックです。
ヘネシーの特徴は世界最大の約25万樽に及ぶオー・ド・ヴィーと言われる原酒にあります。
ヘネシーは第一等級の畑である「グランド・シャンパーニュ」「プティット・シャンパーニュ」「ボルドリ」「ファン・ボア」それぞれで原料となるユニブランというフルーティーな品種の葡萄を栽培しています。それらの中から厳選された上質の葡萄のみを使用しフランス国産のオーク樽で熟成しています。その熟成期間は最低でも50年とされ、中には200年以上前から熟成されているものもあり、これらを熟練の業でブレンドすることによって独特な深みのある高品質なコニャックが作られています。
コニャックとはフランス国内産のオークの樽で2年以上熟成させた高級ブランデーをいいますが、熟成年数からもヘネシーのこだわりぶりがわかります。熟成に用いるオーク樽も樹齢100年以上のものしか使わないというこだわりです。
リシャール・ヘネシーはマスターブレンダーを務めるヤン・フィリューが、違いのわかる本当のコニャック通のために完璧なコニャックを届けることを目指して作られたコニャックです。フィリュー家は七代にもわたってヘネシーのマスターブレンダーを務めており、その伝統の技術がヘネシーを作り上げてきたのです。そこで完璧を目指して作り上げられたリシャール・ヘネシーはヘネシー家の八代にわたる情熱とフィリュー家の七代伝えられてきた伝統の技術の結晶なのです。リシャール・ヘネシーという名は創業者であるリチャード・ヘネシーのフランス語読みであり、まさにヘネシーを体現したコニャックです。
リシャール・ヘネシーに使われるオー・ド・ヴィーは特に長期熟成のものがふんだんに惜しみなく使用され100年以上前のものも含め100種類以上の古酒がブレンドされており、花やスパイスとともに作り上げられる香りや風味は格別なものになっています。
ボトルにもクリスタルガラスの最高峰であるバカラ社製品が使用されており、一つ一つにはナンバリングが施されています。

歴史

ヘネシーを作り上げたリチャード・ヘネシーは、アイルランドで1724年に生まれ、フランスのコニ​​ャックにて1800年に亡くなっています。1765年にフランスのコニャック地方でヘネシーを創業し、その翌年からヨーロッパ各国へ輸出され始めます。1794年には独立間もないアメリカへ輸出するなどグローバルな視点を持っていました。
その後も息子たちによって1818年には、ロシアへも初めて出荷されています。アジアへの市場拡大も早く、1859年には彼方の中国へ、1868年には日本にも上陸を果たしています。徐々に市場を拡大していき、現在では100カ国を超える国々で愛されており、世界のコニャックの消費量の4分の1はヘネシーとなっています。
品質管理については、1800年からフィリュー家がマスターブレンダーの地位についており、1817年には有名なブランデーであるV.S.O.Pが誕生しています。
1856年には斧を握る拳を表現しているブランドのロゴが生まれていますが、このロゴはヘネシー家の家紋です。フランスで市民権を得るために軍役についていたリチャード・ヘネシーの功績を表しているのです。
1865年には星印を用いて等級を示す現在の方式を採用し始め、コニャックの等級であるX.O(extra old)は1870年に誕生しています。1971年、ヘネシー社はドン・ペリニヨンなどを造ることで有名なモエ・エ・シャンドン社と合併し、「モエ・ヘネシー」となります。

 

1979年にはヤン・フィリューがヘネシーパラディーを造り出します。パラディーという名はヤン・フィリューの祖父の遺産であった特別なオー・ド・ヴィーを熟成させるためだけに使用されているセラーの名から付けられています。

1987年にはモエ・ヘネシーが更にルイ・ヴィトン社と合併し、「ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー(LVMH)」となり、高級ブランドとしてさらなる品質の追求に向かうことになります。
そうして1996年に、さらに完璧なコニャックを目指したヤン・フィリューによってついにリシャール・ヘネシーが誕生するのです。

エピソード

ヘネシーは1745年に当時のイギリスによるアイルランドへの弾圧から逃れるために、フランス王のルイ15世の軍隊に加わりフランスへ渡ります。そうして12年に及ぶ軍役による功績もありフランスの市民権を得ます。

 

1756年に退役し、コニャックの原酒であるオー・ド・ヴィーの取引を始めて1765年にコニャック地方にて自分の会社を立ち上げます。ヘネシーが卓越していたのはオー・ド・ヴィーの熟成期間の長さです。当時としては10年以上の熟成をする考えは珍しいものでした。

 

ここに目をつけたヘネシーはセラーを用意してそこで長期間のオー・ド・ヴィーの熟成を始めたのです。こうして他のコニャックと差別化を図ることで有名になっていきます。
彼の先見の明はこれに留まらず、国内だけではなく世界へと市場を広げていくことを見据えて成功していきます。1794年には独立して間もないニューヨークへの輸出に成功して海外でも知名度を得ていきます。
プリンス・オブ・ウェールズであり、後のイギリス国王であるジョージ4世もヘネシーのコニャックをこよなく愛しており、そのことがヘネシーの名声を高めていきました。
ロシア皇后マリア・フョードロヴナも、息子のためにコニャックを造るようヘネシーに依頼し、送られてきたコニャックを飲んだアレクサンドル一世が大変感激し、これ以降、ロシア王室は定期的にヘネシーへコニャックを注文するようになります。
その後も子孫によってヘネシーの情熱と地位は守られていきます。
四代目のモーリス・ヘネシーは1865年、それまで樽詰めであったのをボトルに詰めて売り出す方式をコニャック業者として最初に採用しました。また、現在では世界標準となっているX.O(extra old)などのコニャックの品質の格付けを行ったのも彼です。等級を星の数で表現することもモーリス・ヘネシーが考案しています。
当時はブランデーが特に人気を集めている時期でしたが、こうして業界全体に影響をあたえる方策を次々と打ち出していったことでその地位をより確かなものにしていきました。今で言えばブランディングをいち早く行っていたのです。ヘネシー・リシャールはそうして受け継がれてきた情熱と技術の結晶なのです。

ブランデーの買取一覧へ戻る