高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

ドン・ペリニヨン ロゼの買取・査定

(Dom Perignon Rose)

ドン・ペリニヨン ロゼ(Dom Perignon Rose)

生産情報

生産国
フランス
地方
シャンパーニュ
地区
エぺルネ

詳細

分類
スパークリングワイン
タイプ
辛口
ブドウ品種
ピノ・ノワールシャルドネ

高価買取ランク

rank4

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

ドン・ペリニヨン ロゼの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ドン・ペリニヨン ロゼ(Moet & Chandon Dom Perignon Rose)の特徴

ドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)は、製造過程で原材料である黒ブドウの色素(果皮によるもの)を残すのが特徴です。そのため、ブロンズの輝きに加えて、ややオレンジを帯びた美しいピンク色のロゼシャンパンとなります。日本国内では「ピンドン」の相性などで呼ばれる知名度の高いシャンパンです。また、モエ・エ・シャンドン社の特級畑(グラン・クリュ)で栽培されているピノ・ノワールの作柄が特に良好な年にのみ制作されるため、リリースされるドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)の全てがヴィンテージです。

 

味わい深いシャンパンは口に含むと、まず軽い口当たりを感じ、やがて濃厚さと豊潤なイメージへと口の中で膨らんでいきます。チェリーやフランボワーズ、イチゴなど新鮮な赤い果実のフレーバーがボリューム感のあるアロマとなり、滑らかさとクリーミーな舌触りが心地の良いシャンパンです。シャルドネの優雅さ、まろやかなピノ・ノワールが絶妙なバランスを作り出し、構成力のあるエレガントな味わいに評価を得ています。

 

ドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)は希少であり、生産量が制限されているため、レストランなどのワインリストに記載が少ないシャンパンとしても知られています。原材料のブドウが当たり年のみに収穫されること以外に、ドン・ペリニヨンが長い熟成期間を要することも流通量が少ない理由のひとつです。一般的にドン・ペリニヨンの熟成期間は7年から8年、更にドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)は9年から10年程と一般的なシャンパンよりも長い特徴があります。

 

また、ドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)には、更に長い期間熟成させたヴィンテージである「エノテーク」があり、20年以上の時をセラーで寝かせた「ドン ペリニヨン ロゼ エノテーク ヴィンテージ 1990」などがリリースされています。「エノテーク」はドンペリニヨンの醸造最高責任者以外の立ち入りが禁じられたセラーで熟成され、1本ごとに丁寧なテイスティングと厳しい選定がされるプレミアムなシャンパンです。

歴史

ドン・ペリニヨンは、中世ヨーロッパの時代(17世紀の後半)にベネディクト派修道院であったオーヴィレール修道院にて、セラーマスターを担っていたドン・ピエール・ペリニヨン神父の名前を由来にしたシャンパンです。

 

ドン・ピエール・ペリニヨン神父は発酵し切っていないワインをコルク栓で封をし、発泡性ワインを偶然に作り出した人物です。シャンパンのパイオニア的人物であるドン・ピエール・ペリニヨン神父が生涯を掛けてワインやシャンパンの研究、製造を行ったオーヴィレール修道院とブドウ畑は、1797年にモエ・エ・シャンドン社が買取り、修道院跡を自社工場としました。

 

また、ドン・ピエール・ペリニヨン神父の名前に由来する「ドン・ペリニヨン」を商標登録し、モエ・エ・シャンドン社は1936年に1921年ヴィンテージの初リリースに繋げます。これが世界に名高い最高級シャンパンである「ドン・ペリニヨン」の誕生です。ドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)が初めて世に出たのは1971年です。

 

ペルセポリスで開催されたペルシア帝国2500年記念式典が最初で、数多くの国々から招かれた首脳へ振舞われ、高い評判を得ます。また、この時のドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)は1959年ヴィンテージで数百本の生産量でした。その後、現在に至るまでドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)は生産量の制限が厳しく行われています。

 

特に良好なヴィンテージの年でもドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)の生産に関しては制限されるのが大きな特徴です。また、モエ・エ・シャンドン社はドン・ピエール・ペリニヨン神父が志した世界最高クラスのワイン造りをモットーにしています。

 

1990年に醸造最高責任者に就任したリシャール・ジェフロアを中心にドン・ペリニヨンの製造に挑み続け、絶妙なバランス感が特徴的なシャンパンを高いレベルで現在もリリースしています。世界的に知名度の高いドン・ペリニヨンは日本国内でも多くの人に愛されているシャンパンです。

エピソード

ドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)は日本国内で「ピンドン」と呼称されることも多く、高級クラブなどで扱われるシャンパンとして知名度が高いです。

 

また、お祝い事やパーティーなどで飲まれる機会が多く、プレミアムな印象があります。ドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)は、ロゼシャンパンの醸造方法で、フランスのシャンパーニュ地方に限定して許可される「アッサンブラージュ法」を採用しているのが特徴です。

 

シャンパーニュ地方は寒冷地帯であり、大陸性気候の影響を受けるため、収穫されるブドウの作柄が年により波があります。ブドウの出来に関わらず高い品質のシャンパン造りを可能にするため、スティルワインの調合(アッサンブラージュ法を指します)を発泡酒製造基本技術としたのです。

 

また、この技術を考案したのがドン・ピエール・ペリニヨン神父でした。手間がかかる醸造法のため、ドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)は一般的なシャンパンよりも高価です。国内では、2016年4月5日に六本木の「ザ・リッツ・カールトン東京・グランドボールルーム」にて、ドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)を情熱的で官能的な世界観で表現するディナーショーが開催されました。

 

ドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)の絶妙なバランスとパラドックス的な味わいが、原材料であるシャルドネ(白ブドウ)とピノ・ノアール(黒ブドウ)のアッサンブラージュにもたらされていることなどから着想を得た「THE THRILL OF PINOT NOIR」と称するエンターテイメントです。

 

世界最高峰のダンスパフォーマンスとコラボレーションし、大人が楽しむ高級エンターテイメントの中で、ドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)は重要な役割を担いました。また、ドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)は、日本国内に関わらず、世界中の著名人に愛飲されています。世界的電子音楽アーティストである渋谷慶一郎氏はドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)のファンであり、食前に嗜んでいると日々の暮らしの中でドン・ペリニヨン ロゼ(ピンク)を楽しむコメントを残しています。

シャンパンの買取一覧へ戻る