高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

モエ・エ・シャンドン ネクター アンペリアルの買取・査定

(moet&chandon necter imperial)

モエ・エ・シャンドン ネクター アンペリアル(moet&chandon necter imperial)

生産情報

生産国
フランス
地方
シャンパーニュ
地区
エペルネ

詳細

分類
スパークリングワイン
タイプ
甘口
ブドウ品種
ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

モエ・エ・シャンドン ネクター アンペリアルの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

モエ・エ・シャンドン ネクター アンペリアル(moet&chandon necter imperial)の特徴

「モエ・エ・シャンドン」はクロード・モエによって設立されました。

かつてはフランスのシャンパーニュ地方の小さなワイナリーから始まりました。

「シャンパンを最高のワインに、モエを最高のシャンパンに」という目標を掲げ、現在ではフランスの世界有数のシャンパン製造会社にまで成長しています。

また、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンにも属しており、お酒を飲まない人も知っているほどの人気を誇っています。

また、同会社の最高級品である「ドン・ペリニヨン」も大人気商品のうちのひとつです。

その豊かな泡立ちや芳醇な香りなどからフランス王室などの貴族階級の人々にもてはやされました。

その後も世界中のセレブ、シャンパン愛好家から支持され続けており日本でも多くの飲食店で目にすることがあるでしょう。

スポーツの表彰式などで行われている「シャンパンファイト」や「シャンパンタワー」はモエ・エ・シャンドンが始めたとされており、F1においては公式シャンパンに指名されたこともあります。

また、そのユーモアあふれる販売戦略も特徴の一つで、創業250年を記念したセレモニーではシャンパンのコルクの形をした気球がヴェルサイユを出発し、世界中の美しい風景を周ったことでも有名です。

定番商品の「モエ アンペリアル」「ロゼ アンペリアル」、氷を入れてロックで飲む「アイス アンペリアル」に次ぐ人気の「ネクター アンペリアル」。

きめの細かい泡とさっぱりとした味わいが特徴のモエですが、「ネクター アンペリアル」はボトルの見た目によらずやや甘口に仕上がっているモエです。

シナモンやバニラの香りが漂う、フルーティーさあふれるシャンパンです。

普段はカクテルばかりでシャンパンを飲んだことがないシャンパン初心者などにもってこいの一品です。

「ピノ・ノワール」「ピノ・ムニエ」「シャルドネ」を使用しており、「ピノ・ノワール」で全体の骨格をつくり、「ピノ・ムニエ」「シャルドネ」でそれぞれ甘みや爽やかさを表現しています。

フォアグラ、ブルーチーズなどの濃厚な味わいの料理とご一緒にいかがでしょうか。

特にクリーミーな味付けの魚・肉などの料理の味わいをより引き立たせます。

また、トロピカルフルーツやドライフルーツ、ナッツなどとの相性も抜群ですのでぜひ、お試しあれ。

歴史

「モエ・エ・シャンドン」はフランスのシャンパーニュ地方のエベルネにあった小さなワイナリーから始まりました。

創業者はクロード・モエという人物です。

クロード・モエ氏は「モエを世界一のシャンパーニュにしたい」という目標を掲げ、シャンパン造りに励んでいました。

最初はごく一部の人々に親しまれていたシャンパンですが、次第にヨーロッパの政治家やフランス王室などにもその名を轟かせていきます。

特にフランス王室の人々の間で流行り、フランス王室御用達のシャンパンとなりました。

その噂を聞きつけ、ドイツやスペイン、ロシアなどからも注文が殺到し、モエ・エ・シャンドンの名前が瞬く間に広がっていきました。

ルイ15世のめかけだったポンパドール夫人もこのモエ・エ・シャンドンをたいそう気に入っていたらしく、数百本のモエ・エ・シャンドンを城内に運び込ませたという逸話まで残っています。

その後、孫のジャン・レミー・モエが「シャンパン以外のワインの製造をやめる」という英断を下しました。

当時のワイン製造のアイデアや技術を積極的に取り入れていき、モエ・エ・シャンドンを世界的なブランドにしようと考えたのでした。

ジャン・レミー・モエの考えが功を奏し、ヨーロッパやアメリカを始めとして全世界にその市場を拡大させていきました。

日本にも1900年代初頭に上陸し、現在でも揺るぎない人気を誇っています。

その後もモエ・エ・シャンドンは躍進を続け、「ヘネシー」や「ルイ・ヴィトン」などと合併し、世界初のラグジュアリーグループである「MHLM(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)」が誕生しました。

シャンパンタワーやシャンパンファイトなどのユニークなアイデアを取り入れ、モエ・エ・シャンドンは名実ともに世界一のシャンパンとなりました。

エピソード

かの有名なフランスの皇帝ナポレオンはシャンパンを開けた時に勢い良く吹き上がる様子を縁起がいいと大変気に入り、戦争に赴く前には必ずと言っていいほどモエ・エ・シャンドンに立ち寄りシャンパンを飲み干し、遠征先にまでモエ・エ・シャンドンを持ち寄ったと言われています。

その華やかで歴史あるモエ・エ・シャンドンですが、時代に取りに残されることなく常に革新的なアプローチで世界一の称号をほしいままにしていきました。

スポーツの表彰式などで行われている「シャンパンファイト」や結婚式やイベントなどを華やかに彩ってくれる「シャンパンタワー」などはモエ・エ・シャンドンが起源とされています。

こうした常識を覆すような施策の数々が、モエ・エ・シャンドンが時代を越えて愛され続ける理由なのかもしれません。

シャンパンの買取一覧へ戻る