高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

テタンジェの買取・査定

(Taittinger)

テタンジェ(Taittinger)

生産情報

生産国
フランス
地方
シャンパーニュ
地区
コート・デ・ブラン

詳細

分類
スパークリングワイン
タイプ
辛口
ブドウ品種
シャルドネ

高価買取ランク

rank4

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

テタンジェの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

テタンジェ(Taittinger )の特徴

テタンジェはどのようにして作られているのでしょうか。それは約270ヘクタールにも及ぶ広大なブドウ畑を所有していることから始まります。ここで白ブドウの品種であるシャルドネを生産しており、シャンパン作りに使われるブドウの50%をこの畑で生産しています。

 

 

また、自社での高いブドウ自給率のほかに、優秀なブドウ畑を持っている農家と長期契約をして安定的にブドウを入手しているのです。シャルドネという品種はじっくりと熟成させることにより繊細でみずみずしい香りを持ち、ネックレスのようにきめ細かい泡が立ち上ります。テタンジェは徹底した管理のもとで生産・入手した良質のシャルドネを多く用いてシャンパン作りをしているため、結果エレガントで上品な味わいのシャンパンが生み出されているというわけです。
また、テタンジェの味わいにおけるもうひとつの秘密はシャンパンを熟成するための貯蔵庫に秘められています。カーヴと呼ばれるその貯蔵庫はローマ時代に白亜質石灰石が切り出された後の地下道を利用したものであり、かつてサン・ニケーズ修道院の地下礼拝堂でした。またフランス革命の際には修道僧たちが逃れてきたと言われており、現在でも彼らが祈りを捧げたと言われるサン・ニケーズの像が奉られています。

 

2015年にはユネスコの世界遺産の諮問機関である国際記念物遺跡会議(ICOMOS=イコモス)が、テタンジェのカーヴをランスにある丘陵地や他のシャンパン・メゾンと同様に世界遺産に登録するよう勧告しました。このようにテタンジェのカーヴは、単なる貯蔵庫としての役割だけでなく、シャンパーニュ地方の歴史と文化を担っているものであるとも言えます。天然の貯蔵庫は吐く息も白くなるほどの温度ですが、石灰石でできたカーヴはほどよく湿気を吸い、熟成に適した環境になっています。

 

歴史と文化、そして自然の力が重なり合ったこの貯蔵庫で最高の熟成期間を経ることにより、テタンジェが持つ上品で非常にエレガントな味わいの中に、雄大さや荘厳な空気までをも含む独自のシャンパンが仕上がるのです。

歴史

その昔、フランス北部にあるランス市にてシャンパーニュ商のジャック・フルノーが、シャンパン・メゾンを創立し18世紀初頭に同市のサン・ニケーズ修道院などと共にシャンパーニュ地方で最高と言われるブドウ畑を手に入れたことから始まります。
その最高のブドウ畑というのが、「レ・フォリ」と呼ばれるブドウ畑でした。驚くほど(FOLLY=ばかげた)急斜面のブドウ畑であったことにその名前は由来するのですが、しかしこれは最高のブドウができるとても大切な条件のひとつなのです。

 

サン・ニケーズ修道院の神父であったフリアール・ウダールがそのレ・フォリから小規模ながらもシャンパンを作っていました。「Taittinger Les Folies de la Marquetterieテタンジェ・レ・フォリ・ド・ラ・マルケトリー」という名前の付いたシャンパンがあるほど、この畑はテタンジェの伝統をつくる大きな一歩だったのです。この畑は現在もテタンジェが所有しています。
このブドウ畑のそばにはフォレスト・フルノー社が所有するマルケトリー城がありました。第1次世界大戦中、この城に将校として駐留していたピエール・シャルル・テタンジェがこの城をたいへん気に入り、その後購入して住み始めました。そしてレ・フォリで育った高品質のぶどうから作られたとても美味しいシャンパンに出会うのです。こんなに美味しいシャンパンは飲むだけではなく作ってしまおうということで・フォレスト・フルノー社を買い取り、シャンパン・メゾン「テタンジェ」が誕生しました。
「テタンジェ」の名前でシャンパンが売り出されるようになったのは1930年からです。現在では数少ない同族経営のシャンパン・メゾンとして知られ、高い品質と伝統を守っているシャンパーニュ地方を代表するメゾンとなっています。 またテタンジェグループとして、パリのホテル・クリヨン、コンコルド・ホテル、クリスタルガラスのバカラ社などが経営されており、どれも業績が好調です。

エピソード

現在、テタンジェ社を率いているのは4代目当主ピエール・エマニュエル・テタンジェです。彼は数あるシャンパン・メゾンの枠にとらわれず、シャンパン全体の意識改革に熱心なことで知られています。 シャンパンを幸福のシンボルと考えており、シャンパンを手にする人に幸せを届けることをテタンジェの使命として捉え、長い歴史や伝統を守りながらも常に新しいものを追い求めています。
そのひとつに、アーティストがボトルをデザインした「テタンジェ・コレクション」があり、前衛的なそれらはシャンパンボトルそのものをアート作品のように見せています。特別なヴィンテージだけにほどこされるこれらのボトルデザインは、1978年に初めて発売されて以降、わずか12種類しかありません。
また「プレリュード」や「ノクターン」といった音楽にちなんだ名前が付けられているものもあります。「Prélude Grand Cruプレリュード・グランクリュ」というシャンパンは、みずみずしいライムの香りの後に花の蜜のような甘い香りが味わえるふくよかな仕上がりになっており、Prélude =前奏曲という名前のとおり、お祝い事など晴れやかなスタートを切る場面を華やかに演出してくれることでしょう。

 

また「Nocturne Secノクターン・セック」というシャンパンは、熟した果実と桃の甘い香りが漂い、やわらかで芳醇な味わいを楽しめるやや辛口の仕上がりとなっています。 Nocturne=夜想曲ということで、いつもとは違う夜を深く静かに演出するのにぴったりのシャンパンといえます。

 

テタンジェのエレガントで上品なシャンパンは、ブドウの生産から醸造、熟成に至るまで長い時間を必要とします。その生産過程では、そのシャンパンが最高の出来になるよう多くの人が心をくだき、しっかりとした仕事をしています。歴史や文化だけでなく、彼らの思いや時間までもが溶け込んだ黄金色のシャンパンを、人生の節目や素晴らしい時間の中で楽しんでみてはいかがでしょうか。華やかなその瞬間を、きっと喜びで満たしてくれることでしょう。

シャンパンの買取一覧へ戻る