高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

十四代 龍泉の買取・査定

(Jyuyondai Ryusen)

十四代 龍泉(Jyuyondai   Ryusen)

生産情報

生産国
日本
地方
山形

詳細

分類
日本酒
タイプ
純米大吟醸
主原料
龍の落とし子

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

十四代 龍泉の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

十四代 龍泉(Jyuyondai Ryusen)の特徴

十四代 龍泉は、「入手困難」や「幻の酒」とうたわれている十四代シリーズの中でも頂点に君臨している日本酒です。
入手困難の理由は、年間生産量が二千五百石という地方の小さな蔵で製造されていて、そのなかでも生産量が少ないためです。龍泉は毎年製造されているわけではないのです。しかし、生産量が少ない分、水や米にこだわり一本一本が丁寧作られています。

 

仕込水は山形の大自然から湧き出た「桜清水」を使用し、米も製造している高木酒造が日本酒にあうように独自開発したものを使用しています。独自開発米である「龍の落とし子」を35%まで磨きあげ、低温でじっくりと酵母させた後、丁寧に搾った雫を斗壜に入れて氷温で熟成させた、最高峰の純米大吟醸酒です。また、火入れせずに出荷される「揚げふね」もこだわりのひとつでしょう。お酒は一般的に火入れ処理をされてから出荷されますが、火入れされないことで、しぼりたての爽やかとしたフルーティーな味わいになるのです。20貫のお米がから7垂しか取れないお酒であることも希少価値を高める原因でしょう。
さらに幻の酒の理由としては、ネット環境が整いPCやスマフォで商品情報を検索したり購入できるこの時代に、高木酒造はホームページを持たないことも挙げられます。そのため、定価での購入は難しく、高木酒造が厳選した酒屋店を見つけるか、店頭販売してくれるところを見つけることが必要となります。

 

しかし、店頭販売してくれるお店の多くは一般販売はしていません。販売してもらうためには、抽選販売や抱き合わせ販売に応募するか、お酒を多く買いお得意様販売をしてもらうしかないのです。あとは、高価な値段で取引されるオークションや通販、もしくはお酒の買取店での購入となります。しかし、オークションや通販は保管状況が悪い可能があるので、口コミ情報などを確認してから購入することをおすすめします。それに対し、お酒の買取店では一度プロの鑑定士がチェックが入っているので安心して購入できるでしょう。十四代 龍泉は、「入手困難」や「幻の酒」とうたわれている十四代シリーズの中でも頂点に君臨している日本酒です。
入手困難の理由は、年間生産量が二千五百石という地方の小さな蔵で製造されていて、そのなかでも生産量が少ないためです。龍泉は毎年製造されているわけではないのです。しかし、生産量が少ない分、水や米にこだわり一本一本が丁寧作られています。仕込水は山形の大自然から湧き出た「桜清水」を使用し、米も製造している高木酒造が日本酒にあうように独自開発したものを使用しています。

 

独自開発米である「龍の落とし子」を35%まで磨きあげ、低温でじっくりと酵母させた後、丁寧に搾った雫を斗壜に入れて氷温で熟成させた、最高峰の純米大吟醸酒です。また、火入れせずに出荷される「揚げふね」もこだわりのひとつでしょう。お酒は一般的に火入れ処理をされてから出荷されますが、火入れされないことで、しぼりたての爽やかとしたフルーティーな味わいになるのです。20貫のお米がから7垂しか取れないお酒であることも希少価値を高める原因でしょう。
さらに幻の酒の理由としては、ネット環境が整いPCやスマフォで商品情報を検索したり購入できるこの時代に、高木酒造はホームページを持たないことも挙げられます。そのため、定価での購入は難しく、高木酒造が厳選した酒屋店を見つけるか、店頭販売してくれるところを見つけることが必要となります。しかし、店頭販売してくれるお店の多くは一般販売はしていません。販売してもらうためには、抽選販売や抱き合わせ販売に応募するか、お酒を多く買いお得意様販売をしてもらうしかないのです。あとは、高価な値段で取引されるオークションや通販、もしくはお酒の買取店での購入となります。しかし、オークションや通販は保管状況が悪い可能があるので、口コミ情報などを確認してから購入することをおすすめします。それに対し、お酒の買取店では一度プロの鑑定士がチェックが入っているので安心して購入できるでしょう。

歴史

高木酒造は1615年の江戸時代初期に始められた創業400年の歴史と伝統の技を持つ老舗です。もともと「十四代」という銘柄の前に、「天泉朝日鷹」というブランドで県内に向けて製造しており、地元民に愛されていた地酒です。

 

「十四代」という銘柄のきっかけは、昭和40年代初期に14代目当主の高木辰五郎さんが十三代から十六代まで特許申請したところ、十四代だけ特許申請を通過したことによります。それから数年は、「十四代秘蔵酒」という純米古酒のブランド名で出荷されていました。
東京農大醸造学科卒業後に百貨店に勤めていた15代目当主の高木顕統さんは、日本酒の端麗辛口にマンネリ感が出始めた1990年代の潮流にいち早く気づき、造りをはじめた銘柄が「十四代」です。1994年に首都圏に営業を開始し、問屋を通さず、日本酒の保管環境が整った小売店や飲食店に売り込みました。

 

そこで、最も安い酒でもとてつもなく旨いとの信頼を獲得。さらに、酒造専門用語を使った名前や高級店の薄暗がりの中でも浮き上がるデザインにするなどラベルに工夫を凝らすことは、それまでになかった試みです。
当然中身に対する工夫もされています。端麗辛口に対抗するために使った手法は「揚げふね」で、しぼりたての爽やかとしたフルーティーな味わいが日本酒の新な人気と地位を確立しました。そこから、「十四代」は年間約20種類を造り分け、近代的技法を駆使し独自の酒米である「酒未来」、「龍の落とし子」、「羽州誉」を開発していきます。
「十四代 龍泉」で使用されている酒米「龍の落とし子」は1999年に14代目当主の高木辰五郎さんが自らの手によって開発されました。「龍の落とし子」は、父系に山田錦と金紋錦を交配した「山酒4号」と、母系にたかね錦に放射線処理を施した際に突然異変によって生まれた「美山錦」に18年の手間ひまをかけられ交配・育種を重ねた酒造好適米です。
「十四代 龍泉」は、400年の歴史の中でつちかわれた伝統の技と近代的技法を駆使し開発された「龍の落とし子」が造り出したお酒です。高木酒造だけでしか味わえない日本酒と言えるでしょう。高木酒造は1615年の江戸時代初期に始められた創業400年の歴史と伝統の技を持つ老舗です。

 

もともと「十四代」という銘柄の前に、「天泉朝日鷹」というブランドで県内に向けて製造しており、地元民に愛されていた地酒です。「十四代」という銘柄のきっかけは、昭和40年代初期に14代目当主の高木辰五郎さんが十三代から十六代まで特許申請したところ、十四代だけ特許申請を通過したことによります。それから数年は、「十四代秘蔵酒」という純米古酒のブランド名で出荷されていました。
東京農大醸造学科卒業後に百貨店に勤めていた15代目当主の高木顕統さんは、日本酒の端麗辛口にマンネリ感が出始めた1990年代の潮流にいち早く気づき、造りをはじめた銘柄が「十四代」です。1994年に首都圏に営業を開始し、問屋を通さず、日本酒の保管環境が整った小売店や飲食店に売り込みました。そこで、最も安い酒でもとてつもなく旨いとの信頼を獲得。さらに、酒造専門用語を使った名前や高級店の薄暗がりの中でも浮き上がるデザインにするなどラベルに工夫を凝らすことは、それまでになかった試みです。
当然中身に対する工夫もされています。端麗辛口に対抗するために使った手法は「揚げふね」で、しぼりたての爽やかとしたフルーティーな味わいが日本酒の新な人気と地位を確立しました。そこから、「十四代」は年間約20種類を造り分け、近代的技法を駆使し独自の酒米である「酒未来」、「龍の落とし子」、「羽州誉」を開発していきます。
「十四代 龍泉」で使用されている酒米「龍の落とし子」は1999年に14代目当主の高木辰五郎さんが自らの手によって開発されました。「龍の落とし子」は、父系に山田錦と金紋錦を交配した「山酒4号」と、母系にたかね錦に放射線処理を施した際に突然異変によって生まれた「美山錦」に18年の手間ひまをかけられ交配・育種を重ねた酒造好適米です。
「十四代 龍泉」は、400年の歴史の中でつちかわれた伝統の技と近代的技法を駆使し開発された「龍の落とし子」が造り出したお酒です。高木酒造だけでしか味わえない日本酒と言えるでしょう。

エピソード

十四代 龍泉のボトルは2種類あります。発売当初から2010年頃まで製造されたものと現在製造されているものです。
発売当初から2010年頃まで製造されたものはデザインボトルでコレクターの人気を集め、希少性がますます高くなる一品でしょう。こちらは、デキャンタボトルに入れられており、形は高木酒造のシンボルマークであるひょうたん型をベースに曲線美が光るデザインで、「柑子口」と呼ばれる口縁部が丸く膨らんでいる器形です。

 

これは、中国の明王朝宮廷時代に親しまれた瓶の形で、透き通るガラス瓶は真紅の宝石であるルビーやガーネットのような美しい色合いです。また、口栓には、ギヤマンというガラス細工が施されており、十四本のダイヤモンドカットが入っています。真紅のボトルに金色で刻印された十四代 龍泉のシンボルマークは、全体の壮麗で華やかなデザイン引き出しているでしょう。ボトルの装丁する箱も真紅でシンボルマークが金色で刻印されています。ちなみに精米歩合は40%です。
現在製造されているものは、他の十四代の銘柄と同じひょうたん型の瓶に和紙のラベルが貼られています。柔らかな色合いを持つ生成り色の和紙には、力強く筆で書かれた黒字の「龍泉」。それより少し小さめに書かれた「十四代」は金色で暗闇でも見つけやすい工夫がされています。

 

十四代 龍泉のシンボルマークは、ラベルの上の位置に小さく彫り込まれているだけで、あまり自己主張していません。瓶の色は紫色ベースとした黒に近い色で金色の機械式栓がされています。以前の華麗な真紅の瓶に比べると簡素ですが、その分おもむきある風格がただよいます。ボトルの装丁する箱も同じ赤色ですが以前より鮮やかではなく、落ち着いた色合いに。
十四代 龍泉のシンボルマークは、香港の彫師である陳錦栄さんよるもので、雲の中を昇天する二匹の龍が向き合う間に漢字の「泉」を少し崩したデザインが収まっています。ちなみに精米歩合は35%となり、以前より質を上げた純米大吟醸です。十四代 龍泉のボトルは2種類あります。発売当初から2010年頃まで製造されたものと現在製造されているものです。
発売当初から2010年頃まで製造されたものはデザインボトルでコレクターの人気を集め、希少性がますます高くなる一品でしょう。こちらは、デキャンタボトルに入れられており、形は高木酒造のシンボルマークであるひょうたん型をベースに曲線美が光るデザインで、「柑子口」と呼ばれる口縁部が丸く膨らんでいる器形です。

 

これは、中国の明王朝宮廷時代に親しまれた瓶の形で、透き通るガラス瓶は真紅の宝石であるルビーやガーネットのような美しい色合いです。また、口栓には、ギヤマンというガラス細工が施されており、十四本のダイヤモンドカットが入っています。真紅のボトルに金色で刻印された十四代 龍泉のシンボルマークは、全体の壮麗で華やかなデザイン引き出しているでしょう。ボトルの装丁する箱も真紅でシンボルマークが金色で刻印されています。ちなみに精米歩合は40%です。
現在製造されているものは、他の十四代の銘柄と同じひょうたん型の瓶に和紙のラベルが貼られています。柔らかな色合いを持つ生成り色の和紙には、力強く筆で書かれた黒字の「龍泉」。それより少し小さめに書かれた「十四代」は金色で暗闇でも見つけやすい工夫がされています。

 

十四代 龍泉のシンボルマークは、ラベルの上の位置に小さく彫り込まれているだけで、あまり自己主張していません。瓶の色は紫色ベースとした黒に近い色で金色の機械式栓がされています。以前の華麗な真紅の瓶に比べると簡素ですが、その分おもむきある風格がただよいます。ボトルの装丁する箱も同じ赤色ですが以前より鮮やかではなく、落ち着いた色合いに。
十四代 龍泉のシンボルマークは、香港の彫師である陳錦栄さんよるもので、雲の中を昇天する二匹の龍が向き合う間に漢字の「泉」を少し崩したデザインが収まっています。ちなみに精米歩合は35%となり、以前より質を上げた純米大吟醸です。

日本酒の買取一覧へ戻る

関連カテゴリ