高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

十四代 本丸 秘伝玉返し 角新本丸の買取・査定

(Zyuuyondai Honmaru Hidentamagaeshi Kakushinhonmaru)

十四代 本丸 秘伝玉返し 角新本丸(Zyuuyondai Honmaru Hidentamagaeshi Kakushinhonmaru)

生産情報

生産国
日本
地方
山形県村山市

詳細

分類
日本酒
タイプ
本醸造酒(ほんじょうぞうしゅ)
主原料
米、米麹、醸造用アルコール

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

十四代 本丸 秘伝玉返し 角新本丸の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

十四代 本丸 秘伝 玉返し(Zyuuyondai Honmaru Hidentamagaeshi Kakushinhonmaru)の特徴

十四代 本丸 秘伝玉返し 角新本丸は、山形県にある高木酒造が製造を行っている本醸造酒です。新酒の生酒で、12月中旬ごろに販売される、期間限定品の角新シリーズの1つとなります。生酒というのは、加熱による殺菌処理を行っていない文字通り生きた酒のため、保存時には低温で置いておく必要があります。
緑色の酒瓶には、首の部分に金文字で「本丸」と赤い四角で囲まれた「新」の文字、そしてラベルには十四代のロゴの横に「秘伝玉返し」と筆文字で書かれています。液体の透明度は外から見てもよく分かります。

 
多くの種類がある十四代のうち、生酒のシリーズは比較的近年になってから販売が始められたもので、その銘柄にはすべてに角新の表記が加えられています。
十四代 本丸 秘伝玉返し 角新本丸は、開栓してすぐに立ち上ってくるフルーティーな香りが特徴的な生酒です。
アルコール度数は15度で、精米歩合は55%と吟醸酒に近い割合まで削られています。酸味がやや強く、米の旨みと甘さがほど良く釣り合っています。香味は、メロンなどの南国風の果実に似ていて、吟醸酒と比べても遜色のない豊潤さがあります。

 
また、飲んだ後は徐々に甘さが感じられてくるので飲みやすく、きれがあります。味はすっきり系で、十四代シリーズの中ではやや酸味が強い部類だと言えるでしょう。
秘伝玉返しの「玉」とは、玉酒と言われるもので、高木酒造で自家製造された純米粕取り焼酎を水で割ったものです。アルコールの添加にも、このような高品質な原酒が使用されているため、本醸造酒でありながら本醸造酒を超えた味と香りを持っています。アルコール臭が少ないため、日本酒が苦手な人でも口にしやすいお酒に仕上げがっています。

 
冷や・燗ともに深い味わいを感じられますが、フレッシュさを楽しむためにはやや冷やして飲むとフルーティーさがより引き立ちます。賞味期限が製造美から2カ月間と短いため、保存状態に気をつけながらなるべく早いうちに飲むことが推奨されます。時間が経ってしまうと、角新本丸が持っている本来の風味を十分に感じることが出来なくなります。とてもデリケートなお酒ですが、新酒を使った生酒であるため、酒蔵で搾りたての味と香りをじっくりと味わえるのです。

歴史

高木酒造が酒造りを始めたのは江戸時代初期のことで、400年前の1615年に創業されました。高木家は、京都から戦乱を逃れてきた公家の家系と言われ、先代の当主となる高木辰五郎は地元の政治家としても活躍しています。

 
現在の当主は第15代目となる高木顕統で、25歳時よりこの酒蔵を引き継いでいます。
彼は、元東京の大手デパートで酒類の仕入を担当しており、大学は東京農業大学の醸造学科を卒業しています。大学在学時には、現在鹿児島で富乃宝山や吉兆宝山などの人気焼酎を生み出している、醸造家の西陽一郎がいました。当時の日本酒界の潮流に満足していなかった2人は、酒を酌み交わしながらそれぞれの分野で日本一になることを誓い合ったとされています。

 
高木顕統は、実家の酒造業から引退した高齢の杜氏に代わって、前例のない当主による杜氏を務めることになります。日本の酒造りには、醸造を担当する杜氏と、営業を担当する蔵元との分業体制が古くから敷かれていました。しかし、先代辰五郎は、県議会議員として多忙だったこともあり、長男の顕統に杜氏の職に就くことを請います。

 
高木辰五郎は、蒸留器を自作したこともあるという先取の気質を持った人物で、いち早く顕統の酒造りの才能を見抜いていたのです。彼が、杜氏として仕事を始めた年には試行錯誤の連続で、何度も大学の恩師らに電話で仕込みに関する相談をしていたと言います。やがて完成した日本酒こそが、今では日本酒好きの間では著名なブランドとなっている「十四代」の純米大吟醸酒でした。

 
この日本酒の出来は、辰五郎を感動させただけでなく、蔵人たちも驚かせることになりました。顕統は、この稀代の大吟醸酒を「愛と根性で造った」と述べています。
高木酒造の日本酒は、そのブランド戦略にも秀でていて、東京の池袋にある居酒屋「串駒」の大林禎にも早くから売り込みを行っています。問屋を通さず、温度管理などの点で信頼出来る酒屋や飲食店にのみ製品を卸すという手法は、地道な努力が必要となるものでしたが、デリケートな特徴を持つ高木酒造の日本酒にとっては必要不可欠なものだったと言えます。

 
「十四代」は、雑誌やテレビなどのメディアで紹介されたことにより、次第に地酒界を代表する名酒の地位を得ていきます。大吟醸を始めとして、焼酎や本醸造など様々なタイプのブランドも揃えられていきました。高木醸造として初めての生酒となる「十四代 本丸 角新」は、2011年が最初のリリースの年となりました。

エピソード

高木酒造の15代当主顕統と、元サッカー選手中田英寿との交流はよく知られています。彼は、2016年にJAPAN CRAFT SAKE COMPANYを設立するなど、実業家への転身後は日本酒への関心を強く持っています。

 
中田英寿は、日本酒への造詣を深めるために日本全国の酒蔵を探訪しました。そして、日本酒の良さを世界に向けて発信したいという希望を抱いていくようになります。
2012年には、ニューヨークの高級和食店を訪れた彼が「十四代」を味わう様子がテレビで放送され、番組を通して多くの反響を生みました。十四代の芳醇な味わいに魅了された彼は、高木酒造だけでなく当主顕統との関係も深めていきます。トークイベントなどで共演する機会も増え、やがて事業も共同で手がけるようになりました。

 
そして、2013年には2人の手によって開発された日本酒が発表されるに至りました。「N」と呼ばれるその清酒は、独特のパッケージングがなされていて、スタイリッシュなアルミ製のボトルに収められています。酒米には35%まで精米された愛山と山田錦が使用されており、わずか900本のみとなる限定生産品でした。
また、高木顕統は、日本酒の保存方法として温度管理へのこだわりを持っている人物です。このことは、中田がやがて日本酒専用のセラーを生み出すことにもつながっていきます。

 
中田英寿と高木顕統との対談は、「革新者」というテレビ番組の中でも行われています。この番組では、中田が高木酒造の酒蔵を訪問した時の様子もVTRに映し出されています。中田は、ただビジネス・パートナーとして訪れただけでなく、酒米の蒸し加減を調べるために、米を手に取ってひねり餅を作るほどの情熱と愛着を持っていたのです。スタジオ収録の際に持ち込まれていたのは、番組タイトルに合わせた「角新」のボトルでした。

 
中田英寿による、高木酒造の紹介には、いつも力が込められています。酒蔵を訪問した折には、その内部の様子も直々に撮影してカメラに収め、資料などを作成しています。
中田英寿は、オリンピック開催中のロンドンを皮切りとして、期間限定で日本酒を紹介するバーを世界各国で開催しました。このプロジェクトはSAKENOMYと呼ばれ、イタリアやブラジルなど、海を越えた国々へと日本酒文化を発信しています。

日本酒の買取一覧へ戻る

関連カテゴリ