高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

錦江の買取・査定

(kinkou)

錦江(kinkou)

生産情報

生産国    
日本
地方
鹿児島
蔵元
森伊蔵酒造

詳細

分類 
焼酎
タイプ 
芋焼酎  
原材料
さつまいも

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

錦江の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

錦江の特徴

「錦江」は森伊蔵の前身であり、森伊蔵の中でも最も高価で取引されていると言われている焼酎です。

ご存知の通り「魔王」「村尾」とともに3Mと称されている森伊蔵ですが、最初から森伊蔵が造られていたわけではなく、5代目の当主が4代目の父である森伊蔵氏の名前をとってつけられました。

歴史

かつては垂水市で直接販売していたこともあったそうですが発売日に森伊蔵を求めて集まった人々が全国からやってきて、あまりにもの人数の多さに警察が出動する騒ぎになったことから電話受付に販売方法を変更しています。

その電話受付でも2時間に100万本を超える問い合わせが殺到し、電話の交換機が停止するという事件が起こってしまったため、電話で受けた中から抽選で販売する現在の形式になりました。

なぜそこまで人気があるかというと5代目の当主に秘密がありました。

当時の森伊蔵(錦江)は色々な酒屋を回って景品をつけたりして1本でも多く買ってもらおうという努力をしていました。

その当時は大量生産、大量消費の時代で大手メーカーがCMを打ち出してほとんどのシェアを奪っていた状態でした。

現在のように知名度があるわけではなかったのです。

その光景を見ていた5代目の当主は考えを180度変えて、酒屋が買ってくれないならお客様が買いに来る焼酎を造ろうと思い立ちます。

お酒が得意ではなく、酒類業界に足を踏み入れたばかりの5代目だから考えついたことでした。

それまでは仲買の人に任せていた原材料の芋を農家と独自に契約を結ぶことで低農薬の呂質な芋を確保できるようにしました。

また、垂水市は「水が垂れる」とかき、水が美味しいことでも有名です。

仕込みにその水を使うことで飲みやすい焼酎に仕上がるのだといいます。

麹にも流行りの黒麹を使うことは一切せずにまろやかな味わいになる白麹を使っています。

 

また、昔から自生している蔵内の酵母の助けを借りることで美味しい焼酎が出来上がります。

製造方法をかえることで今までにはなかった芋焼酎特有の臭みのない    上質な香りの焼酎が誕生しました。

 

普段焼酎を飲まない人にも美味しく味わえると口コミで評判になり、人気に火が付きました。

人気を博している現在でも品質を保つために生産量を上げることはしていません。

エピソード

現在では知らない人はいないとも言われている「森伊蔵」の名前の由来は4代目当主森伊蔵氏です。

当時は亡くなった偉人の名前や地名を焼酎につけることが多かったが現存する人名をそのまま商品名にすることは珍しく、その後人名をつけることが流行りだしたほどでした。

 

また、当時は「手造り焼酎」という名前をつけた焼酎が多くあり、とあるメーカーが一世を風靡していました。

森伊蔵酒造はそんな流行りに乗らずに、昔から蔵にあった「かめつぼ」で仕込んでいたことから「かめつぼ焼酎」と銘打って販売しました。

 

現在、焼酎で多く使われている「かめつぼ仕込み」の元祖でもあったのです。

しかし、発売当初から今の様な人気があったわけではありませんでした。

当時は日本酒ブームということもあり、無名の焼酎メーカーがつくった焼酎は見向きもされませんでした。

しかし5代目当主は必ず売れると信じ、そのまろやかでフルーティーな味わいが口コミで評判となり次第に売上げが伸びていきました。

 

森伊蔵の予約をするために徹夜で並ぶ人もいたそうです。

そして、現在では「魔王」「村尾」に並ぶ、最も手に入りにくい焼酎として上げられています。

この3つは特に「3M」と呼ばれ、根強い人気を博しています。

 

森伊蔵の人気は国内に留まるところを知らず、国外にも人気です。

フランスの元大統領ジャック・シラク氏も森伊蔵の虜になった一人です。

大相撲のファンであったシラク氏が相撲の観戦後の食事会で出された「森伊蔵」を口にした時にブランデーよりも美味しいと大変気に入ったといいます。

当時のトヨタ自動車の社長がレジオンドヌール勲章を受けたお礼として森伊蔵12本を持参したところ、叙勲式で「これ以上嬉しいことはない」とコメントした程です。

 

焼酎の買取一覧へ戻る

関連カテゴリ

焼酎の買取商品カテゴリ