高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

ヴァン・ウィンクルの買取・査定

(Van Winkle)

ヴァン・ウィンクル(Van Winkle)

生産情報

生産国
アメリカ合衆国
地域
ケンタッキー州
地区
フランクフォート
作り手
ヴァン・ウィンクル家

詳細

分類
ウィスキー
タイプ
バーボン、ライ
原材料
コーン、小麦、大麦(ヴァン・ウィンクル・ファミリー・リザーブ・ライのみライ麦を含む)

高価買取ランク

rank4

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

ヴァン・ウィンクルの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ヴァン ウィンクル(Van Winkle)の特徴

ヴァン・ウィンクルの製造を行っている、オールド・リップ・ヴァン・ウィンクル社は、現在も残る数少ない独立系のバーボンウィスキーとライウィスキーのメーカーです。独立系ならではの昔と変わらない小規模な手作り製法で、販売するすべての銘柄が10年以上という長期熟成のウィスキーを製造しているため、年間の販売数は非常に少なく、すべてのボトルには、手書きでボトルナンバーが記入されています。こういった希少性から値段も高いため、普段飲みのお酒としては利用できませんが、通好みのお酒としてバーボンウィスキーファンの間で高い人気を誇っています。
多くのバーボンウィスキーの材料には、コーン、小麦、ライ麦が利用されてますが、ヴァン・ウィンクルのバーボンウィスキーは、ライ麦の代わりに大麦を使って製造しています。また、原材料の吟味、配合率の調整、熟成のすべては、初代から継承されてきたレシピに沿って、オールド・リップ・ヴァン・ウィンクル社の現在の当主である、ヴァン・ウィンクル3世が管理しています。最終的には、マスターディスティラーと共に行われる厳正な品質チェックを合格した樽だけが、商品としてボトル詰めされて出荷されます。
ヴァン・ウィンクルは、現在、濃度(アルコール度数)や原材料の違いで6銘柄のウィスキーを製造しています。オールド・リップ・ヴァン・ウィンクルは、ソフトな口当たり、骨太な味わい、さらに、スムースなのど越しを実現し、飲んだ後も味わいが長く続くのが特徴です。長期熟成と、樽からボトルへ詰め替える時間を極力短くすることで実現した、複雑で豊かな香りも特徴です。

 

また、ライ・ウィスキーのヴァン・ウィンクル・ファミリー・リザーブ・ライは、他社のライウィスキーのほとんどが4年以内の熟成期間なのに対し、13年の熟成をした結果、コカ・バニラ・ホワイトペッパーのニュアンスの香りがたちこめる芳醇なライウィスキーに仕上がっています。ヴァン・ウィンクル・スペシャル・リザーブは、最高の熟成期間と濃度のバランスを実現したバーボンウィスキーで、コニャックウィスキーのような上品で深い味わいが特徴です。

歴史

ヴァン・ウィンクルは、ヴァン・ウィンクル家によって1800年代から販売されてきたウィスキーですが、オールド・リップ・ヴァン・ウィンクル社として販売されたのは、2代目のジュリアン・ジュニア・ヴァン・ウィンクルからです。
初代のジュリアン・パピー・ヴァン・ウィンクルは、馬や馬車でアメリカ中を旅しながらW.L.ウェラー社のお酒を販売するセールスマンでした。彼は彼の友人のアレックス・フランスリーとともに、卸売り会社であったスティッツェル社のW.L.ウェラー社による買収に関与し、61歳の時に、サウスルイスにスティッツェル・ウェラー社を設立します。彼は91歳のときに、重いいインフルエンザでこの世を去りました。
息子のジュリアン・ジュニア・ヴァン・ウィンクルは、1972年に株主からの要請により、スティッツェル・ウェラー社の醸造所とウィスキーのブランドを株主に対して売却します。そして、彼に唯一残されたオールド・リップ・ヴァン・ウィンクルのブランドでバーボンウィスキーの販売をはじめます。
1981年にジュリアン・ジュニアが無くなると、ヴァン・ウィンクル3世が父の意志をついで、高い品質のバーボンウィスキーの製造と、販売を受け継ぎます。また、2001年には、ヴァン・ウィンクル3世の息子のプレストン・ヴァン・ウィンクルも会社に合流し、4代に渡ってウィスキーの製造に取り組んでいます。
当初、ヴァン・ウィンクルブランドのウィスキーの製造はウェラー社で行われていましたが、現在、ウェラー社は同社のウィスキーの蒸留も休止し、別のグループ会社で製造を行っています。そういった背景もあり、オールド・リップ・ヴァン・ウィンクル社は、同じケンタッキー州フランクフォートにある、バッファロー・トレース・ディステラリーとジョイントベンチャーを起こし、こちらでウィスキーの醸造を行っています。前述のとおり、蒸留所が変わっても、すべての製造は、ヴァン・ウィンクル家のレシピに従い、ヴァン・ウィンクル家の当主による管理が行われているため、その品質は維持されています。

逸話

オールド・リップ・ヴァン・ウィンクル社の社名は、ヴァン・ウィンクル家の名前と、小説の中の主人公の名前から来ています。ワシントン・アーヴィングというアメリカの小説家が書いた「スケッチ・ブック」という作品の中の1話にある物語では、恐妻家のリップ・ヴァン・ウィンクルの不思議な体験がつづられています。

 

見知らぬ老人に頼まれて酒を運ぶのを手伝ったリップが、酒を運んだ先でついつい酒と遊びに興じたところ、20年もの月日がたってしまったという話で、この物語から、リップ・ヴァン・ウィンクルには、時代遅れという意味が含まれるようになっています。2代目のジュリアン・ジュニア・ヴァン・ウィンクルが、オールド・リップ・ヴァン・ウィンクル社を立ち上げるとき、昔ながらの製法で少量生産を行うことにリップ・ヴァン・ウィンクルの意味を掛けたのは、古臭いやり方に対する誇りが伺えます。
ヴァン・ウィンクルの銘柄は、評論家などからも高い評価を得ており、ポール・パクルツ・スピリット・ジャーナルでは、ヴァン・ウィンクル・スペシャルリザーブ12年が「美しいバランス」と評され、パピー・ヴァン・ウィンクルズ・ファミリー・リザーブ15年が「最高ランク」と評され、パピー・ヴァン・ウィンクルズ・ファミリー・リザーブ15年とヴァン・ウィンクル・ファミリー・リザーブ・ライ13年は、5星の評価をもらっています。

 

さらに、アルコール飲料の評価を行う、ビバレッジ・テイスティング・インシュアランスでは、全ての銘柄が100点中90点以上の評価を得ており、特に、パピー・ヴァン・ウィンクルズ・ファミリー・リザーブ20年は99点という点数を獲得しています。
アメリカのガーデン&ガンの記事で、ヴァン・ウィンクル3世は、取引先の酒屋へは春と秋に半ダース(6本)づつしか卸せないと話しています。こういった希少性と、カルトなファンの存在から、棚にヴァン・ウィンクルを展示していたミシガン州の酒屋では、客に銃で店員が脅されたというエピソードがあり、取り扱いについて気をつけるようヴァン・ウィンクル自身が忠告しています。

ウィスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ