高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

イチローズ・モルト ジョーカー カラーの買取・査定

(Ichiro's malt CARD JOKER color)

イチローズ・モルト ジョーカー カラー(Ichiro's malt  CARD JOKER color)

生産情報

生産国
日本
地域
埼玉県
地区
秩父市
みどりが丘
作り手
ベンチャーウイスキー

詳細

分類
ジャパニーズウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

イチローズ・モルト ジョーカー カラーの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

イチローズモルト キングオブスペーズ 1986-2007 ファースト(king of spades 1986-2007)の特徴

今や世界五大ウイスキーの一角として、世界でも認められるウイスキー生産国となった日本。そんな日本のウイスキーメーカーといえば、山崎蒸留所で有名なサントリーや余市蒸留所のニッカなどがよく知られているのではないでしょうか。
しかし、日本にはそんな有名メーカー以外にも高品質なウイスキーを造り続けているウイスキーメーカーがいくつもあります。近年、そのクオリティの高さから一気に知名度を上げたウイスキーが、ベンチャーウイスキーが製造する「イチローズモルト」です。
2004年に肥土伊知郎(あくといちろう)氏が設立したベンチャーウイスキー、そしてイチローズモルトは、小規模であるがゆえにこだわりにこだわり抜いたウイスキーを造り続けたことから、大勢のウイスキーファンに認められ、今や高級ウイスキーの仲間入りを果たした、まさにジャパニーズウイスキー界の麒麟児です。

歴史

イチローズモルトのなかでも最もコレクター魂を揺さぶる銘柄の一つが、イチローズモルト カードシリーズです。
カードシリーズは、かつて羽生蒸留所で製造・熟成されていた原酒を使用しボトリングされたウイスキーとなっています。
特徴的なのはそのラベルや銘柄名が、すべてトランプのカードになっていること。スペードのエースからキング、そしてジョーカーまで、実に54種類ものボトルが限定発売されているのです。
樽出しの味わいを楽しめるように、すべてのシリーズで一切の処理をせずそのまま瓶詰をした無加水(カスクストレングス)無冷却濾過(ノンチルフィルタード)、無着色を徹底するというこだわりぶり。もともとは同じ原酒を、様々な樽で最後の数か月間熟成させているため、それぞれの絵柄で全て味が異なるという、ウイスキーファンにとっては絶対に外すことのできないウイスキーのひとつだと言われています。

逸話

カードシリーズの中でも最も人気が高く、また最も手に入れることが難しいといわれているカードが、ジョーカーです。

54種にもおよぶカードシリーズの最後を飾るジョーカーは、カラーのラベルのものとモノクロのものの二種類が発売されました。モノクロのものはミズナラカスクで熟成されたシングルカスク。一方でカラーのものは様々な樽の原酒をブレンドしたウイスキーとなっているそうです。
様々な樽そのままの個性を味わえるシングルカスクの極致としてのモノクロ、そしてそうした原酒を混ぜ合わせたイチローズモルトの完成形としてのカラー。

どちらも非常に人気が高く流通量も少ないため、なかなか手に入れることはできないものになりますが、見つけた際には是非一度味わって頂きたいと思います。

ウィスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ