高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

ベンネヴィス 1926 63年の買取・査定

(Ben Nevis 1926 63 years old)

ベンネヴィス 1926 63年(Ben Nevis 1926 63 years old)

生産情報

生産国        
イギリス
地域
スコットランド
地区
ハイランド
作り手
ベンネヴィス蒸留所

詳細

分類     
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

ベンネヴィス 1926 63年の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ベンネヴィス 1926 63年 の特徴

ベンネヴィス蒸留所は、スコットランドハイランド地方で最も古い公認蒸留所のひとつとして、1825年に設立されました。創設者はジョン・マクドナルドという人物で、彼はとても背が高かったことから「ロングジョン」と呼ばれ、同名のスコッチウイスキーの命名の由来にもなった人物です。
そんなベンネヴィス蒸留所は買収によって、1989年から日本のニッカウイスキーが経営権を取得しているのですが、それを記念して特別にボトリングされたウイスキーが、このベンネヴィス 1926なのです。
その熟成期間はなんと63年間! 世界最古のウイスキーの一つとして、ウイスキーファンの間では今なお伝説として語り継がれているボトルの一つです。。

歴史

ウイスキーを樽で熟成させる際には、蒸発によってその容量は年々減少していってしまいます。

その減量分はウイスキーファンの間では、知らない間に天使が盗み飲みをしているのだ、ということで「天使の分け前」と呼ばれているのですが、ウイスキーを樽内で1年熟成させるごとに、およそ容量の2~3%ほどが減少していくのだと言われています。

このベンネヴィス1926は、もともと容量約500リットルのシェリーバットで熟成をされていたので、この天使の分け前の分がなければ700本近くはボトリングできたはずなのですが、実際に発売することができたボトルは全世界で98本だけだったそうです。

ベンネヴィス1926が、いかに希少で手に入りにくいものなのかがよく分かりますよね。

 

ちなみにベンネヴィス1926のアルコール度数は36%と、現在流通しているスコッチウイスキーよりも若干低めとなっています。現在のイギリスウイスキー規定では、アルコール度数40%以下のものはスコッチウイスキーとして流通させることができないことになっているのですが、このボトルが発売された1989年当時にはその法律がまだ無かったために、40%以下のものを発売することが可能だったそうです。

そう言った意味でも、このベンネヴィス1926は、歴史的にも非常に貴重で価値のあるボトルなのです。

エピソード

流通量があまりにも少なかったため、その味や香りに関する情報はほとんど残っていません。

しかし、数少ない記録によれば長期熟成シェリーカスク特有の、トロリと濃厚なコクがまさしく絶品なのだと言われています。
ここまでの長期熟成ウイスキーとなると、おそらく今後も発売されることは非常に少ないでしょう。

このボトルは、完全な状態で現存しているかどうかすら分からないほど貴重すぎる1本ですが、もし見つけた際には是非飲んでみたいものです。

ウィスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ