高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

ボウモア 1964 バイセンテナリーの買取・査定

(Bowmore 1964 Bicentenary)

ボウモア 1964 バイセンテナリー(Bowmore 1964 Bicentenary)

生産情報

生産国
イギリス
地方
スコットランド
地区
アイラ島

詳細

分類
スコッチ・ウイスキー
タイプ
シングルモルト

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

ボウモア 1964 バイセンテナリーの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ブラックボウモア 1964 ファイナルエディション(black-bowmore 1964)の特徴

名酒には自然と愛称がつくものです。スコッチウイスキーの名酒であるマッカランは、「スコッチウイスキー界のロールスロイス」として有名ですが、そんなマッカランと同じように格別のステータスを得ているお酒が、ボウモアです。ボウモアはその優雅で気品溢れる華やかな味わいから「アイラウイスキーの女王」と呼ばれ、広く親しまれています。浜辺に位置するボウモア蒸留所の貯蔵庫はその一部が海に面した海抜0メートル以下の場所にあるため、豊かな潮風のフレーバーと融合したピート香を感じられることがボウモアウイスキーの大きな特徴のひとつでもあります。
ボウモア蒸留所は、数多くのウイスキー蒸留所がひしめき合うスコットランド・アイラ島の中でも最古の蒸留所のひとつとして、1779年に操業を開始しました。

現在は日本のビーム サントリー株式会社が経営権を保有している完全子会社となっています。かつてはその愛称にあやかってか、エリザベス女王が訪問したこともあるほどで、その際には専用のウイスキーが造られ、記念品として今でも蒸留所内に保管されているのだそうです。

歴史

そんなボウモア蒸留所の操業開始200周年を記念して、1979年に限定製造されたウイスキーが、ボウモア バイセンテナリーとなります。”バイセンテナリー”とは日本語に訳すと、”200年”という意味の言葉です。
世界各国のボウモアファンに向けて、全世界で24000本限定で発売されたボウモア バイセンテナリーですが、このボトルにはノンヴィンテージのものと、1964ヴィンテージ表記のものがあります。またボトル自体も、丸みを帯びたハンドブラウンボトルと呼ばれるものと、四角張った角瓶と呼ばれるものの二種類があります。
それぞれ、各国向けに発売されたものごとに、ボトルの形や貼られているラベルの表記などに様々な種類があるだけでなく、中身に使われている原酒にも微妙な違いがあるそうで、そういった意味でもコレクター魂を揺さぶる一品だと言われています。

逸話

ボウモア蒸留所の威信をかけて製造されたこのボトルは、コク深いうま味・ボウモアらしいピート香と長く後を引く余韻のバランスなど、高貴で華やかなフレーバーはまさしく200周年の記念を飾るにふさわしい味わいと言えるでしょう。また、パパイヤやマンゴーのようなほのかな南国感を感じられるとも言われています。

もしボウモア 1964 バイセンテナリーを見つけた際には、現在に至るまで長らくアイラモルト造りを牽引してきた名門蒸留所の、その雄大な歴史に思いを馳せながら味わってほしいと思います。

ウィスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ