高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

マッカラン 1946 52年の買取・査定

(THE MACALLAN 1946 52years)

マッカラン 1946 52年(THE MACALLAN 1946 52years)

生産情報

生産国        
イギリス
地域
スコットランド
地区
スペイサイド
マリシャー
作り手
マッカラン蒸留所

詳細

分類    
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

マッカラン 1946 52年の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ザ・マッカラン(THE MACALLAN 1946 52years)の特徴

スコットランドのハイランド地方スペイ川の流域であるスペイサイドはウイスキーの蒸留所が多く存在しています。その中でも最高峰の銘酒として知られるのがマッカランです。
その味わいは濃厚で、スパイスが効いていて日本でも人気の酒になっています。日本向けに作られているマッカランもあり、初心者にも飲みやすい酒としてお勧めされています。
マッカランの特徴はその独特のシェリー香です。その中でも1946の52年物はピートが使用されているため香りもいっそう独特なものとなっており、その味わいは「シングルモルトのロールス・ロイス」と称されるほどです。
マッカランの原料となっているのは大麦、湧き水、イースト菌のみです。大麦は専用のミンストレル大麦をザ・マッカランエステートと呼ばれる専用の土地で育て上げています。

また、険しい山々などの大自然を時間を掛けて通過することによって濾過されたスペイ川傍の泉から取れる湧き水は軟らかく、大量のミネラルが含まれていてイースト菌を発酵させるのに最適なものになっています。
厳選されているのは原料だけではありません。マッカラン蒸留所で用いられるシェリー樽もまた長い時間を掛けて作られています。ヨーロピアンオークとアメリカンオーク樽は、マッカランが管理している専用の森林で伐採されると1年もの間、天日によって乾燥されます。更に、スペイン南部で加工され、シェリー用の樽になります。

そして専用のシェリー酒を3年間詰めて熟成させてようやく完成することができます。
原料にないように、マッカランは着色料を使いません。自然の色にこだわっているためです。琥珀色の華やかで濃厚な色合いは決して人工的につくられたものではありません。あらゆる原酒を熟練の職人が絶妙のバランスでバッティングしてはじめて生まれるものです。
つくられた原酒の中で実際に使われるものは、たったの16パーセントといわれています。原料をはじめ、樽、蒸留器に至るまで、一切の妥協を許さない厳格な姿勢がマッカランの味と香りを保障しています。

歴史

スコットランドのスペイサイドは50近くもの蒸留所が点在しているウイスキーの一大産地です。険しい山々が立ち並び、美しい水と肥沃な土壌をもつハイランドは酒つくりに恵まれた環境です。

そういった環境の中で生まれるべくして生まれたともいえる世界最高峰の銘酒、それがマッカランです。
1700年、マッカランのスピリチュアルハウスと呼ばれるイースターエルキーハウスがジョン・グラント大佐によって建造されます。その後、農家が副業として密造酒作りを始めます。

このときに作られた酒はいつしか「いのちのみず」と呼ばれるようになりました。「いのちのみず」は村々を口伝で渡り、都会へは牛売りの牧童によって、各地へ広まっていきました。
1824年にハイランド地方で2番目に蒸溜ライセンスを取得します。これによってマッカランは政府公認となり、合法的に蒸溜が行えるようになると同時に、マッカランの需要は世界的に爆発しはじめました。

1857年に需要に応えるため修復と拡張工事が行われ、1892年酒商であるロデリック・ケンプがマッカランを買収します。その後、ケンプの子孫がマッカラン・グレンリヴェット社が創設します。1978年にはまたイースターエルキーハウスの修復工事が行われます。1999年、エドリントングループ社所有になった後、現在まで所有が続いています。
ハイランドの中でも名門中の名門であるマッカランは、世界中のブレンダーからも高い評価を受けています。

古くからトップドレッシングとして一目置かれており、現在の売り上げはグレンフィディック、グレンリベットについで世界3位になっています。
イースターエルキーハウスは1700年から300年もの間、マッカランとそれに携わる職人や商人、農民を見守り続けてきました。

幾度も修復と拡張が繰り返されてきたこの家は、まさにマッカランの歴史そのものです。
また、2005年に新たにゲスト用の宿泊施設が建てられました。このため、訪問客はマッカランの生まれた土地で、歴史を宿す建物の中でマッカランを楽しむことができます。

逸話

300年に渡って酒をつくり続けてきたマッカランは、その歴史の中に多くの逸話をもっています。
イギリスが世界に誇る百貨店、ハロッズが出している「ウィスキー読本」においては、マッカランは「シングルモルトのロールスロイス」と非常に高い評価を受けています。
マッカランの由来はマック(平原を意味している)と、ファラン(宣教師の名前)がくっついたものだとされています。しかし、イギリス北部では、民族語のゲール語が元になっている地名、町等が数多く存在しているため、ゲール語でマ・コラム(聖コロンバの丘)が訛ったものだという俗説もあります。
この酒に使われている樽にも興味深い話があります。マッカランは原木の伐採、乾燥、加工、シェリーのシーズニングに至るまですべてを行っています。

そうして作られたマッカラン専用のシェリー樽はマッカランがある意味もっとも重要視している分野といえます。

この分野を守るため、マッカランではウイスキー製造責任者と同格の地位を持つ樽管理責任者という役職を置いています。熟成に使われる樽、その品質の徹底的な管理を行うために、マッカランは一切の努力を惜しみません。
世界でも人気のマッカランは、日本でも人気です。マッカランの人気はシングルモルトの輸入部門で、何年もの間一位をキープし続けるほどです。その人気のためにマッカランでは日本向けの専用マッカランを作っています。
マッカラン1946年の52年にも勿論逸話があります。

1946年はちょうどマッカラン・グレンリヴェット社が創設されたときになります。この時代は、ちょうど第2次世界大戦の時代でした。そのため石炭の需要が世界中で急激に高まってしまい、酒つくりに使えるほどの量が手に入らなくなってしまいました。そのため、マッカラン蒸留所では石炭の代わりにピートが用いられました。
ピートは泥炭ともいい、石炭が地中深くで高い圧力を受ける前のものです。未熟な石炭のため、大量の煙が出るピートを使うと、特徴的な香りが麦芽に独特の風味をあたえます。
このため、マッカラン1946年ものは他のマッカランと違い、ピート由来の独特な風味をしています。

ウィスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ