の豆知識

お酒を飲んだ時の頭痛の対抗策!

こんにちは!
お酒を飲んで楽しくなると、気持ちも大きくなって飲み過ぎてしまいがちです。
そして、お酒が大好きな方から苦手な方まで、襲いかかるお酒による頭痛。
せっかく楽しく飲んでたのに、ちょっとしんどい…。
そんなあなたを助けるべく、『お酒を飲んだ時の頭痛の対抗策』をご紹介しましょう!

頭痛

目次

■お酒による頭痛は2種類ある
■お酒を飲むことで発生する頭痛
■二日酔いによる頭痛

■お酒による頭痛は2種類ある

お酒で頭痛が発生する原因として、1つは『お酒を飲むことで(大量飲酒でなくとも)頭痛を起こしてしまう場合』、もう1つは『飲みすぎ、大量飲酒のための二日酔いによる頭痛の場合』というものがあります。

まず、お酒を飲むことで頭痛を起こしてしまうというのは、体からアルコールという毒物を追い出そうとするため、血管が拡張してしまい神経を押さえつけてしまい頭痛が発生するのです。

お酒に強かったり弱かったりするのは個人差があります。
お酒に強い人は、アルコールを排除しようと働きにくいため、頭痛が発生する可能性は低いです。
しかしお酒に弱い人や体調が悪い人は、この働きが強く働くために、弱ければ弱いほど頭痛を感じやすくなります。

そして、二日酔いで頭痛が発生した場合、それは『アセトアルデヒド』が原因となります。
アセトアルデヒドは、お酒を分解する物質です。
体内にお酒が入ると、アルコールを分解することにより、体内にアセトアルデヒドが発生します。
アセトアルデヒドは二日酔いを引き起こす物質で、有害なアセトアルデヒドを体外に排出しようとして血管が拡張し、三叉神経を刺激するため頭痛が発生するのです。

お酒を飲むこと自体で頭痛を生じてしまう場合と、二日酔いの頭痛とでは原因が大きく異なります。
そのため、頭痛の対策もそれぞれ異なってくるので、次ではそれぞれの対抗策をご紹介しましょう。

頭痛2

■お酒を飲むことで発生する頭痛

お酒自体による頭痛を回避する方法として、基本的にはお酒を飲む量をコントロールすることが重要です。
そして、お酒と一緒に水を飲んだり、トイレに行くなどして早く体からお酒を出すことで頭痛を回避することができます。
また、いつもお酒を飲むと頭痛を引き起こす人は、なるべく空腹を避けてから飲むようにして下さい。
空腹時に飲むと、アルコールの刺激がそのまま胃腸を刺激してしまいます。
さらに、血中アルコール濃度が高くなってしまうので、お酒が回るのも早くなり、血管も拡張しやすくなるのです。

飲みに行く予定があるときは、少し前に軽食を食べておくだけで変わるので、空腹は避けましょう。

頭痛3

■二日酔いによる頭痛

二日酔いで頭痛が発生した場合の対処方法としては、水を飲むこと、コーヒーを飲むことが効果的です。
カフェインには、血管を収縮させる効果があるので、お酒によって膨らんでしまった血管を縮ませてくれます。
コーラや緑茶にもカフェインは含まれているので、お酒を飲みすぎて頭痛を感じた時はおすすめです。
また、二日酔いの頭痛に効き目があるウコンなどのドリンク剤もよいでしょう。

そして、しじみの味噌汁を飲むことも効果的です。
しじみは肝臓の働きを助けてくれる必須アミノ酸を含んでおり、アセトアルデヒドの分解が促進されます。

他には、「太衝(たいしょう)」と呼ばれる足の親指と人差し指の骨の間にある"ツボ"を刺激することも、お酒による頭痛を解消するためには効果的です。
このツボを刺激することで、肝臓の働きが活発となりアセトアルデヒドの分解を早めてくれます。

頭痛4

まとめ

お酒によって頭痛を感じた時は、温めるのではなく冷やす様にして対処して下さい。
いずれの原因も、血管が膨らむことで痛みが発生しているわけなので、血管を縮ませる必要があります。
誤って温めると、頭痛が悪化してしまう恐れがあります。
冷たいタオルなどで、痛みを感じる場所を冷やすようにしてください。
これは飲みすぎた場合でも、二日酔いの場合でもどちらにも有効です。

この対抗策をやってみて、美味しい楽しいお酒ライフを送りましょう!

個人情報の取扱いについて(お見積及び査定)

制定日 2020年8月20日
最終改正日 2020年10月1日

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)では、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業のため、個人情報保護理念と自ら定めた行動規範に基づき、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守致します。
また、以下に示す方針を具現化するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言致します。
なお、当社が提供する各サービスにおける個人情報の具体的な取扱いは、各サービスのプライバシーポリシーにおいて定めます。

  1. 当社は、適切な個人情報の取得・利用及び提供を行い、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行ないません。また、そのための措置を講じます。
  2. 当社は個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守致します。
  3. 当社は個人情報の漏えい、滅失、き損などのリスクに対しては、合理的な安全対策を講じて防止すべく、事業の実情に合致した経営資源を注入し、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させていきます。また、万一の際には速やかに是正措置を講じます。
  4. 当社は個人情報取扱いに関する苦情及び相談に対しては、迅速かつ誠実に対応致します。
  5. 個人情報保護マネジメントシステムは、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。

株式会社ファイブニーズ
代表取締役 岡崎 雅弘
以上

個人情報の利用目的の公表

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)は、個人情報を次の利用目的の範囲内で利用することを、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)第18条第1項に基づき公表します。

個人情報の利用目的

  1. ご本人より直接書面等(ホームページや電子メール等によるものを含む。以下「書面」という)に記載された個人情報を取得する場合の利用目的。
    • お客様の個人情報は、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業における商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため
    • 当社の各事業に関するお問い合わせの方の個人情報は、お問い合わせにお答えするため
    • 当社従業者の個人情報は、人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理等のため
    • 当社への直接応募者情報は、採用業務のため
  2. ご本人より直接書面以外の方法で個人情報を取得する際の利用目的
    • 当社が受託する飲食店コンシェル事業の実施のため
    • ハローワークや民間就職斡旋サイトからの応募者情報は、採用業務のため
    • ECモールからのお酒の購入者の個人情報は、商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため

以上

保有個人データに関する事項の周知について

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)では、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を行うことのできる権限を有する保有個人データについて、以下の事項を周知致します。

  1. 当社の名称
    株式会社ファイブニーズ
  2. 個人情報保護管理者の氏名、所属及び連絡先
    管理者名:個人情報保護管理者 松村 愛
    連絡先:メールアドレス:privacy@fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
    (受付時間 9:00~18:00)
  3. 保有個人データの利用目的
    • お客様の個人情報は、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業における商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため
    • 当社の各事業に関するお問い合わせの方の個人情報は、お問い合わせにお答えするため
    • 当社従業者の個人情報は、人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理等のため
    • 当社への直接応募者情報は、採用業務のため
  4. 保有個人データの取扱いに関する苦情の申し出先
    保有個人データに関するお問合せにつきましては、下記窓口で受付けております。
    〒130-0012 東京都墨田区太平4丁目13-2 太平サクラビル3F
    株式会社ファイブニーズ個人情報に関するお問い合わせ窓口 苦情相談窓口責任者
    メールアドレス:privacy@fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
    (受付時間 9:00~18:00)
  5. 当社の加入する認定個人情報保護団体について
    当社の加入する認定個人情報保護団体はありません。

保有個人データの開示等に関する手続き

保有個人データについて、「利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止」(開示等)のご請求が出来ます。
当社では、次の手順で個人情報の開示等の求めに対応します。

  1. 開示等の求めの受付
    1. 下記の宛先までご連絡ください。
      当社より「所定の用紙」を郵送しますので、到着後、当社の「個人情報の取扱いについて」に同意後、以下の宛先まで郵送またはご持参ください。
      〒130-0012 東京都墨田区太平4丁目13-2 太平サクラビル3F
      株式会社ファイブニーズ
      個人情報に関するお問い合わせ窓口:苦情相談窓口責任者
      メールアドレス:privacy@ fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
      (受付時間 9:00~18:00)
    2. 本人又は代理人であることを確認のための以下の書類を(1)「所定の用紙」とともに郵送またはご持参ください。
      本人又は代理人であることの確認方法は、以下の通りです。
      • ア) 個人情報の開示等の求めに応じる場合の本人確認
        以下の本人確認書類のいずれかの写しを同封することとする(本籍地の情報は都道府県のみとして、その他は黒塗りで収集するものとする)。
        • 運転免許
        • パスポート
        • 住民基本台帳カード
        • マイナンバーカード(表面)
        • 在留カード又は特別永住者証明書
      • イ)代理人による開示等の求めの場合
        代理人による開示等の求めの場合、前記 ア)に加えて、代理権が確認できる下記a)の書類の写しいずれか及び代理人自身を証明するb)の書類の写しのいずれかを必要とする。
        • a)代理人である事を証明する書類
          • 開示等の求めをすることにつき本人が委任した任意代理人の場合
            • 「開示等の結果を受領する権限を委任する」旨を記載した本人の委任状
          • 代理人が未成年後見人の法定代理人の場合
            • 戸籍謄本(発行日から6ヶ月以内)
            • 登記事項証明書(発行日から6ヶ月以内)
            • その他法定代理権の確認ができる公的書類
          • 代理人が成年被後見人の法定代理人の場合
            • 後見登記等に関する登記事項証明書(発行日から6ヶ月以内)
            • その他法定代理権の確認ができる公的書類
          • 代理人が親権者の場合
            • 戸籍謄本(発行日から6ヶ月以内)
            • 住民票(発行日から6ヶ月以内)
        • b)代理人自身を証明する書類(本籍地の情報は都道府県のみとして、その他は黒塗りで収集するものとする。)
          • 運転免許証
          • パスポート
          • 住民基本台帳カード
          • マイナンバーカード(表面)
          • 在留カード又は特別永住者証明書
  2. 「開示等の請求」の手数料及びその徴収方法
    利用目的の通知又は開示の請求の場合にのみ、1回の請求につき、以下の金額(当社からの返信費を含む)を申し受けます。下記金額分の郵便定額小為替を請求書類の郵送時に同封してください。
    • 手数料金額:1,000円
  3. 検討結果連絡
    当社内で検討した結果は、以下の方法により遅滞なくご連絡します。
    • 個人情報の利用目的の通知、開示の場合は、書面の郵送または手渡し
    • 個人情報の内容の訂正、通知または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止の場合は、電話またはメール

    書面の送付先は、以下のいずれかの適切な方法を選択し行います。

    • 登録されている本人住所に回答文面を郵送する。
    • 登録されている本人のFAX番号に回答文面をFAXする。
    • 登録されている本人のEメールアドレスに回答文面をメールする。
    • 登録されている本人の電話番号に電話をかけ、口頭にて回答する。

以上

LINEID登録

LINEID: @636hxuaqを友達に登録するか、下のボタンからLINEアプリを起動してください