高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

ヘネシーの買取・査定

(hennessy)

ヘネシー(hennessy)

生産情報

生産国
フランス
地方
コニャック

詳細

分類   
ブランデー
タイプ
コニャック

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

ヘネシーの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ヘネシー(hennessy)の特徴

1765年以来、8世代に渡るヘネシー家の情熱とこだわりが、この複雑で微妙な風味に満ちたコニャックを完成させました。

そこにあるのは、コニャックの産地として法律で定められている6つの地域のうち、特に上質の葡萄ができる4つの地域から厳選したオー・ド・ヴィー(原酒)だけを使用するという、素材に対するこだわり。

また、葡萄の栽培、蒸留、オーク材所有、樽製造などを、自らが一括管理するという生産に対するこだわり。そして、世界最大約25万樽に及ぶ貯蔵量の中から最高のものを選び出し、ブレンディングしていくという技術に対するこだわり。

これらすべてのこだわりが気の遠くなるような歳月の中で絶妙に積み重なり、究極の味へと進化していきました。

現在ヘネシーでマスターブレンダーを務めるヤン・フィリューは、7世代にも渡り受け継がれたその伝統の味わいを今に再現しています。言葉では伝えられない感性の修練こそが、この完成されたヘネシー独特のバランスを生み出すのです。

そんなヘネシーからは様々な等級、銘柄のコニャックが展開されています。最も一般的で、金額的にも手に入れやすいものは「ヘネシーVS」や「ヘネシーVSOP」、「ヘネシーXO」でしょう。コニャックと言えばヘネシーというくらいにあまりにも有名なため、ブランデー初心者の方の、最初の一本として飲むという機会も多いのではないでしょうか。

また最上級のラインナップとしては、創業者である「リチャード・ヘネシー」の名前を関した銘柄、「リシャール・ヘネシー」(リチャードのフランス語読み)が、最高級ブランデーの代名詞と言われるほどに有名です。100年以上熟成された原酒もブレンドされていると言われており、その深い味わいやまろやかさは他のコニャックではとても真似できません。美しい流線形を描くクリスタルバカラ製ボトルの美しさも必見です。

 

ヘネシー の買取はココに注目!

◆ヘネシー VSOP の注目ポイント!

 

歴史

ヘネシー社が設立されたのは今から250年以上も昔、1765年のことです。創業者であるリチャード・ヘネシーは、かつてはルイ15世の軍隊に所属していたアイルランド人将校でしたが、その後フランスに移住し、コニャック地方でブランデー造りを始めました。

1794年には独立後間もないアメリカに初めてコニャックの輸出を行い、そのあまりの質の高さに米国内で大好評を博したと言われています。その後は1818年にロシアへ、1859年には中国へと輸出を開始。この中国への輸出によって、ヘネシーは東洋における優れたフランス文化大使として活躍したそうです。ちなみに日本に初めてヘネシーが輸出されたのは、1868年のことだそうですよ。

1987年には世界的なファッションブランドであるルイ・ヴィトンと合併し、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)を設立。世界のトップブランドを扱う複合企業となったことによってさらに勢力圏を広げ、現在でも世界中にヘネシーのコニャックを届け続けています。

 

エピソード

ヘネシーは世界中の人に愛されているだけではなく、250年以上にわたるその長い歴史の中でブランデー業界全体にも多大な影響を与えたブランドです。

その一つが、等級の格付けです。VSOPやXOなど、ブランデーの等級を表すアルファベットがありますが、今ではほとんどのブランデーで使われているこれらの分類を世界で初めて使ったのはヘネシーなのだと言われています。

かつてのイギリス国王、ジョージ4世はコニャックをこよなく愛していたそうですが、彼がヘネシー社に「Very Superior Old Pale(非常に優れていて、古くて、澄んでいる)なコニャック」の製造を依頼したことから、この頭文字をとって、ブランデーの品質を表すVSOPという言葉が業界全体で使われるようになったそうです。

また「3つ星」や「5つ星」のように、コニャックの品質を星の違いで表す方法を考えたのは、リチャード・ヘネシーから数えて三代目の当主に当たるモーリス・ヘネシーだと言われています。モーリスは同様に、XO(エクストラオールド)という分類を世界で初めて使い始めた人物だとも言われています。こうした等級の分け方は、100年以上の時を越えた現在でも残っており、今では世界中のブランデーの等級を表す言葉として一般的なものになっています。

また1949年にはヘネシーの3つ星コニャックのボトルが、北極探検隊に同行したこともあるのだそうです。

こうした様々な歴史が、ヘネシーが第一級のコニャックとしての地位を揺るぎないものにしている、なによりの証拠なのです。

 

ブランデーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ

関連商品


yahoo_report_conversion when someone clicks on the phone number link or button. -->