ペイラの買取・査定

(peila)

ペイラ(peila)

生産情報

生産国     
フランス
地方
コニャック
地区
グランド・シャンパーニュ

詳細

分類   
ブランデー
タイプ
コニャック

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ペイラの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ペイラ(peila)の特徴

フランスのシングル・ヴィンヤード・コニャックの名門「ペイラ」 グランシャンパーニュ地方では珍しい 単一畑のぶどうを使ったコニャックです。

家族経営畑のぶどう園で栽培された良質のぶどうのみを使用し、長い伝統に基づいた手造りの方法により原酒造りを行っています。

4代に渡りわずか15ヘクタールの畑を守っている小さなつくり手です。

例外的に、数少ないヴィンテ-ジの表示が許されているメ-カ-の中の1社が「ペイラ」です。

樽の数を減らすことで、樽内に残る原酒の量とアルコール度数を保ち、さらに湿度の高いセラーで熟成。それによって蒸発量を最大限に抑え、アルコール度数が落ちるのを防いでいます。

歴史

今ではコニャックと聞くとブランデーとイコールにしてしまうほど有名になりましたが、もともとコニャック地方は塩とワインの地でした。

それがコニャックと言う有数の産地となったきっかけは、シャラント川の存在があったからでした。航行がしやすかったこの川は、オランダやイングランドの商人が良く行き来しました。

蒸留をこの地で初めて行ったのはそのオランダ人たちだったのです。オランダ人はワインの蒸留をはじめブランデーの元祖を生み出したのです。

ペイラ社はこの地で4代に渡りブランデーの生産を行ってきました。珍しい単一畑のブドウを伝統的な方法で生産し続けることで、ヴィンテージの名前を勝ち取ることが出来た稀な会社として知られています。

エピソード

ペイラはブランデーの中でも、数少ないヴィンテージ表示が許されているメーカーのひとつです。

そもそもヴィンテージとは蒸留年のことをいい、作られた年度が違うものが混じっているとヴィンテージにはなりません。

そのため、いろいろな原酒をブレンデッドしているブランデーの中でその名を名乗ることが出来るのは非常に稀なことなのです。

ブランデーは樽での熟成期間がウイスキーより短くなっています。そして工程の途中からは大きなガラス瓶に移すので、同じ年数のヴィンテージ物であればブランデーの場合はほとんど同じ味を味わうことが出来るのです。

ちなみにヴィンテージ物としてはコニャックよりもカルバドスのほうが多く探すことが出来ます。

ブランデーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ