ポリニャックの買取・査定

(polignac)

ポリニャック(polignac)

生産情報

生産国   
フランス
地方
コニャック

詳細

分類   
ブランデー
タイプ
コニャック

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ポリニャックの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ポリニャック(polignac)の特徴

ポリニャックブランデーはボディ豊かで、樽香ののった辛口が特徴のブランデーです。
フランス国内のスーパー・マーケットでのシェアは、トップクラスとなっています。

メイン商品となっているポリニャック・VSOPは、伝統的な芳香とふくらみにすぐれています。

ポリニャックのリモージュ陶器入りフィーヌ・シャンパーニュ規格の酒であるリモージュ・クレストは、「ベルサイユ」が宮殿の白と金を、「マルセイユ」は海の色を、「バスティーユ」は革命家の情熱をイメージしています。

歴史

フランス貴族の名門で、西暦860年から続くヨーロッパの代表的な旧家である「ポリニャック家」。ポリニャックブランデーは、このポリニャック家が、家名と紋章を製品に使用する許可を与えたことから始まったとされています。

1959年に、デンマーク王フレデリック9世が『デンマークの荘厳なる宮殿にもまさる味だ』と賞賛し、現在でもヨーロッパ特や北欧を中心に高い人気があります。

エピソード

1767年にポリニャック伯爵であったジュールと結婚したのは、ヨランド・ド・ポラストロンでした。

彼女はフランス王ルイ16世の王妃であったあのマリーアントワネットの取り巻きの1人でした。王家から寵臣としてさまざまな恩恵を受けていたことで、悪名高い人物として知られています。

そして、フランス革命が起きると国王夫妻をすぐさま見限り、オーストリアに亡命しました。その後、ウィーンで急死したそうです。

彼女の子どもたちは王政復古後に首相になったり、モナコ大公の娘と結婚し、現在のモナコ大公家の男系祖先となったりするなど、歴史に名を残しています。

ブランデーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ