グラッパの買取・査定

(grappa)

グラッパ(grappa)

生産情報

生産国   
イタリア
地方
ピエモンテ

詳細

分類  
ブランデー
タイプ
グラッパ

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

グラッパの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

グラッパ(grappa)の特徴

グラッパはイタリア特産の蒸留酒でブランデーの一種です。グラッパと呼べるものはイタリアで作られたものとEUの法律で定められています。

ブドウの絞り粕をもとに製造するため「かすとりブランデー」といい、フランスのマール(Eau-de-vie de marc)などもこれに含まれますが、長期の樽熟成を経てから製品化される点がグラッパとは異なります。ただし、多くのグラッパは樽熟成を行いませんが、中には樽熟成させるものもあります。

グラッパで有名な街はヴェネツィアの北西にあるバッサーノ・デル・グラッパです。グラッパで町興しをしており、グラッパの博物館もあります。

日本ではまだまだ認知度が低い飲み物ですが、20世紀末のイタリア料理ブームの際に徐々にレストランや酒屋で取り扱いが増えてきました。

歴史

グラッパの始まりについては多数説がありますが、決定付けるものは何も出てきていません。蒸留技術時代は紀元前4000年ごろには古代のエジプトで、紀元前3500年ころにはメソポタミアですでに存在していました。

ギリシャの哲学者であったアリストテレスが紀元前4世紀に海水から真水を蒸留したという記述は残されています。

イタリアの蒸留技術は13世紀にタッデオ・デリ・アルデロッティ博士という人物と、フランスのアルノード・ド・ヴィルヌーヴ博士、スペインのレイモンド・ルーリュ博士により開発されました。3人はワインから薬となる成分を取り出し、生命の水と記したそうです。

エピソード

グラッパはもともと庶民が考え出した飲み物でした。ワインは貴族等の上流階級しか飲むことが出来ず、ワインを造った後の搾りかすに水を加えたものを造り飲むようになったのです。これがグラッパの始まりと言われています。

最初のころのグラッパは蒸留技術などないに等しいものだったため、現在のように美味しいものではなく、長きに渡り認知はされてきませんでした。これが歴史的に誰がいつ作ったのかが分からない原因だといわれています。

ブランデーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ