ボランジェ007の買取・査定

(BOLLINGER&007 Collector Bullet)

ボランジェ007(BOLLINGER&007 Collector Bullet)

生産情報

生産国
フランス
地区
シャンパーニュ
地区
ヴァレ・ド・ラ・マルヌ
アイ
作り手
ジャック・ボランジェ

詳細

分類
スパークリングワイン
タイプ
辛口
原材料
ピノ・ノワール シャルドネ

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ボランジェ007の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ボランジェ007(BOLLINGER&007 Collector Bullet)の特徴

ブドウの当たり年にしか造られない「ボランジェ ラ・グランダネ」のマグナムボトルを映画「007」シリーズの主人公ジェームズ・ボンドが愛用する拳銃「ワルサーPPK」の弾丸をモチーフとしたオリジナルオブジェと一緒に発売しました。

販売数は全世界で207本、日本国内ではたったの20本限定発売で「007」ファンが喉から手がでるほど欲しくなるシャンパーニュです。

グランクリュとプルミエクリュのみをオーク樽で一次発酵させてカーヴに最低でも5年以上熟成させた一品です。

伝統的な製法から生み出されたシャンパーニュは優雅で複雑な香りをまといつつ、凝縮感のある味わいが特徴です。

歴史

「ボランジェ」は創設者であるジャック・ボランジェによってつくられました。

生産に必要なブドウの約70%をグランクリュとプルミエクリュで主に構成されている160ha程の自社ブドウ畑からまかなっています。

また、オーク樽を使った発酵やカーヴでの長期熟成など伝統的な製法にこだわって造られたシャンパンは品質が高く、1884年からは英国王室御用達のメゾンの1つに選ばれています。

現在でもボランジェ一族によってこの製法は守られており、1992年にはそうしたメゾンが守り続けてきた製法や基準を表す「倫理と品質」を「ボランジェ憲章」として発表しました。

現在でもその伝統のスタイルを崩さずに、かわらない品質の高さとエレガントな飲みごたえが人気のシャンパーニュです。

エピソード

初代ボランジェと同じ名前である3代目「ジャック・ボランジェ」が亡くなり、未亡人となったエリザベス・リリー・ボランジェは夫の経営を引継ぎました。

 

第2次世界大戦中にも関わらず自社畑の拡大や世界的なマーケットの拡大に成功しており、ヴーヴ・クリコと並んでシャンパーニュ地方では偉大な女性として有名になっています。

関連商品

シャンパンの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ