ランソンの買取・査定

(lanson-chamapgn)

ランソン(lanson-chamapgn)

基本買取情報

最高買取金額 ¥2,500
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥1,750
買取本数 2本

生産情報

生産国  
フランス  
地方
シャンパーニュ
地区
ランス

詳細

分類    
スパークリングワイン
タイプ
辛口
ブドウ品種
ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ランソンの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ランソンシャンパン(lanson-chamapgn)の特徴

英国王室に愛されるランソンは歴史のあるシャンパン・メゾンです。

ランソンは創業年がリュイナール、モエ・エ・シャンドンに次いで3番目になるという古い歴史を持つシャンパン・メーカーです。

創業者の息子である2代目が騎士団出身ということで、シャンパンのボトルには十字架の柄が印されており、当時の騎士団は21世紀の今なお存在しています。

ランソンは英国王室御用達のシャンパンで有名です。厳かなブラック・ラベルは生産量が最も多いモデルとなっており、マロラクティック発酵をしないランソンのブラック・ラベルは非常に酸味の強い切れ味鋭いシャンパンです。

ランソンのブラック・ラベルは恐らくモエ・エ・シャンドンのブリュット・アンペリアルと並んで最もお買い得で手に入りやすいシャンパンです。

セールなどをやっていれば3000円を切って買うことができます。ボトルのデザインは厳かだが親しみやすいシャンパンなので、ぜひ一度飲んでみてはいかがでしょうか。

歴史

ランスの中でも古くからあるシャンパーニュメゾン、それがランソンです。

創業は1760年で、行政長官を務めていたフランソワ・ドゥラモットが「ドゥラモット・シャンパン・ハウス」を設立したのが前身でした。

ランスのコルクに描かれている十字架の紋章は、1798年にドゥラモットから事業を継承した息子のニコラ・ルイが聖マルタ騎士団の騎士だったことに由来しています。

ニコラは1828年にジャン・バプティスト・ランソンをビジネス・パートナーに迎えました。その後ニコラが1837年に亡くなったのを機に、ジャン・バプティスト・ランソンは社名をランソンに変更しました。

エピソード

ランソンは100年以上も前のヴィクトリア女王の時代から王室御用達になっており、現在ではスウェーデンやスペインの王室にも献上しています。

ランソンは過去、幾度も大企業の傘下に入りましたが、伝統やスタイルは創業当事から変わっていないそうです。2007年7月からはメルシャンカブシキカイシャの取り扱いとなっています。

ちなみにこのランソン、日本では2009年3月にWBCで侍ジャパンが優勝したときのシャンパンファイトでも使用されたエピソードが残っています。

シャンパンの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ