ルイ・ロデレールの買取・査定

(louis-roederer)

ルイ・ロデレール(louis-roederer)

基本買取情報

最高買取金額 ¥14,000
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥13,500
買取本数 20本

生産情報

生産国     
フランス
地方
シャンパーニュ
地区
モンターミュ・ド・ランス、コート・デ・ブラン、ヴァレ・ド・ラ・マルヌ

詳細

分類     
スパークリングワイン
タイプ
辛口
ブドウ品種
ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ルイ・ロデレールの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ルイ ロデレール(louis-roederer)の特徴

創業は1776年と古く、大変に歴史のあるシャンパン・メゾンです。有名な大手シャンパン・メゾンですが、生産量(約260万本/1年)がそれほど多くはありません。

そのため、ルイ・ロデレールはNVでもそれなりの値段を付けており、クリスタルに関しては最高級シャンパンです。

また、ルイ・ロデレールは200ヘクタールに及ぶ自社畑から80%の葡萄をまかなっています。これは大手シャンパン・メゾンにしては驚異的な数字と言えましょう。この自給率がシャンパン党の信頼を勝ち得ている理由なのです。

質の高い自社葡萄からシャンパンを作るという下地を持っていたからこそクリスタルが生まれたと言えるのではないでしょうか。

歴史

200年以上の歴史を持つルイ・ロデレールは1776年に創業されました。創業者はデュボア家ですが、後にニコラ・シュレッダーに買収されました。

1827年にはニコラの甥であったルイ・ロデレールが共同経営者となり、おじの死後は自身の名前を会社名にしました。

1868年に輸出を開始し、特にロシアとアメリカに力をいれ年間で250万本を輸出しました。その後、ルイ・ロデレール2世に任せ、自身は引退しています。

ロシア皇帝への献上も始めるとロシアの市場が拡大し、年間で70万本に上りました。これは当事のルイ・ロデレールの生産量の27%を占めていました。

エピソード

ルイ・ロデレール2世の時代であった1876年には、ロシアの皇帝であったアレクサンドル2世から要望され、クリスタルの瓶に入ったシャンパン「クリスタル」が献上されました。

これによりルイ・ロデレール社の名は世に広められ、現在でも雑誌でシャンパーニュ・メゾンの部門で第1位に輝くなど高く評価を受けています。

葡萄が保存されているルイ・ロデレールのカーブは大変に美しく、これだけ美しいカーブで寝かされたリザーブワインはやがて将来、偉大なシャンパーニュになっていくことでしょう。

ロシア皇帝のために造られたクリスタルですが、このクリスタルが造られる以前に、既にロシア皇帝はルイ・ロデレールのシャンパンがお気に入りだったそうです。

シャンパンの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ