黒龍石田屋の買取・査定

(Kokuryu Ishidaya)

黒龍石田屋(Kokuryu Ishidaya)

基本買取情報

最高買取金額 ¥20,000
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥20,000
買取本数 7本

生産情報

生産国
日本
地方
福井県

詳細

分類
日本酒
タイプ
純米大吟醸熟成
主原料
山田錦、五百万石

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

黒龍石田屋の買取なら、お任せください!

1本でもお酒を高く売りたい方は今すぐお電話で無料査定を!

今すぐ電話査定する

上のボタンをタップするとフリーダイヤルで電話できます
お電話の場合、最短の査定時間はたった30秒です!

無料査定フォームはこちら

業界最高値 買取宣言!もしも他社より買取価格が1円でも安かった場合は、お電話でお知らせ下さい。業界最大手として、他社に負けないように頑張らせていただきます!

はじめての方へ

この商品に関連した
商品カテゴリを見る

黒龍石田屋(Kokuryu Ishidaya)の特徴

石田屋は黒龍の中でも「極みの酒」という分類に属しており、黒龍の中でも最高の日本酒です。
黒龍は、日本酒の中でも少し変わった作り方であり、ワインのように日本酒を熟成させてから出荷されます。これに関しては、七代目蔵元である水野正人がワインの熟成を日本酒に応用することができないかと考え、フランスやドイツを巡ってワインの熟成に関する知識を身に着けました。そして試行錯誤を繰り返した結果、現在の黒龍の味につながっています。

 

その中でも石田屋は純米大吟醸酒を低温で熟成することによって、味にまろやかさが加わり、舌触りの良い日本酒になっています。その熟成期間は3年と他の日本酒よりも長く熟成されており、また、石田屋は販売される際には毎回数が限定されているので抽選での販売となり、こちらは年に1度もしくは2度しか販売されません。希少価値が高いので定価以上の価値が付けられて取引されることも多いです。
原材料には、兵庫県東条産の山田錦と、地元福井県大野産の五百万石という米を使用しています。これらはどちらも日本酒を作るのに最適な米と言われており、特に兵庫県東条は酒米(酒造好適米)を生産するのにベストな土地であるといわれています。このようにトップレベルの素材を揃えることで、トップレベルの味を実現しています。また、使用している水も福井県にある白山山系の雪解け水であり、こちらは軟水なので、この水の柔らかさが日本酒のなめらかでまろやかな舌触りにつながっています。

 

石田屋の風味や舌触りは日本酒の中でも少し変わっていると言われており、さっぱりしていてさらっと飲むことができるのが石田屋の最大の特徴です。また、長期間熟成することによって、日本酒の甘味が引き出され、石田屋はほのかに香る甘味も特徴であるとも言われています。
そんな独特な特徴のある日本酒である、黒龍石田屋。石田屋特有の日本酒にはあまりない爽快感から石田屋を好んで飲む人もとても多く、日本酒の中でもトップクラスの日本酒とも言われます。

歴史

黒龍石田屋の蔵元である黒龍酒造は、1804(文化元)年に創業しました。ちなみにこの黒龍という名前は、蔵元のある松岡町を流れる九頭竜川の古い名前、黒龍川に由来しています。当時は日本の伝統的な製法で日本酒の製造を行っていたのですが、七代目蔵元水野正人がワインの熟成を日本酒に応用できないかと考え、試行錯誤した結果が現在の「龍」と呼ばれる品種です。

 

この種類は大吟醸という、日本酒の中でもトップクラスの高級酒の扱いになるものであり、黒龍酒造はこの時代から今まで、少量ではありながらも品質の高い日本酒を作り続けています。この龍シリーズは、日本でも今では数が増えた高級酒である大吟醸ですが、中でもさきがけとなった存在なのです。現在では200年以上の歴史を持つ酒造であり、現在では、最高品質の日本酒を製造するだけでなく、日本酒をさらにおいしく飲むためのグラスなどの製造も行っています。
そして黒龍石田屋の由来ですが、黒龍酒造の屋号である「石田屋」という名前がそのまま名付けられています。このように黒龍石田屋は黒龍酒造の顔となる商品であることが伺えます。石田屋は大吟醸の中でも最高品質であり、日本酒の中では頂点に立つレベルの純米大吟醸と呼ばれるレベルの日本酒です。
また、現在黒龍酒造では、最高品質である大吟醸酒の製造はもちろんおこなっていますが、それだけでなく、大吟醸酒を気軽に飲んで様々な人に広める活動も行っています。

 

日本酒をおいしく飲むグラスの開発はもちろんその活動の一部であり、黒龍シリーズの中でも吟のとびらと呼ばれるシリーズはお手頃価格で石田屋の吟醸酒を楽しめるようになっているなど、なかなか日本酒を飲まない世代や、大吟醸酒が高くてあまり飲まない層に対しての活動も活発です。黒龍酒造が設立された当初には17もあった酒造も、現在では2つにまで減ってしまい、現在まで200年以上続いてきた歴史を守るために、日本酒での文化の発信や地域の活性化も目指しています。

エピソード

黒龍石田屋は日本酒の中でも最高峰の品質を誇る銘柄ですが、この石田屋が高級品であると認められる理由にはこんなエピソードもあります。現皇太子殿下がご愛飲なされている日本酒が、黒龍の石田屋であると言われているのです。

 

また、皇太子殿下が現皇太子妃、雅子様とご成婚された際の引き出物として使われたことでも話題になりました。現在でも国賓などをもてなす際に出される日本酒は黒龍が多いと言われており、黒龍は毎年皇室に献上されている皇室御用達の日本酒であることから、一度は飲んでみたいと思う人がたいへん多いのも事実です。

 

元々皇太子殿下が焼酎や日本酒がお好きな方であることはとても有名な話であり、国賓をもてなすお酒として日本を代表する日本酒にもなっています。
黒龍に使用している米である山田錦と五百万石に関しても大きな特徴があります。まず山田錦は、兵庫県でも最も酒造好適米を育てるのに適している土壌である「特A地区」と呼ばれる地域で育てられており、この品種は石田屋に限らず、さまざまな品種の高級な日本酒に使用されています。現在では、この特A地区産の酒米そのものが、日本酒を製造する際にブランド価値を高めるものとなっており、大吟醸酒をはじめとする多くの高級な日本酒の原料として使用されています。

 

また、山田錦が使用された日本酒には、特に甘味が強いという特徴があります。一方、五百万石は、石田屋のさっぱりとした味わいをつくるのに大きくかかわっています。この品種は、あえて水をあまり与えないで育てられているので、稲が丈夫に育つという特性があります。

 

こちらは福井県をはじめとする北陸地方に多い品種であり、山田錦と五百万石は高級な日本酒を作るために必要な酒米の中でもツートップと言われています。これら2種類の酒米の特徴と、雪解け水の柔らかさがこの石田屋のまろやかな舌触り、風味のもととなっており、ワインのように長期間熟成されることによって、この特徴がより活かされているのです。

関連商品

日本酒の買取一覧へ戻る