八海山の買取・査定

(hakkaisan)

八海山(hakkaisan)

生産情報

生産国   
日本
地方
新潟

詳細

分類  
日本酒  
タイプ
吟醸酒、大吟醸、純米吟醸、純米大吟醸
主原料
山田錦、五百万石、ゆきん子舞

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

八海山の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

八海山の特徴

八海醸造株式会社は新潟県魚沼地方に位置し、越乃寒梅・久保田などに並んで新潟を代表する名酒造です。四季が色濃く凝縮されたかのような表情豊かな土地に、蔵元の八海醸造があります。

日本でも数少ない洗米機を導入して造られているのですが、手造り手法による大吟醸製造技術も用いられ、麹造りにおいては全て人の手で行われています。

お酒造りに対するこだわりやポリシーも確立されていて、普通酒から大吟醸酒まで手抜かりなく造られています。そのおかげで「寒梅と八海山は兄弟蔵」と評判になり、洗練された技で人気を博していきました。

そんな八海山は、八海山系地層からの湧水、通称”雷電様の清水”(軟水)を仕込み水として使用しています。高品質清酒「高品質の淡麗旨口、きれい、なめらか、ソフトな香味」であり、飲み飽きしない酒「端正にしてさわやかな飲み口」の典型的な端麗辛口が特徴。まさに新潟県のお酒にふさわしい味わいが楽しめる日本酒なのです!

歴史

八海醸造は、1922年(大正11年)新潟県南魚沼市に初代である南雲浩一氏が創業しました。他と比べると比較的若い蔵元となります。1953年に2代目の南雲和雄氏が社長に就任したのですが、この時の八海山はまだ有名でも人気があったわけでもありません。後継者を探すのに非常に苦労されたそうですよ!今の知名度からしたら考えられないですよね!

しかしここから怒涛の巻き返しを見せます。2代目和雄氏が社長に就任したときから、約40年間にわたってタッグを組んだ杜氏がいます。その杜氏と2代目が意外にも名コンビとなり、八海山の名前を全国区にまでのしあげたのだそうです。良い酒を造るには人間関係も重要になってくるんですね!

1967年には南魚沼郡内にある4つの酒造が共同精米で操業開始し、1997年に3代目南雲二郎氏が社長に就任しました。現在も人気の八海山は造られています。

エピソード

当時は「高品質な商品を少量だけ生産し、希少価値を高める」という…いわゆる不足戦略をもって、マーケットを拡大していく企業が多く、それがトレンドでもありました。

しかし八海山は、企業としての供給責任に重きを置いたため、安定して継続的に生産し、供給することを決意したのです。「日本酒」という狭いくくりではなく、あたかも日用品の一つのようなくくりでアプローチしていきました。

生産量を限定してプレミア感を出したり…欲しい人がいるのに、リスクを恐れて生産量を増やすための投資を怠ったり…ということは心底したくないのだそうです。この強い思いもあって、八海山にしかできない方法でここまでマーケットを拡大してこられたのです。

今でも絶賛成長中の企業なので、今後もどんなお酒が出てくるのか、楽しみですね!

日本酒の買取一覧へ戻る

関連カテゴリ