久保田の買取・査定

(kubota)

久保田(kubota)

基本買取情報

最高買取金額 ¥6,500
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥1,500
買取本数 91本

生産情報

生産国    
日本
地方
新潟
蔵元
朝日酒造

詳細

分類  
日本酒
タイプ
本醸造、大吟醸、純米酒、純米大吟醸  
原材料
五百万石、新潟早生

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

久保田の買取なら、お任せください!

1本でもお酒を高く売りたい方は今すぐお電話で無料査定を!

今すぐ電話査定する

上のボタンをタップするとフリーダイヤルで電話できます
お電話の場合、最短の査定時間はたった30秒です!

無料査定フォームはこちら

業界最高値 買取宣言!もしも他社より買取価格が1円でも安かった場合は、お電話でお知らせ下さい。業界最大手として、他社に負けないように頑張らせていただきます!

はじめての方へ

この商品に関連した
商品カテゴリを見る

久保田の特徴

「久保田」は全体的な酒質は芳香があり、すっきりとした辛口酒となっています。高い技術力と近代的な設備の導入により創り出されるお酒は、地酒の代名詞とまで謳われる逸品です。

「久保田」をつくる朝日酒造はとことん酒米にこだわる蔵元であり、関連会社にて酒米の栽培を原肥栽培やアイガモ農法によって行っています。精米に関しても自社で精米棟を持ち、精米歩合は極限の28%を実現しています。

仕込み水は分厚い石、砂の地層を通り抜けて余計な成分が取り除かれており、軟水で柔らかく、きめの細かい非常においしい水が使用されています。

かつて、「酒の品質は、原料の品質を越えられない」と杜氏が言ったそうです。「原料となるお米や水が美味しくなければ、美味しい酒は造れない」。そういった想いがこの言葉には込められています。

こうした確かな技術と良い酒を造ろうという情熱が実を結んだ結果、「朝日酒造」の名前が全国区にまでなったのです!

歴史

朝日酒造は1830年(天保元年)に創業されました。『久保田』と言うのは朝日酒造の創業時の屋号を指します。同社はもともと「久保田屋」という名前で酒造りを始めました。「朝日酒造」となったのは1920年(大正9年)のことです。

朝日酒造の「久保田」は、1985年に千寿と百寿が発売されました。その翌年に萬寿が、さらにその翌年に翠寿、碧寿、紅寿と次々リリースされました。ちなみに百、千、萬の数字は、酒質のランクを表しています。

エピソード

「『久保田』のある居酒屋は信頼できる!」と言われるほど、日本酒としての確固たる地位を築いたのが「朝日酒造」です。火入れから貯蔵、熟成までの 酒造りにおける全工程の品質管理を徹底していて、丁寧に酒質の安定を図っています。

飲んでしまうのが惜しいとまで思わせる、洗練された味わいを感じることができます。飲み口はやわらかく、キレ・爽快さも兼ね備えているのです。旨みもしっかり乗っているので風格ある味わいが楽しめる、まさに極上の日本酒です。

日本酒の買取一覧へ戻る