明鏡止水の買取・査定

(meikyoushisui)

明鏡止水(meikyoushisui)

基本買取情報

最高買取金額 ¥3,000
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥1,500
買取本数 7本

生産情報

生産国 
日本  
地方
長野

詳細

分類  
日本酒
タイプ 
本醸造、純米酒、大吟醸、純米大吟醸
主原料
山田錦、美山錦

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

明鏡止水の買取なら、お任せください!

1本でもお酒を高く売りたい方は今すぐお電話で無料査定を!

今すぐ電話査定する

上のボタンをタップするとフリーダイヤルで電話できます
お電話の場合、最短の査定時間はたった30秒です!

無料査定フォームはこちら

業界最高値 買取宣言!もしも他社より買取価格が1円でも安かった場合は、お電話でお知らせ下さい。業界最大手として、他社に負けないように頑張らせていただきます!

はじめての方へ

この商品に関連した
商品カテゴリを見る

明鏡止水の特徴

「明鏡止水」を造る大澤酒造は、兄の大澤誠氏が社長を、弟の実氏が杜氏を務める兄弟蔵です。「明鏡止水」のブランド自体は、1989年(平成元年)に立ち上げられました。

米の旨みがある個性の強い酒造りをモットーに、少しでも多くの人に日本酒を好きになってもらう努力を怠らないよう心掛けているそうです。

フローラルな香りと、爽やかでキレ味のいい飲み口が特徴です。

歴史

「明鏡止水」の醸造元である大澤酒造は、長野県東部に位置し、北に浅間山、南に蓼科山を見張らせる北佐久郡望月町茂田井にあります。茂田井は旧中山道望月宿と隣の芦田宿(立科町)の間の宿(あいのしゅく)──宿場町の補助宿として栄え、大澤家は豊富な米、良質の水に恵まれた自然環境を生かして1689年(元禄2年)より酒造りを始めました。

今では、その造りのほとんどが酒造好適米によって、丁寧に心をこめて醸されています。旧300年以上続き、「善光寺秘蔵酒」の銘柄でも親しまれてきた蔵元です。

エピソード

「明鏡止水」とは、「明鏡」=きれいに磨いた鏡、「止水」=静止した水を意味します。つまり、一点の曇りもないまでに磨き上げられた鏡や、静止して揺るがない水面のような研ぎ澄まされた心境であり、邪念がなく澄み切った心を表しています。

この銘柄には強い思い入れがあり、さまざまなすばらしい人との出会いによって生まれ育った経緯があります。21世紀を迎えた今、大澤酒造の主張、スタイルをこの酒に凝縮しつつ、さらに新しい「明鏡止水」の展開に努めているそうです。

日本酒の買取一覧へ戻る