田酒の買取・査定

(densyu)

田酒(densyu)

生産情報

生産国   
日本
地方
福井

詳細

分類  
日本酒
タイプ
純米大吟醸、特別純米酒  
主原料
山田錦

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

田酒の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

田酒の特徴

田酒を酒造している西田酒造店は、「田酒」、「喜久泉」の銘柄で全国的にもかなり知名度の高い蔵元です。知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?1980年代に純米酒「田酒」がトップに評価され、これがきっかけで地酒ファンや飲食業界で大変なフィーバーが起こりました。そして、あまり大量生産出来ないことから不足気味になってしまいます…。

しかし、「量の多きを追わず地域の酒として地元で愛されるお酒を第一に考えています。」という言葉のように、決して量に走ることなく、伝統的な手造りをという信念を貫き、質の高い酒造りを守り続けています。

こうした謙虚な姿勢をくずさない、真面目で丁寧な造りをしている蔵のお酒は「本醸造、純米、吟醸酒とどれを飲んでも間違いがない」と地酒ファンからも圧倒的な支持を得ています。

ちなみに田酒の名前の由来ですが、田んぼのお酒…そのままの意味です。
あまりにもストレートな名前ですが、日本の田んぼ(お米)以外の産物(醸造用アルコールや添加糖類など)を一切使用していないことを力強く主張した名前となっています。
造り手の思いが込められたお酒だと、名前からも感じられますね。

歴史

西田酒造は、明治11年(1877年)創業の青森県で作られる青森市の唯一の蔵元です。 そこで多くの地酒ファンから愛されている『田酒』が作られています。

米の旨みが生きる旨口の純米酒であり、「日本の原点に帰り、風格のある本物のお酒を作りたい」という思いから、昭和45年より【完全手作りの酒造り】に着手され、商品化までに3ヶ年を費やされ、昭和49年に発売されました。

現在では幻の米と言われる酒米「古城錦」を特定の農家さんに栽培を依頼し、復活させて1991年から仕込みを開始。地元向けに「田酒 古城錦」として販売しているそうですよ。
このお酒を知っている方は、相当レアだと思います。

エピソード

田酒への作り方のこだわりも、ファンの心をつかむポイントになっています。全量特定名称酒(吟醸と純米のみ)であること、平均53%の高精白であること、全量活性炭不使用であること、吟醸酒クラス以上は瓶貯蔵などなど。

これらの徹底ぶりが、田酒の人気のひとつであり、「使うのは米だけ」「田んぼの米だけで作る!」というこだわりも、まさに『田酒』というネーミングにふさわしい究極の日本酒だと言えます。

田酒の銘柄にはいくつかもあり、それぞれで飲み方や味わいが異なりますが、どれも「辛口ながら米の旨みがたっぷりあって、飽きない!」「厚みのある味だがキレもあり、食事の邪魔をせず食中酒にも最適!」 と、食卓もより一層楽しめる日本酒となっています。

日本酒の買取一覧へ戻る

関連カテゴリ