十四代の買取・査定

(zyuuyondai)

十四代(zyuuyondai)

基本買取情報

最高買取金額 ¥260,000
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥22,000
買取本数 345本

生産情報

生産国   
日本
地方
山形

詳細

分類   
日本酒
タイプ 
純米酒、純米吟醸、純米大吟醸
主原料
龍の落とし子、山田錦

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

十四代の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

十四代の特徴

国内で絶大な人気を誇る日本酒「十四代」。蔵元は「海外からも飲みに来てもらえるような日本酒にしたい」という思いも持っているそうです。

海外で日本酒人気が高まっている現状、海外での販売よりも、日本に来た海外の方に体験してもらいたい。また、「十四代」という美味しいお酒があるから日本に飲みに行こう、と思われるくらいの銘柄にしたいとのこと。

ワインと違って、日本酒は品種の違いによる味の個性は見分けにくいですが、十四代は使用するお米の違いで味違いを楽しむこともでき、幅広く地酒ファンを魅了しています。

歴史

1615年(元和元年)創業の高木酒造。

この酒造が出す「十四代」の人気を下支えしてきたとも言われるのが、地元で人気の銘柄「朝日鷹」です。この銘柄の生みの親は“日本酒業界のプリンス”とも称される、専務兼杜氏の15代目・高木顕統氏。

「十四代」はやわらかく、味わい広がる楽しみができるのも人気の一つで、その秘訣は使用される水にもポイントがあります。山形の厳しい冬に生まれる「雪」があるからこそ、もろみの発酵がうまく運び、口の中にやわらかく広がりながらきれいに消えるのです。

そして、同時に山田錦特有の旨みを噛み締めたくなるような味わいもあり、完成度の高い日本酒をつくり上げることができると高木氏は語っています。

エピソード

「十四代」のラインナップをタイプ別で見てみると、キレと深みのある味わい深いが好みであれば、「愛山」がおすすめです。「山田錦」は、キレがありさっぱりしていて、香りのインパクトを楽しめる品となっています。

インパクトのある瑞々しい味は「龍の落とし子」、気品があり上品で飲みやすいタイプが「八反錦」です。そして爽やかな味わいである 「出羽燦々」。

このように多種多彩なラインナップがある「十四代」は、通からビギナーまで虜にしています。稀少な日本酒ではありますが、長く多くの方から愛される逸品なのです。

関連商品

日本酒の買取一覧へ戻る

関連カテゴリ