而今の買取・査定

(zikon)

而今(zikon)

生産情報

生産国   
日本
地方
三重

詳細

分類 
日本酒
タイプ  
特別純米酒、純米吟醸
主原料
山田錦、五百万石

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

而今の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

而今の特徴

初めての方はパッと『而今』と…漢字を見ただけでは読めないと思います。
これは「じこん」と言いまして、仏教の禅の教えであり、蔵の座敷にあった掛け軸からインスピレーションを得て命名されたという由来を持っています。「過去にも囚われず、未来にも囚われず、今この時を精一杯に生きる」という杜氏の熱い思いが込められているのです。
たった2文字だけなのに、メッセージ性がありますよね。

『而今』の生酒はフレッシュでジューシーな美味しさが際立ち、火入れ酒は火入れの技術に冴えを見せ、旨味とキレの対比が見事のバランスを生み出しています。

実は而今ブランドが立ち上がったのは2005年と…そんなに昔ではないのです!日本で最も権威のある日本酒の品評会「全国新酒鑑評会」で、幾度となく金賞を取っているのですが、なんと…ブランドを立ち上げたその年に金賞を受賞してしまうという、驚きの速さでその名をとどろかせたのでした!

『而今』は、お酒通からビギナーの方たちまで、幅広く飽きずに味わいを楽しめる日本酒になっています。そして、旨味が七色に輝き、五味が多彩に変化すると称賛されるほど、味わい深い日本酒です。銘柄豊富な『而今』…一度は試したい逸品ですね!

歴史

1818年に創業された「木屋正酒造」でこの『而今』は造られています。
ここでは、昔ながらの製法で酒造りを行っています。
お米を少量ずつ丁寧に洗い、手作りの麹を使って、時間をかけてゆっくりと発酵させていく…この伝統的なプロセスを守りながら、過去にも未来にも囚われない日本酒を造り出していくのです。

「木屋正酒造」がある三重県名張市は、万葉の昔より伊勢への宿場町として栄えた所で、「旅には酒」といわれた酒どころであり、また伊賀の地は伊賀米の産地として知られた米どころです。

周囲を山に囲まれ、その湧き出る水と冬の厳しい気候は酒造りに適しています。「酒米、水、気候」の、酒を造る上で好条件三拍子がそろっているのです!
まさに酒造りに選ばれた場所といっても過言ではないでしょう。

エピソード

而今のにごりざけはメロンやバナナのようなフルーティな香りがほのかに漂います。口に含むと微炭酸であり、すっきりした、それでいてきめ細やかな甘みもあります。

一般的に日本酒は、必要以上に発酵をさせないために「火入れ」という作業を行うのですが、一度「火入れ」をしてしまうと、どうしても生酒のフレッシュ感が無くなってしまいます。
しかし、『而今』の場合、火入れしているのにもかかわらず、フレッシュ感が失われていません!
このギャップに多くの人々が魅了されて、全国のファンが買い求めるのだとか!
まだ味わったことが無い方は、試してみる価値ありですよ!

日本酒の買取一覧へ戻る

関連カテゴリ