高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

赤霧島 の買取・査定

(aka-kirishima)

赤霧島 (aka-kirishima)

生産情報

生産国
日本
地方
宮崎
蔵元
霧島町蒸留所

詳細

分類
焼酎
タイプ
芋焼酎
原材料
紫芋(紫優)

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

赤霧島 の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

赤霧島の特徴

霧島酒造の原点は自然のめぐみにあります。赤霧島以外で使われている原材料の黄金千貫(こがねせんがん)や名水である霧島裂罅水(きりしまれっかすい)、そして宮崎県で勧めている麹の研究。これら3つが揃って霧島酒造の焼酎作りが始められるのです。

霧島酒造は、創業当事からの伝統的な製法を守りながら技術において磨きをかけてきました。一つ一つの工程に昔ながらの知恵と磨き続かれている技術が光っています。

赤霧島は上品な香り、味わいがたまらない「霧島」の季節限定品。飲み口はピュアでまろやか、風雅な甘みと華やかな香りは、女性が呑める芋焼酎を造りたかったという開発グループの想いが込められています。

歴史

霧島酒造は1916年(大正5年)に、江夏吉助氏が芋焼酎の製造を始めたのが起源です。初蔵出しされた焼酎は黒麹仕込みの芋焼酎でした。

宮崎市と鹿児島市の中間に位置する「品質をときめきに」を企業理念とし、焼酎を中心とした酒類を製造している蔵元です。

赤霧島は平成14年に品種登録された紫芋「ムラサキマサリ(紫優)」が原料となっています。これは幻の紫芋とも言われている品種です。

ムラサキマサリは高澱粉の「シロユタカ」の組合せで、アントシアニンを多く含む肉色は紫色の芋です。麹が生成するクエン酸に反応し、もろみが赤くになることから「赤霧島」と名付けられました。

エピソード

霧島酒造で品質を支える水には「霧島裂罅水(きりしまれっかすい)」が使用されています。 霧島裂罅水とは、昭和30年に秋田油田のボーリングによって掘り当てた、都城盆地の地下岩盤の割れ目から噴き出す清冽な天然水。

シラス層や火山灰土壌などを浸透する雨水が濾過され、蓄えられたミネラルたっぷりで炭酸ガスを含んだ水。霧島の焼酎造りには欠かせない美味しさの源です。

焼酎の買取一覧へ戻る

焼酎の買取商品カテゴリ