赤霧島 の買取・査定

(aka-kirishima)

赤霧島 (aka-kirishima)

基本買取情報

最高買取金額 ¥1,000
※過去最高金額での買取り結果です。

生産情報

生産国
日本
地方
宮崎
蔵元
霧島町蒸留所

詳細

分類
焼酎
タイプ
芋焼酎
原材料
紫芋(紫優)

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

赤霧島 の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

赤霧島の特徴

霧島酒造の原点は自然のめぐみにあります。赤霧島以外で使われている原材料の黄金千貫(こがねせんがん)や名水である霧島裂罅水(きりしまれっかすい)、そして宮崎県で勧めている麹の研究。これら3つが揃って霧島酒造の焼酎作りが始められるのです。

霧島酒造は、創業当事からの伝統的な製法を守りながら技術において磨きをかけてきました。一つ一つの工程に昔ながらの知恵と磨き続かれている技術が光っています。

赤霧島は上品な香り、味わいがたまらない「霧島」の季節限定品。飲み口はピュアでまろやか、風雅な甘みと華やかな香りは、女性が呑める芋焼酎を造りたかったという開発グループの想いが込められています。

歴史

霧島酒造は1916年(大正5年)に、江夏吉助氏が芋焼酎の製造を始めたのが起源です。初蔵出しされた焼酎は黒麹仕込みの芋焼酎でした。

宮崎市と鹿児島市の中間に位置する「品質をときめきに」を企業理念とし、焼酎を中心とした酒類を製造している蔵元です。

赤霧島は平成14年に品種登録された紫芋「ムラサキマサリ(紫優)」が原料となっています。これは幻の紫芋とも言われている品種です。

ムラサキマサリは高澱粉の「シロユタカ」の組合せで、アントシアニンを多く含む肉色は紫色の芋です。麹が生成するクエン酸に反応し、もろみが赤くになることから「赤霧島」と名付けられました。

エピソード

霧島酒造で品質を支える水には「霧島裂罅水(きりしまれっかすい)」が使用されています。 霧島裂罅水とは、昭和30年に秋田油田のボーリングによって掘り当てた、都城盆地の地下岩盤の割れ目から噴き出す清冽な天然水。

シラス層や火山灰土壌などを浸透する雨水が濾過され、蓄えられたミネラルたっぷりで炭酸ガスを含んだ水。霧島の焼酎造りには欠かせない美味しさの源です。

焼酎の買取一覧へ戻る

関連カテゴリ

焼酎の買取商品カテゴリ