東兆の買取・査定

(azumano-kizashi)

東兆(azumano-kizashi)

生産情報

生産国   
日本
地方
鹿児島
蔵元 
大石酒造

詳細

分類
焼酎
タイプ
芋焼酎
原材料
さつまいも(栗あづま)、米

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

東兆の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

東兆の特徴

「東兆」は鹿児島県長島町で生産された米(ひのひかり)と、温暖な気候と良質の赤土で作られた芋を使用しています。

仕込み水には大川地区を流れる尻無川上流久保田に湧く名水「平出石の水(ひででしのみず)」を用い、白麹と甕で仕込み、さらに1年間甕貯蔵し、熟成しています。

販売店のインパルス諏訪のプライベートブランド銘柄である「東兆」は、「東のほうから何かが起こる兆しがある」という願いを込めて名前が付けられました。

そんな「東兆」は、原料の良さがそのまま酒質に影響し、豊かな大地の恵みと、妥協を許さない造り手のこだわりを感じることができます。

さつま芋ならではのやわらかな甘味と香りが広がるやさしい味わい、後味はとてもスッキリしていて、いつまでも芋の香りが残りません。

東兆原酒は、原酒だからキツイのではと思われがちですが、アルコール度数の高さを感じさせない、やわらかい芋の甘味を感じることができます。

原料にこだわり造り上げた味をゆっくりと楽しみたい焼酎です。

歴史

「東兆」の蔵元である大石酒造の創業は1899年(明治32年)です。百年を超える歴史があり、5代にわたって焼酎造りを続けてきました。

創業の年は自家用酒製造禁止法が施行された年でもあります。そして、国は自家用醸造禁止の代わりに共同醸造を認めました。

当初は創業者の大石長次郎氏を含めた3人で共同醸造をしていましたが、2年後には単独で事業を継続し、現在に至ります。大石酒造は2代目の軍吉氏の時、1957年(昭和32年)に有限会社となり、その後4年で株式会社になりました。

2代目の軍吉氏が早くに亡くなると、妻であったマツエさんが3代目を引き継ぎました。さらに軍吉氏の弟である安雄氏が4代目を引き継いでいます。

現在は4代目の息子である啓元氏が5代目を引き継いで切り盛りをしています。研究熱心な性格を生かし、5代目自らが杜氏となり、個性溢れる商品のラインナップに力を注いでいます。

エピソード

1993年(平成5年)から後を引き継いだ5代目である啓元氏は、元エンジニアでした。物づくりが好きだったことと、研究熱心だった性格が、杜氏となった現在でも生かされています。初代の頃からの銘酒である「鶴見」を守りつつ、新しい試みを次々行っています。

5代目のこだわりは作り手の思いを飲み手側が受け入れられるような焼酎を造ることだそうです。それぞれ商品ごとに、原材料や造り方などを個性的なものに変え、たくさんの商品を世に出してきました。

焼酎の買取一覧へ戻る

関連カテゴリ

焼酎の買取商品カテゴリ