喜六の買取・査定

(kiroku)

喜六(kiroku)

生産情報

生産国
日本
地方
鹿児島
蔵元
黒木本店

詳細

分類
焼酎
タイプ
芋焼酎
原材料
さつまいも

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

喜六の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

喜六の特徴

喜六は手造りの黒麹と、宮崎・児湯の大地で育てた掘りたての芋で仕込み、地元の生産者グループにて栽培した黄金千貫(こがねせんがん)を原料とし、その日に掘った芋をその日のうちに仕込んでいます。

最良の仕込み水と自社培養による酵母を用いて昔ながらの「甕」で酒母を造り、二次仕込み、蒸留を行い二年間以上熟成貯蔵し仕上げ、昔ながらの蒸留法を忠実に再現した「木桶蒸留」も特徴となっています。

機械化が主流となっている麹造りも手作業でおこない、手作業にこだわる焼酎造りをしています。

歴史

黒木本店の創業は明治18年(1885年)です。黒木本店の別蔵として、平成10年に建設した尾鈴山蒸留所で「喜六」は製造されています。

特徴は手造りの黒麹の個性が活かされている香ばしい風味と、芋の芳醇な旨味と洗練された風味で、まろやかな中にもスッキリした仕上がりです。

喜六の無濾過は原酒の風味をそのまま伝えるため、蒸留後の芋焼酎を無濾過・無調整で瓶詰めされています。

宮崎県高鍋町の大地の風土を味わうことができます。

エピソード

「きろく」の名前の由来は黒木の反対読みからきており、正式な文字には七を3つ重ねた「喜」の旧字体に六と書きます。

ラベルには『宮崎・児湯の大地で育てた掘りたての芋で仕込んでいます。手造りの黒麹と自家農園(農芸生産法人「甦る大地の会」)と地元生産者グループにて栽培した(黄金千貫)を原料とし、その日に掘った芋をその日のうちに仕込み、最良の仕込み水と自社培養による独自の酵母を用いて、昔ながらの「かめ」にて酒母を造り、二次仕込み、蒸留を行い二年間以上熟成貯蔵し仕上げました。

まろやかな風味をお楽しみください。』と記載されています。

焼酎の買取一覧へ戻る

関連カテゴリ

焼酎の買取商品カテゴリ