赤兎馬の買取・査定

(sekitoba)

赤兎馬(sekitoba)

基本買取情報

最高買取金額 ¥3,000
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥1,000
買取本数 5本

生産情報

生産国
日本
地方
鹿児島
蔵元
濵田酒造

詳細

分類
焼酎
タイプ
芋焼酎
原材料
さつまいも

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

赤兎馬の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

赤兎馬の特徴

「赤兎馬」はベースとなる原酒をゆっくりと寝かせ、仕上げに力強く味の若い原酒をブレンドして商品化されています。原材料には、厳選された良質な鹿児島県産黄金千貫を、手作業にて丁寧に選別し使用しています。

仕込みには白麹、水はシラス台地の地下数百メートルから湧き出る天然水を使用。

昔ながらの木桶蒸留器を使った甕仕込み、甕貯蔵という製法を守る伝兵衛蔵で製造され、甘くフルーティーな気品高い香りと芋の甘み、やわらかな口当りが特徴で、芳醇な旨みが口の中で広がります。

歴史

濵田酒造の設立は1868年(明治元年)です。創業以来、伝統的な本格焼酎を造り続けてきました。場所は鹿児島県いちき串木野市の串木野新港に隣接したところにあり、3つの蔵で焼酎づくりを行っています。

蒸留は、明治時代からの製法を守り続け、木桶蒸留器を使って甕で仕込んでいる伝兵衛蔵と、それとは対照的に最新鋭の技術を駆使している本社工場である傅藏院蔵、そして濵田酒造誕生前から行われた江戸時代の焼酎造りを再現している薩摩金山蔵の3つからなされており、これによりバランスの取れた焼酎造りが可能になっています。

エピソード

「赤兎馬」とは、三国志に登場し、”一日に千里走る”と言われた名馬の名前です。「赤い毛色を持ち、兎のように素早い馬」の意味があります。名馬のように銘酒として育てていきたいという思いから名づけられました。

春と秋、年に2回だけの特別限定酒の紫の赤兎馬は、原料芋に紫芋(綾紫)と黄金千貫を使用しています。

紫芋のフルーティーな口当たりと絶妙なバランスが魅力で、期待を裏切らない味と言えるでしょう。

最初の一口はストレートで、その後はロック・水割りで味わってみてください。

焼酎の買取一覧へ戻る

関連カテゴリ

焼酎の買取商品カテゴリ