山ねこの買取・査定

(yamaneko)

山ねこ(yamaneko)

生産情報

生産国
日本
地方
宮崎
蔵元
尾鈴山蒸留所

詳細

分類
焼酎
タイプ
芋焼酎
原材料
さつまいも

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

山ねこの買取なら、お任せください!

1本でもお酒を高く売りたい方は今すぐお電話で無料査定を!

今すぐ電話査定する

上のボタンをタップするとフリーダイヤルで電話できます
お電話の場合、最短の査定時間はたった30秒です!

無料査定フォームはこちら

業界最高値 買取宣言!もしも他社より買取価格が1円でも安かった場合は、お電話でお知らせ下さい。業界最大手として、他社に負けないように頑張らせていただきます!

はじめての方へ

この商品に関連した
商品カテゴリを見る

山ねこの特徴

「山ねこ」は全工程が手造りで、常圧蒸留、原料にもこれまでにないものを使用するこだわりの焼酎です。酵母は、自社培養による独自の酵母を使っています。

「山ねこ」を造る尾鈴山蒸留所は、黒木本店の別蔵としてつくられました。本店から車で30分ほどの場所、宮崎県中央の木城町石河内にあり、空気と静寂に包まれた緑豊かな自然の中に建っています。

ラベルの画は、蒸留所の近くに在住する版画家・黒木郁朝氏によりデザインされました。かわいらしい文字がとても個性的かつ印象的で、焼酎のラベルというよりは、絵本の表紙になりそうなかわいらしいデザインです。

歴史

黒木本店の創業は1885年(明治18年)です。1998年に、別蔵として尾鈴山蒸留所を創立しました。この蒸留所では、「山ねこ」の他にも、米焼酎の「山翡翠」、麦焼酎の「山猿(やませみ)」といった山シリーズがつくられています。

酒造しているお酒は大量生産・大量消費ではなく、少量ながらも、安全、丁寧に造られています。

蒸留所内は2つに分かれており、「人が活動する場」と「微生物が活動する場」になっているそうです。

エピソード

現在、芋焼酎の原料として使われているさつま芋の品種は黄金千貫が主体ですが、山ねこの原料は、全て自家農園(農業生産法人「蘇る大地の会」)で栽培された、九州108号(ジョイホワイト)という品種を使用しています。

ジョイホワイトを使用し、仕込まれた焼酎はフルーティで甘みがあり、キレが良いのが特徴。

徹底した手造りにて仕込み、2年間以上貯蔵・熟成させて仕上げた独自の風味を持った「山ねこ」。

爽やかな香りと清涼感のある口当たりの良さを、最初はぜひストレートでお楽しみください。

焼酎の買取一覧へ戻る

焼酎の買取商品カテゴリ


上へ戻る