米焼酎の高価買取に力を入れています

米焼酎一覧


Warning: join(): Invalid arguments passed in /var/www/sakekaitori.com/htdocs/wp/wp-content/themes/goodspace-v1-09-new/functions.php on line 736

耶馬美人(yababizin)

十四代 鬼兜(Zyuuyondai Onikabuto)

米焼酎の買取実績

お酒1本あたりの
平均買取金額

¥22,000

前月の
最高買取金額

¥0


買取本数実績

51本

お買取商品の買取分布

お買取商品の買取分布について

米焼酎の平均買取金額で最も多いのは〜9,999円の51本となっており、こちらの割合は全体の100%となっています。10,000円以上の買取本数は0本です。

米焼酎の最高買取金額

米焼酎の最高買取金額について

米焼酎の買取金額で最も高いものは十四代の300,000円で対象商品は 十四代 龍泉 純米大吟醸 720mlです。2位は洗心の5,000円で対象商品は洗心 純米大吟醸となっております。

米焼酎の平均買取金額

米焼酎の平均買取金額について

米焼酎の平均買取金額で最も高いものは十四代の23,000円です。2位は洗心の4,500円です。3位は月夜にこいの2,000円となっております。

米焼酎を絞り込む

米焼酎の高価買取に力を入れています

日本酒と同じ様に、米を原料として造られた焼酎で、米のウマミがしっかりと溶け込み、味はやや濃厚です。

特徴は、やはり日本人の舌に慣れ親しんだお米を使うことによる、その飲みやすさにあります。フルーティな香りと、クセや雑味のない味わいは、焼酎を飲み慣れていない方の入門にもオススメです。

ちなみに、同じ米から出来ている米焼酎と日本酒の違いは、焼酎は蒸留酒・日本酒が醸造酒というところです。麹を造り酵母でアルコール発酵させるところまでは同じですが、日本酒の場合はそれを絞る、焼酎の場合は絞らずに温め続けそれを気化させます。

そうすることによって出来た、より純度(アルコール度)の高い液体が米焼酎呼ばれます。