オーパスワンの高価買取特集

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

ワイン界の革命児!オーパスワンの高価買取特集!!

ワイン業界初のジョイントベンチャーとして、多くの人々に驚きを与えた「オーパスワン」

アメリカ最大のワイン生産地カルフォルニアにて、不変のメドック格付けを唯一覆し、1級に昇給させたバロン・フィリップ・ド・ロートシルトとカルフォルニアワインの重鎮ロバート・モンダヴィが手を組み誕生した唯一無二の作品。

 

ヴィンテージによっては、売り切れ続出で中々手に入らない物も多いので市場では中々手の届かない額で販売されています。

オーパスワンとは?

高級ワインと言えば、大半の方が歴史の長いワイナリーを連想するかと思いますが、オーパスワンはその中でも歴史の浅いワインです。

オーパスワンの誕生は、二人のワイン界の巨匠の手によって生まれました。その二人と言うのは、上記でもご紹介したバロン・フィリップ・ド・ロートシルトとロバート・モンダヴィです。バロン・フィリップ・ド・ロートシルトは、不変と言われるメドック格付けにてシャトー ムートン・ロートシルトを2級から1級に昇格させるなどワイン業界に数々の驚きと喜びを与えた人、まさにシャトーの王者と言うにふさわしい人物です。

そして、もう一人の人物はロバート・モンダヴィです。カリフォルニアワインの父とも呼ばれるパイオニア。世界中の偉大なワインと肩を並べることを目標に数々のプレミアムワインを手掛けた人物です。

1970年、二人はハワイで出会ったときに話は持ち上がりました。そしてこの時歴史は動き、壮大なプロジェクトが始まります。

「新世界と伝統的産地が誇るワイン造りのアイディアを組み合わせることで、最高品質かつ唯一無二のワインを造る」と言う夢を実現させた夢のワイン。

当時のシャトー・ムートン・ロートシルトのワインメーカーであったルシアン・シオノーとロバート・モンダヴィの息子、ティモシーはパートナーを組み1979年にロバートモンダヴィ・ワイナリーで初めてのヴィンテージを誕生させました。そして、その翌年1980年に、オーナーたちはジョイントベンチャーを発表し、ワイン業界を驚愕させました。

1981年、第一回のナパヴァレー・ワインオークションで、二人の巨匠の作ったジョイントワインは、カリフォルニアワイン史上最高価格で落札されました。二人は、フランス語圏と英語圏のどちらでも分かりやすいラテン語で音楽用語で作曲者の第一番の偉大な作品と言う意味の「オーパス」それに一つ言葉を加えて「オーパスワン」と名付けました。彼らは「オーパスワン」のラベルも取り組みました。バロン・フィリップ・ド・ロートシルトとロバート・モンダヴィの横顔を象ったデザインは、二人の力が平等であることを表し、どちらかに力が偏らないように出資比率も50%ずつと決めていました。

1979年と1980年のヴィンテージは、1984年にリリースされ、アメリカ初のウルトラプレミアムワインとして知られるようになりました。バロン・フィリップ・ド・ロートシルトが亡くなった1988年、一人娘のバロネス・フィリピーヌ・ド・ロートシルトがビジネスを継ぎ、同年「オーパスワン」は、世界へ進出しました。フランス、イギリス、ドイツ、スイスでウルトラプレミアムクラスの初のカリフォルニアワインとして輸出が始まりました。
現在も変わらず、オーパスワンのスタイルを継承しつつ、飲み手のことを考えたホスピタリティに溢れた作品を作り上げています。

オーパスワンはなぜ高く売れる?

二人の巨匠の夢の作品でもあり、プレミアムクラスのカルフォルニアワインと言うブランド力が強く、多くのワイン愛好家たちを唸らせる味わいが高額へ導いたと言っても良いでしょう。

 

ワイン評論家からも評価が高く、人気のヴィンテージでは数十万になる場合もあります。若いヴィンテージは、オールドヴィンテージに比べると見劣りする価格になるかもしれませんが、それでも市場で安くても3万前後で取引されています。

 

ワインとしての歴史が浅い分、これからどんどん高値になる可能性を秘めているワインです。

オーパスワンの銘柄一覧

オーパスワン

オーパスワンの銘柄紹介

◇オーパスワン

繊細な味わいで、香りはまるでバラやスミレの様で、味わいはフルーティーでエレガント。まさに一つの音楽の様なワインです。ファーストヴィンテージは、かなり希少で数十万円するケースもあります。

最新ヴィンテージのヴィンテージ2013年は、ワイン・スペクテイター誌の元副編集長で世界的なワイン評論家であるジェームス・サックリング氏が2016年に発表した「2016年のトップ100ワイン」において第1位と評価されました。発売当初は、完売したワインショップもありました。また、ロバート・パーカー氏が「キャリア史上、最高のヴィンテージ」とも絶賛したそうです。

ヴィンテージ1979~1984年の物は、よく熟成され飲み頃ですので、買取価格もかなり期待できます。

◇オーバーチュア

オーパスワンのセカンドワインです。セカンドワインと言っても生産量がかなり少ない為、オーパスワンのワイナリーのみの販売な上に、味わいもオーパスワンを超えると評価する方もすくなくありません。価格もオーパスワンよりも若干手ごろなため、コスパが良く飲みやすいと言う声もあります。

毎年生産されるわけではないので、ノンヴィンテージになります。その希少性からも、以前は知名度が低く、知る人ぞ知るワインでしたが、現在では広く知られ待ち望むファンも多くいます。

さらなる高価買取のためのポイント

オーパスワンの若いヴィンテージをお持ちの方であれば、もっと熟成させて価格アップを狙っている方もいらっしゃるかもしれません。

ワインセラーで適切に熟成させていれば、問題もなく出来るかもしれません。ですが、中々ワインセラーをお持ちの方はいらっしゃらないかと思います。かと言って、ただ普通に置いているだけでは、最悪の場合品質の劣化を招いてしまう場合もあります。

ワインは、急激な温度変化や光に弱いので、その様な場合、液漏れなどのトラブルを起こしてしまい、買取できなくなってしまいます。

一時的に保管するのであれば、冷蔵庫の野菜室で光対策に新聞紙を巻くなどの対処で問題ありませんが、庫内を圧迫させますので長期保存は難しいですよね。

保管する適切なスペースがない場合には、早めに売却することをおすすめします。確かにオールドヴィンテージの方が、高額になり得るケースが多いですが、その年によってかなり金額も前後してしまいますし、状態が悪ければ減額や買取できなくなります。そうすると元も子もないですよね。

加えて、箱や付属品、ラベルも買取査定に響きます。キレイな状態で、全てが揃っていると買取額がアップしますが、キズやほこり、付属品がないと言った場合には減額の対象になってしまいますので、注意が必要です。

「こう考えると、どうしたら良いかわからない!」と言うお困りの方、弊社にご連絡ください!弊社では、他社に比べて高く買取りをさせて頂きます!

遠方の方や重たくて運べない、お店に向かう途中で割れてしまうかもとご心配の方も安心して売却できるように、出張買取も行っております。とりあえず、相談だけでもと言う方もメールや写真でも査定をおこなっていますので、気兼ねなくご利用いただけます。

お電話ですぐ査定!

錦糸町本店 受付時間 9:00~19:00まで

0120-978-990 電話ですぐ査定

新宿歌舞伎町店 受付時間 9:00~19:00まで

0120-567-955 電話ですぐ査定

神奈川横浜店 受付時間 10:00~19:00まで

0120-485-552 電話ですぐ査定

愛知名古屋店 受付時間 9:00~19:00まで

0120-051-552 電話ですぐ査定

大阪心斎橋店 受付時間 9:00~19:00まで

0120-645-552 電話ですぐ査定

福岡博多店 受付時間 9:00~19:00まで

0120-524-552 電話ですぐ査定

宮城仙台店 受付時間 9:00~19:00まで

0120-645-552 電話ですぐ査定

埼玉大宮出張買取専門店 受付時間 9:00~19:00まで

0120-978-990 電話ですぐ査定

査定方法をお選びいただけます