高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

エライジャ・クレイグの買取・査定

(elijah-craig)

エライジャ・クレイグ(elijah-craig)

生産情報

生産国         
アメリカ
地域
ケンタッキー
地区
ルイヴィル
ウエストブレッキンリッジ・ストリート
作り手
ヘブン・ヒル蒸留所

詳細

分類     
アメリカンウイスキー
タイプ
バーボン・ウイスキー
原材料
ライ麦 酵母 とうもろこし

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

エライジャ・クレイグの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

エライジャ・クレイグ(elijah-craig)の特徴

エライジャ・クレイグ氏は、アメリカ合衆国のバプテスト派の牧師でした。

バーボン・ウイスキーを最初に製造したと伝えられており、「バーボンの父」として知られています。また、ケンタッキー州ジョージタウンの創設者としても有名な人物です。

エライジャ・クレイグは、牧師の名に恥じないバーボンを造ろうと、企画から25年もの歳月をかけて製品化されたブランドです。

なお、バーボンの名前の由来は独立戦争のときにアメリカに味方をしていたフランスのブルボン朝から来ているといわれています。

歴史

当初のウイスキーは、農家の軒先や納屋に置いたごく小さな蒸留器で造る簡単で素朴なものでしたが、1785年、ジョージタウンにやって来たエライジャ・クレイグ牧師は副業でウイスキー造りに励み、1789年にウイスキーの蒸留所を建設しました。

その時に造ったものが、トウモロコシに大麦とライ麦をミックスして火にかけ、糖分を抽出して水を混ぜ、リンゴとプラムを入れて熟成させたのちに蒸留するというものです。

エライジャ・クレイグ牧師は、蒸留したウイスキーを、内側の焼けた樽に入れたまま放置してしまい、3~4年後に開けてみると、焦げたオークのために赤味がかった芳醇な液体が現れた、というのがバーボンの始まりという説が有力です。

 

逸話

エライジャ・クレイグ牧師が造った最初のバーボンは、「レッドリカー」「リキッドルビー」と言われました。

バーボン・ウイスキー特有の風味を作る「樽を焼く」という製法も、クレイグ牧師がある時鶏小屋の火事で樽の底を偶然にも焦がしてしまったことが始まりと言われています。

新品の樽を調達する資金もなく仕方なしに焦げた樽を使い続けたところ、偶然に芳醇な香りとマイルドな味わい、そして美しい琥珀色のウイスキーに仕上がったのです。

これ以降バーボン造りには焦げた樽を使用することが定着しました。

実際のところ彼がバーボンの創始者であると言う確固たる証拠はありませんが、ウイスキーの父としての名前はアメリカン禁酒時代において有効的な対抗手段と考えられたのかもしれません。

ウィスキーの買取一覧へ戻る