ファイティング・コックの買取・査定

(fighting-cock)

ファイティング・コック(fighting-cock)

基本買取情報

最高買取金額 ¥11,000
※過去最高金額での買取り結果です。

生産情報

生産国       
アメリカ
地域
ケンタッキー
地区
ネルソン
村 
バーズタウン
作り手
バーンハイム蒸溜所

詳細

分類    
アメリカンウイスキー
タイプ
バーボン・ウイスキー
原材料
小麦 酵母 とうもろこし

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ファイティング・コックの買取なら、お任せください!

1本でもお酒を高く売りたい方は今すぐお電話で無料査定を!

今すぐ電話査定する

上のボタンをタップするとフリーダイヤルで電話できます
お電話の場合、最短の査定時間はたった30秒です!

無料査定フォームはこちら

業界最高値 買取宣言!もしも他社より買取価格が1円でも安かった場合は、お電話でお知らせ下さい。業界最大手として、他社に負けないように頑張らせていただきます!

はじめての方へ

この商品に関連した
商品カテゴリを見る

ファイティング・コック(fighting-cock)の特徴

バーボンは時代とともにライト化する傾向にありますが、その中であえて時流に逆らった昔のままの男性的な、闘鶏の姿を連想させるヘビーなタイプのバーボンがファイティング・コックです。

製造拠点をバーンハイム蒸溜所に移したヘヴン・ヒル社が製造する数多くのブランドの一つで、独自に熟成、製品化しています。

ファイティング・コック6年は、ラベルに「103」(103プルーフ=アルコール度数51.5%)とあるように、度数も高いです。

そして、一番の特徴がライ麦のかわりに小麦を使用していること。
バーボンは一般的にとうもろこし、ライ麦、大麦麦芽が原料ですが、このバーボンは力強くかなりドライでさっぱりとしています。

香りもそれほど強くはなく、変な苦味やトゲトゲしさも感じられません。そのため、すっきり飲めて後味もそれほど残らないことが特徴です。

歴史

ファイティング・コックを製造したヘヴン・ヒル蒸溜所は、1889年にネルソン郡バーズタウンに建設されました。当時、この蒸溜所は家族による小規模な経営でしたが、後に会社組織となり、その経営もだんだんと拡大してきました。

アメリカの禁酒時代が終了した後の1935年からは、数少ない独立系の会社として現在までその地位を保っています。

また、同社はジムビームの子孫であり、アメリカ禁酒法時代も変わることなくウイスキーブランドを引っ張ってきたビーム家とも深い絆があり、ファイティング・コックの蒸留も酵母もこの一族が関わっています。

逸話

ファイティング・コックとは「闘鶏」を意味します。ラベルに描かれている「闘鶏」は、アメリカなどでは鶏の足に小型ナイフを装着させ1対1で戦わせている、鶏と鶏が戦う競技で、チキンファイトとも言われています。

15年は凛々しく立つ闘鶏の絵のラベルで、15年間の長期熟成による重厚な味わい深さを特徴とし、香り豊かで、味がとてもしっかりとしたバーボンです。
ファイテング・コック6年と15年では、同じブランドとは思えないくらいボトルの外観は違いますが、どちらもイメージ通りの力強さがあります。

また、ファイティング・コックを製造しているバーンハイム蒸溜所は、味に刺激的なパンチを加えるため、ライ麦ではなく、小麦を使用していると公表しています。

ウイスキーの買取一覧へ戻る