高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

ファイティング・コックの買取・査定

(fighting-cock)

ファイティング・コック(fighting-cock)

生産情報

生産国       
アメリカ
地域
ケンタッキー
地区
ネルソン
村 
バーズタウン
作り手
バーンハイム蒸留所

詳細

分類    
アメリカンウイスキー
タイプ
バーボン・ウイスキー
原材料
小麦 酵母 とうもろこし

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

ファイティング・コックの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ファイティング・コック(fighting-cock)の特徴

バーボンは時代とともにライト化する傾向にありますが、その中であえて時流に逆らった昔のままの男性的な、闘鶏の姿を連想させるヘビーなタイプのバーボンがファイティング・コックです。

製造拠点をバーンハイム蒸溜所に移したヘヴン・ヒル社が製造する数多くのブランドの一つで、独自に熟成、製品化しています。

ファイティング・コック6年は、ラベルに「103」(103プルーフ=アルコール度数51.5%)とあるように度数も高いです。

そして、一番の特徴がライ麦のかわりに小麦を使用していること。
バーボンは一般的にとうもろこし、ライ麦、大麦麦芽が原料ですが、このバーボンは力強くかなりドライでさっぱりとしています。

香りもそれほど強くはなく、変な苦味やトゲトゲしさも感じられません。そのため、すっきり飲めて後味もそれほど残らないことが特徴です。

歴史

ファイティング・コックを製造したヘヴン・ヒル蒸留所は1889年にネルソン郡バーズタウンに建設されました。当事この蒸留所は家族による小規模な経営でしたが、後に会社組織となりその経営もだんだんと拡大してきました。

アメリカの禁酒時代が終了した後の1935年からは、数少ない独立系の会社として現在までその地位を保っています。

また、同社はジムビームの子孫であり、アメリカ禁酒法時代も変わることなくウイスキーブランドを引っ張ってきたビーム家とも深い絆があり、ファイティング・コックの蒸留も酵母もこの一族が係わっています。

逸話

ファイティング・コックとは「闘鶏」を意味します。ラベルに描かれている「闘鶏」は、アメリカなどでは鶏の足に小型ナイフを装着させ1対1で戦わせている、鶏と鶏が戦う競技でチキンファイトとも言われています。

15年は凛々しく立つ闘鶏の絵のラベルで、15年間の長期熟成により重厚な味わい深さを特徴とし、香り豊かで、とても味のしっかりとしたバーボンです。
ファイテング・コック6年と15年では、同じブランドとは思えないくらいボトルの外観は違いますが、どちらもイメージ通りの力強さがあります。

また、ファイティング・コックを製造しているバーンハイム蒸留所は、味に刺激的なパンチを加えるためにライ麦ではなく、小麦を使用していると公表しています。

ウィスキーの買取一覧へ戻る