ジム・ビームの買取・査定

(jim-beam)

ジム・ビーム(jim-beam)

基本買取情報

最高買取金額 ¥13,050
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥1,500
買取本数 72本

生産情報

生産国         
アメリカ
地域
ケンタッキー
地区
ハッピーホロー・ロード
クレアモント
作り手
クレアモント蒸溜所

詳細

分類     
アメリカンウイスキー
タイプ
バーボン・ウイスキー
原材料
とうもろこし ライ麦 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ジム・ビームの買取なら、お任せください!

1本でもお酒を高く売りたい方は今すぐお電話で無料査定を!

今すぐ電話査定する

上のボタンをタップするとフリーダイヤルで電話できます
お電話の場合、最短の査定時間はたった30秒です!

無料査定フォームはこちら

業界最高値 買取宣言!もしも他社より買取価格が1円でも安かった場合は、お電話でお知らせ下さい。業界最大手として、他社に負けないように頑張らせていただきます!

はじめての方へ

この商品に関連した
商品カテゴリを見る

ジム・ビーム(jim-beam)の特徴

世界で最も愛されているバーボン・ウイスキー、それがジム・ビームです。ジム・ビームはケンタッキー州クレアモント蒸溜所で製造されています。

このジム・ビームは1795年よりずっとビーム社が所有している銘柄で、2005年には1000万樽目のバレルを熟成用ラックに収納しました。

2014年には、ビーム社の全株をサントリーホールディングが取得。同社が買収することが合意されました。

ビーム社からは、「ジム・ビーム」の各種商品に加えて、少量限定生産であるプレミアムバーボンの「ベーカーズ」、「ベーシル・ヘイデン」、「ブッカーズ」、「オールド・クロウ」、「オールド・テイラー」などの人気商品がリリースされています。

歴史

18世紀、後にビームに改姓したジェイコブ・ボームは、バージニア州で製粉業と農業を営んでいました。その後、西のケンタッキー州に移り、1795年に最初のウイスキーの樽を現金で買い、販売したと言われています。

その後、養父からワシントン郡の土地を相続し、蒸溜所を設立します。

ジェイコブには2人の息子がいましたが、跡を継いだのはデヴィッド・ビームでした。

この息子の時代には、蒸溜所はオールド・タブと呼ばれ親しまれていました。1854年にはデヴィッドの息子がネルソン郡に蒸溜所を移転。線路脇に移転したその蒸溜所は、クリアー・スプリングス蒸溜所と名付けられました。

現在のブランド名ともなっているジム・ビームは、創業者であるジェイコブのひ孫にあたります。

16歳のときに一族のウイスキー造りに携わるようになり、アメリカの禁酒法の影響で蒸溜所が閉鎖になるまで、その事業を大きく発展させました。

逸話

1933年に70歳となったジム・ビームは、クリアー・スプリングス蒸溜所の近くに現在のクレアモント蒸溜所を建てました。そして、ジム・ビームの名前を初めてラベルに掲げ、自身の会社がシカゴのハリー・ブラム社に買収された2年後に、74歳で亡くなりました。

しかし、彼の死後もビーム一族のブランドである「ジム・ビーム」は受け継がれています。現在のマスターディスティラーは、ジム・ビームのひ孫であり、7代目にあたるブレッド・ノウです。スモールバッチバーボンの概念を確立した伝説のディスティラーであるブッカー・ノウが、彼の父親です。

クレアモント蒸溜所がジム・ビーム社にとって要となっているのは昔から変わりませんが、1953年以降は、クレアモント蒸溜所の近くに建てたボストン蒸溜所でも製造が行われています。

関連商品

ウイスキーの買取一覧へ戻る