オールド・オーヴァーホルトの買取・査定

(old-overholt)

オールド・オーヴァーホルト(old-overholt)

生産情報

生産国         
アメリカ
地域
ケンタッキー
地区
クレアモント
ハッピーホロー・ロード
作り手
ジム・ビーム蒸溜所

詳細

分類   
アメリカンウイスキー
タイプ
ライ・ウイスキー
原材料 
ライ麦 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

オールド・オーヴァーホルトの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

オールド・オーヴァーホルト(old-overholt)の特徴

アメリカでは、ライ・ウイスキーは法律でマッシュ(原料となる麦芽液)の51%以上がライ麦で造られているものと決まっています。

中でも、ストレート・ライ・ウイスキーは、熟成期間が2年以上のものを指します。
(ちなみに、バーボンウイスキーはトウモロコシが51%~80%未満)

オールド・オーヴァーホルトはライ麦の含有量が57%と、一般のライ・ウイスキーより高く、ライ麦の深い香りがしっかりと味わえる仕上がりになっています。

ライ麦由来のドライな味が印象的で、素直な味わいのウイスキーであるため、マンハッタンをはじめ、ウイスキー・ベースのカクテルにも頻繁に使用されます。

歴史

開拓時代のアメリカを象徴するウイスキーであるオールド・オーヴァーホルトは、1810年にペンシルヴェニア州ウエストモーランド郡で、ドイツ系開拓移民の3世アブラハム・オーバーホルトによって誕生しました。

創業以来、ストレート・ライ・ウイスキーだけを生産しており、アメリカンウイスキーの草分けメーカーの一つとしても知られていました。

1940年以降、さまざまな生産者によって蒸留されてきましたが、現在はケンタッキー州にあるバーボンの名門ジム・ビーム社で造られています。

逸話

オールド・オーヴァーホルトはアメリカの禁酒法時代、薬用ウイスキーとして販売することを許可された少数のブランドの1つです。

ラベルに描かれている人物は、創始者のアブラハム・オーバーホルト。創業1810年と書かれたラベルは、米ドル札を思わせます。

アメリカンウイスキーのバーボンには、新しい樽で熟成させるという規正法があります。そのため、アメリカ人好みのドライな仕上がりになっています。このバーボンウイスキーとは一味違うライ・ウイスキーは、ドライ感と甘い香りが特徴です。

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ