高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

カナディアン・クラブの買取・査定

(canadian-club)

カナディアン・クラブ(canadian-club)

生産情報

生産国         
カナダ
地域
オンタリオ
地区
ウォーカーヴィル
リバーサイド・ドライヴ・イースト
作り手
ハイラム・ウォーカー蒸留所

詳細

分類     
カナディアンウイスキー
タイプ
ブレンデッド
原材料
大麦 酵母 とうもろこし ライ麦

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

カナディアン・クラブの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

カナディアン・クラブ(canadian-club)の特徴

1856年デトロイト対岸のカナダの土地を購入した、実業家のハイラム・ウォーカーにより蒸溜所が建てられました。

彼は、1838年にはデトロイトへ移り住み自分の食料品店をオープンさせ、ビジネスのノウハウを学びながら穀物商となり、ウイスキー製造業者となる足場を固めたのです。

そしてウォーカーは、1858年にそれまでにない軽いタイプのウイスキーをつくり世に送り出しました。

アメリカ中に普及し、本場バーボンの売上を凌ぐまでに成長したカナディアン・クラブは「クラブ・ウイスキー」として人気に。

ブレンデッドウイスキーはある程度の期間熟成させた後、原酒同士をブレンドしていますが、カナディアン・クラブは蒸溜したてのニュースピリッツの段階でフレーバリングウイスキーとベースウイスキーをブレンド。

そして、そのまま樽詰めして製品を熟成(プレ・ブレンディング)させます。

カナディアン・クラブはスタンダード製品でも、最低6年以上貯蔵しています。30年以上の熟成も可能な環境を備えており、高品質な製品を世に送り出すことができます。

ライ麦主体の軽やかで華やかな香りを持ち、まろやかで飲みやすい味わい。料理などにも良く合うので、日常的に飲むウィスキーとしては最適なウィスキーの一つです。

歴史

カナダで最も古くからあるウイスキーブランド、それがカナディアン・クラブです。当時はまだクラブという名前で売り出されており、ジェントルメンズクラブのお客さんをターゲットに売り出していました。

樽売りが当たり前であった時代に、混ぜ物ができないようにクラブは瓶詰めで売り出され、人気を博しましたが、すぐに他の蒸留所も真似て瓶詰めが主流になっていきました。

1927年、グッダーハム&ウォーツを経営するハリーハッチがハイラム・ウォーカー&サンズ社を買収しました。その結果世界最大のウイスキーメーカーとなりました。

ハリーハッチはアメリカの禁酒時代にさらに富を築き、バランタイン社のほかにも次々と蒸留所を買収していきましたが、その後同社は1987年にアライド・ディスティラーズに買収されました。

逸話

ハイラム・ウォーカー社は、ヴィクトリア女王から現在のエリザベス女王の代に至るまで長きに渡りイギリス王室から御用達許可証を授かっています。

また、崇高さでは落ちますが、アル・カポネもアメリカの禁酒法時代にこのカナディアン・クラブをカナダから大量に輸出していたそうです。

禁酒法時代以前にアメリカ中のホテルやバーで大人気だったクラブ。

この人気ぶりに危機感を感じたアメリカ・ケンタッキー州のバーボンの製造業者はアメリカ産ウイスキーとカナダ産ウイスキーを区別するよう政府に嘆願書を提出しました。

その結果アメリカ政府は法律を制定して、クラブはカナディアン・クラブと名づけられ、市場に出回ると以前に増してますます人気になっていきました。

ウィスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ