カナディアン・クラブの買取・査定

(canadian-club)

カナディアン・クラブ(canadian-club)

生産情報

生産国         
カナダ
地域
オンタリオ
地区
ウォーカーヴィル
リバーサイド・ドライヴ・イースト
作り手
ハイラム・ウォーカー蒸留所

詳細

分類     
カナディアンウイスキー
タイプ
ブレンデッド
原材料
大麦 酵母 とうもろこし ライ麦

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

カナディアン・クラブの買取なら、お任せください!

1本でもお酒を高く売りたい方は今すぐお電話で無料査定を!

今すぐ電話査定する

上のボタンをタップするとフリーダイヤルで電話できます
お電話の場合、最短の査定時間はたった30秒です!

無料査定フォームはこちら

業界最高値 買取宣言!もしも他社より買取価格が1円でも安かった場合は、お電話でお知らせ下さい。業界最大手として、他社に負けないように頑張らせていただきます!

はじめての方へ

この商品に関連した
商品カテゴリを見る

カナディアン・クラブ(canadian-club)の特徴

1856年、デトロイト対岸のカナダの土地を購入した、実業家のハイラム・ウォーカーにより蒸溜所が建てられました。

彼は、1838年にデトロイトへ移り住み、食料品店をオープン。その後、ビジネスのノウハウを学びながら穀物商となり、ウイスキー製造業者となる足場を固めたのです。

そして、1858年にそれまでにない軽いタイプのウイスキーをつくり、世に送り出しました。それがカナディアン・クラブとしてアメリカ中に普及し、本場バーボンの売上を凌ぐまでに成長。「クラブ・ウイスキー」として人気になりました。

ブレンデッドウイスキーはある程度の期間熟成させた後、原酒同士をブレンドしていますが、カナディアン・クラブは蒸溜したてのニュースピリッツの段階でフレーバリングウイスキーとベースウイスキーをブレンド。そのまま樽詰めして、製品を熟成(プレ・ブレンディング)させます。

カナディアン・クラブはスタンダード製品でも、最低6年以上貯蔵しています。30年以上の熟成も可能な環境を備えており、高品質な製品を世に送り出すことができるのです。

ライ麦主体の軽やかで華やかな香りを持ち、まろやかで飲みやすい味わい。料理などにも良く合うので、日常的に飲むウイスキーとしては最適なウイスキーの1つです。

歴史

カナダで最も古くからあるウイスキーブランド、それがカナディアン・クラブです。当時はまだクラブという名前で売り出されており、ジェントルメンズクラブの顧客をターゲットに売り出していました。樽売りが当たり前であった時代に、混ぜ物ができないようにクラブは瓶詰めで売り出され、人気を博します。しかし、すぐに他の蒸留所も真似たため、瓶詰めが主流になっていきました。

1927年、グッダーハム&ウォーツを経営するハリーハッチが、ハイラム・ウォーカー&サンズ社を買収しました。その結果、世界最大のウイスキーメーカーとなったのです。

ハリーハッチはアメリカの禁酒法時代にさらに富を築き、バランタイン社の他にも次々と蒸留所を買収していきましたが、その後、同社は1987年にアライド・ディスティラーズに買収されました。

逸話

ハイラム・ウォーカー社は、ヴィクトリア女王から現在のエリザベス女王の代に至るまで、長きにわたりイギリス王室から御用達許可証を授かっています。

また、アル・カポネもアメリカの禁酒法時代にカナディアン・クラブをカナダから大量に輸出していたそうです。

禁酒法時代以前にアメリカ中のホテルやバーで大人気だったクラブ。この人気ぶりに危機感を覚えたアメリカ・ケンタッキー州のバーボンの製造業者は、アメリカ産ウイスキーとカナダ産ウイスキーを区別するよう政府に嘆願書を提出しました。

その結果、アメリカ政府は法律を制定し、クラブはカナディアン・クラブと名づけられ、市場に出回ると以前に増してますます人気になっていきました。

ウイスキーの買取一覧へ戻る