ミドルトン・ヴェリー・レアの買取・査定

(midleton-very-rare)

ミドルトン・ヴェリー・レア(midleton-very-rare)

生産情報

生産国      
アイルランド
地域
北アイルランド
地区
コーク州
ミドルトン
作り手 
ミドルトン蒸留所

詳細

分類     
アイリッシュウイスキー
タイプ
ブレンデッド
原材料
大麦 酵母 グレーン

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ミドルトン・ヴェリー・レアの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ミドルトン・ヴェリー・レア (midleton-very-rare)の特徴

ミドルトンとはアイルランド南部のコーク市近郊にある町の名前で、その町にはミドルトン旧蒸留所と新蒸留所があります。
世界最大のポットスチルを所有するミドルトン蒸留所は、アイリッシュ・ディスティラリー・グループの主力となる蒸留所でもあります。

旧蒸留所は「ジェムソン・ヘリテージ・センター」と呼ばれ現在ウイスキーの製造はせず、博物館として観光客へ公開されています。

現在、ミドルトン・ヴェリー・レアに配合されているウイスキーはほぼすべてが新蒸留所で作られています。

しかし、少し前に作られたふるいヴィンテージのものの中には現在では「ジェムソン・エクスペリエンス」と呼ばれるようになった旧蒸留所の中で作られたものもありました。

歴史

ミドルトン蒸留所は1825年にマーフィー兄弟が設立しました。親族のうち一部がスタウトビールをつくり、残りの親族がウイスキー作りを始めたそうです。

コーク州は昔から良質な大麦の産地として知られており、また、大きな港もあるため蒸留が盛んに行われてきました。

1867年、その中の5つの蒸留所が集まり、コーク・ディスティラリーズ・カンパニーが設立されました。蒸留を行っていくうちにミドルトン蒸留所を拠点にウイスキー作りが進められるようになっていきました。

1966年にアイリッシュ・ディスティラーズが設立されましたが、1975年、ヴィクトリア時代に建てられていた同蒸留所での生産が需要に追いつかなくなり、新ミドルトン蒸留所が建てられました。

 

逸話

ミドルトン・ヴェリー・レアは1984年から発売になったアイリッシュウイスキーの最高級品です。

新しいバーボン樽で最低12年熟成させたポット・スティル・ウイスキーの最良の50樽を厳選し、それにグレーン・ウイスキーをほんの少し加えて、まろやかさを醸し出しています。

また数量限定生産品のため、ラベルには蒸留責任者のバリー・クロケット氏の署名と製造番号が明記され、12年以上熟成した原酒をブレンドし、ボトリングされています。

「ミドルトン・ヴェリー・レア」に、トップドレッシングの役割を果たすダンガーニーがブレンドされており、フルボディのしっかりした風味で、口当たりは優しく、アイリッシュの王者と言われ、年度ごとに風味に違いがあるため、飲み比べる楽しみもあります。

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ