高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

響の買取・査定

(hibiki )

響(hibiki )

生産情報

生産国         
日本
地域
大阪
地区
三島郡
島本町
作り手
山崎蒸留所

詳細

分類     
ジャパニーズウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

響の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

響(hibiki)の特徴

「響17年」は1989年に発売され、国産のブレンデット・ウィスキーの中で最高峰に位置しています。「交響曲第一番第四楽章」をイメージして造られ、超熟モルト原酒30年酒類以上をブレンドしています。

近年ではサントリーウイスキーは世界的な権威のある酒類コンテストで連続して栄誉に輝き続けています。日本ウイスキーの代表する素晴らしいウイスキーです。

「響」のボトルデザインは、24面カットのデキャンタボトル。

24という数字には1日を24時間、1年を24節気で表し、春なら春分や清明、夏には夏至や大暑、秋の秋分に冬の大寒など、日本ならではの季節を24に分けて表現しています。

日本の四季を繰り返し幾度も駆け抜け、長い時間をかけて熟成した「響」の時が表現されています。

歴史

1980年代半ば、山崎12年をリリースした直後、サントリーの2代目マスターブレンダーであった佐治敬三は、自社のウイスキーの原酒作りの技術に確かな手ごたえを感じていました。

彼はいずれ長期熟成のウイスキーが愛される時期が来ると確信し、「サントリーの技術をすべて詰め込んだブレンデッドウイスキー」造りを決意します。

ブレンダーの仕事はよくオーケストラの指揮者にたとえられます。

当事のチーフブレンダーであった稲富幸一は、自身も弦楽器の演奏に携わっており、オーケストラと共鳴する理想の味を求めて試行錯誤を繰り返していたそうです。

そして約30種類もの個性豊かなモルトと円熟したグレーン原酒をブレンドしたハーモニーが生み出されました。

逸話

日本で最大のウイスキーメーカーであるサントリーは1899年鳥井信治郎によって創業されました。

以来、白州蒸留所と山崎蒸留所で製造されたモルトを基本としてブレンデッドウイスキーを中心に成長し続けています。

サントリーウイスキーの響は現在、12年、17年、21年、30年と4つリリースされており、一番新しいのがサントリー響12年です。

この12年は、口に含むとラズベリーやパイナップル、プラム、蜂蜜などのフルーティな香りが立ち上り、続いて若いオークの香りが広がっていきます。

近年、世界的な流れとしてシングルモルトへの移行が目立っていますが、サントリーにとってこの響はブレンデッドウイスキーとして非常に重要である商品と考えられています。

ウィスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ

関連商品