イチローズモルト クイーンオブダイヤモンド セカンドの買取・査定

(ichiro's malt queen of diamond second)

イチローズモルト クイーンオブダイヤモンド セカンド(ichiro's malt queen of diamond second)

生産情報

生産国
日本
地域
埼玉県
地区
秩父市
みどりが丘・羽生市
作り手
東亜酒造・笹の川酒造・ベンチャーウイスキー

詳細

分類
ジャパニーズウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
モルト

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

イチローズモルト クイーンオブダイヤモンド セカンドの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

イチローズモルト クイーンオブダイヤモンド セカンドの特徴

54あるイチローズモルトのカードシリーズのうちの1つ、イチローズモルト クイーンオブダイヤモンドの蒸溜年は1985年、ボトリングは2007年、ボトリング数はわずか223本と希少なものです。

イチローズモルト クイーンオブダイヤモンド セカンドはセカンドカスクがフレエンチオーク・コニャックなので、このコニャック樽の特徴が印象に残るウイスキーです。

美しい琥珀色をしています。香りは、さわやかな木の香り、柑橘系フルーツ、そしてキャラメルを思わせる甘い香り。味は、果実香が口の中に広がり、甘みと酸味が複雑に交わります。

飲み口はソフトでありながら、後味は複雑です。いろいろな味わいがあり、厚みのあるウイスキーです。

歴史

ラベルにトランプの柄が描かれたイチローズモルトカードシリーズは、2000年に蒸溜を停止した今は無き羽生蒸溜所で造られたシングルモルトをホグスヘッド樽で貯蔵・熟成し、最後の数カ月を「アメリカンオーク シェリーバット」や「フレエンチオーク コニャック」など様々なカスクでフィニッシュしたウイスキーです。

2つの樽を使い熟成することで、原酒には深みと複雑さ、様々な個性が与えられます。

1シリーズでボトリングされる本数はわずか200~400本。希少性が高く、国内外に収集家がいるため、高額で取引されています。

逸話

とても希少性の高いイチローズモルト カードシリーズですが、とあるオークションでそのカードシリーズ全54本がそろったロットが出品されたのですが、その落札価格は、なんと40万ドル(約4800万円)!カードシリーズ全54種類のオークション出品はこれが初めてで、その落札価格もとても大きな話題となりました。

前述の通り、カードシリーズは1シリーズで200~400本しかボトリングされない希少な品なので、全54種類が揃うのは非常にまれなことです。また、このカードシリーズをすべて揃えているコレクターは、世界でもたった数人と言われています。

関連商品

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ