軽井沢の買取・査定

(karuizawa)

軽井沢(karuizawa)

基本買取情報

最高買取金額 ¥500,000
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥70,000
買取本数 97本

生産情報

生産国     
日本
地域
長野
地区
北佐久郡    
御代田町
作り手
軽井沢蒸溜所

詳細

分類    
ジャパニーズウイスキー
タイプ
シングルモルト・ピュアモルトウイスキー
原材料
大麦 酵母 グレーン

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

軽井沢の買取なら、お任せください!

1本でもお酒を高く売りたい方は今すぐお電話で無料査定を!

今すぐ電話査定する

上のボタンをタップするとフリーダイヤルで電話できます
お電話の場合、最短の査定時間はたった30秒です!

無料査定フォームはこちら

業界最高値 買取宣言!もしも他社より買取価格が1円でも安かった場合は、お電話でお知らせ下さい。業界最大手として、他社に負けないように頑張らせていただきます!

はじめての方へ

この商品に関連した
商品カテゴリを見る

軽井沢(karuizawa)の特徴

軽井沢の小さな蒸溜所が生んだこだわりのモルトウイスキーです。

浅間山の雪解け水が豊富にあり、冷涼で高湿な気候がウイスキーづくりにマッチしているとされ、1976年に国産初の100%モルトウイスキー「軽井沢」が誕生しました。

樽はシェリー樽、蒸留釜は小型のものを使うというこだわりで、小さな蒸溜所で少量生産ながら上質なモルト原酒がつくられています。

自然の恵みを授かりながらゆったりと熟成されていく「軽井沢」は、フローラルな香りと豊かな熟成感がとっても印象的な逸品です。

歴史

メルシャンの前身である大黒葡萄酒がモルトウイスキーの製造を開始したのが、1952年のこと。当初、この場所にはワイナリーがありました。

設立当時は、長野県塩尻市に蒸溜所を設置していましたが、より本格的なウイスキー造りを目指し、軽井沢に移転した経緯があります。

日本の蒸溜所としてはあまり見られない、単一のウイスキーのみが造られているのが特徴。その上、常に力強くてスモーキーなウイスキー造りを心がけており、原材料は原産地であるスコットランドでも今や入手困難なゴールデンプロミス種の大麦100%にこだわっていました。

長野県北東部、浅間山南麓の町「御代田」にある軽井沢蒸溜所は美術館に隣接し、この美術館はウイスキーの貯蔵庫としても使用されていました。しかし、美術館は2011年11月に、蒸溜所は2012年に閉鎖しています。

逸話

軽井沢蒸溜所は1955年から2011年11月まで稼動していましたが、2012年に完全閉鎖されました。

ポットスチルや他の設備も全てなくなり、ストックされていた商品も全て売り切れました。現在はオフィシャルボトルの販売も皆無であり、いくつかのボトラーからのみの限定販売という形でリリースされています。

希少性の高さと、その味わいで、再度評価されて世界的に人気が再加熱。現在は大変手に入りにくい銘柄となっています。

軽井沢蒸溜所の貯蔵庫は、世界的にも珍しい蔦で覆われている貯蔵庫でした。この蔦が温度と湿度をちょうど良く調整してくれる手助けをしてくれていたと言われています。

関連商品

ウイスキーの買取一覧へ戻る