高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

宮城峡の買取・査定

(miyagikyo)

宮城峡(miyagikyo)

生産情報

生産国     
日本
地域
宮城
地区
仙台市  
青葉区
作り手 
宮城峡蒸留所

詳細

分類    
ジャパニーズウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

宮城峡の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

宮城峡(miyagikyo)の特徴

自然の中に囲まれて建つ宮城峡蒸留所は、赤レンガの建物が印象的です。

「美しい自然がおいしいウイスキーを生む」と言い、竹鶴政孝氏は宮城峡蒸溜所の建設時、木々の伐採を、極力禁じました。

宮城峡では、直火でなくスチームでじっくりと加熱して蒸溜します。また、ポットスチルも余市のストレート型ではなく、首の付け根が円く膨らんだバルジ型になっています。

この膨らんだ部分の働きで、重めの香り成分を含んだ蒸気の一部が液体となって釜に戻るため、華やかなモルトが生まれます。

その華やかでやわらかな個性ゆえ、時に女性的と形容される宮城峡モルト。
その品質は世界からの評価も高く、2004年には宮城峡蒸溜所もSMWSに認定されました。

歴史

1969年に2番目の蒸留所となる宮城峡蒸留所が設立されました。宮城峡蒸留所では、主にグレーンウイスキーとモルトウイスキーの蒸留が行われています。

モルトウイスキーは宮城峡蒸留所内で熟成されたあと、千葉県にある柏工場でブレンド、瓶詰めが行われます。また、グレーンウイスキーの熟成は栃木県の栃木工場で行われます。

現在、モルトウイスキー用のポットスチル8基と、グレーンウイスキー用の連続式蒸留器2セット、広大な熟成庫も蒸留所ないに設備されています。

蒸留所内は一般客の見学も行えるようになっています。宮城峡モルトの特徴は、軽やかでやわらかさのあるフルーティな香りです。

逸話

仙台宮城峡蒸溜所は、美しい森に囲まれ、竹鶴政孝氏に蒸溜所を建てることを決意させた水、清流・新川川(にっかわがわ)が流れています。

建設予定地の思考中にこの地を訪れた創業者である竹鶴政孝は、新川川の流れを見て突然、川の水でウイスキーの水割りを作り飲み始め、この地に蒸留所を作ることを決意したというエピソードがあります。

その当事、竹鶴氏は川の名前を知らなかったそうですが、地元住民に川の名前を聞いたところ「にっかわ」と言う答えが返ってきて、たいそう驚いたそうです。

この地は、余市と並ぶニッカウヰスキーのふるさとです。

ウィスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ

関連商品


yahoo_report_conversion when someone clicks on the phone number link or button. -->