ニッカ 34年 1998年の買取・査定

(nikka 34years 1998)

ニッカ 34年 1998年(nikka 34years 1998)

生産情報

生産国
日本
地域
北海道、宮城
地区
余市郡、仙台市
余市町、青葉区
作り手
余市蒸留所、宮城峡蒸留所

詳細

分類
ジャパニーズウイスキー
タイプ
ブレンデッド
原材料
大麦 グレーン 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ニッカ 34年 1998年の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ニッカ 34年 1998(nikka 34years 1998)の特徴

余市のモルトウイスキーと宮城峡のグレーンウイスキーを1:1の割合でブレンドしています。

1998年に1000本限定で発売されました。

人気を博し、翌年の1999年にも1000本限定で発売されています。

ニッカの創業者である竹鶴政孝氏はウイスキー造りにこだわりを持っており、カフェ式連続式蒸留機と呼ばれる蒸留器を採用しています。

原料由来の甘みがしっかりと残る高品質なグレーンウイスキーが造られます。

この希少なグレーンウイスキーを34年以上長期熟成させ、同じく34年以上熟成させたモルトウイスキーとブレンドした非常に希少価値の高いウイスキーとなっています。

歴史

サントリーの前身である寿屋でウイスキーの製造をしていた竹鶴政孝氏が当時勤めていた大阪の山崎よりもウイスキーの本場スコットランドの気候に近い場所として北海道余市郡余市町に大日本果汁株式会社を創業しました。

ウイスキーは製造開始から出荷するまで数年かかるため、最初は余市の特産品であるりんごを使ったジュースやワインなどの製造・販売をしていました。

その後、ウイスキー作りを開始して会社名である大日本果汁から日果をカタカナにして、「ニッカウイスキー」と名付けられました。

現在はアサヒグループの子会社となっています。

逸話

雑誌「男の隠れ家」で土屋守氏がジャパニーズウイスキー「幻の4銘柄」のひとつに選んでいます。

40年の長期熟成のスコッチと間違う程のモルトと高品質なグレーンが特徴です。

土屋氏が「もう一度飲みたい」と切に願うウイスキーだと言われています。

関連商品

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ